Lz0bwnyotalra9ftp3zy

女優

CATEGORY | カテゴリー

吉永小百合の年齢は?昔・若い頃の美人画像!映画やドラマもご紹介!

2018.08.28

吉永小百合さんは現在73歳の年齢です。既にもう日本の大女優となりましたが、若い頃から吉永小百合さんは昔の日本映画界へ多大な功績を残しています。吉永小百合さんは昔から、若い頃の年齢と変わらない姿を保ち続けました。そんな吉永小百合さんの活躍をご紹介します。

目次

  1. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】2018年で通算120本目の主演映画完成
  2. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】吉永小百合さんプロフィール
  3. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】吉永小百合さんのデビューとテレビの普及
  4. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】映画『キューポラのある街』で初主演:1962年
  5. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】レコードデビューとイタリア訪問:1962年
  6. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】映画『伊豆の踊り子』1963年
  7. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】早稲田大学入学から卒業まで:1965年~1969年
  8. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】ドラマ『夢千代日記』1981年~1984年
  9. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】『キネマ旬報』で20世紀映画スター第2位:2000年
  10. 【若い頃から美人で年齢知らずの吉永小百合:昔のかわいい画像!】原爆詩朗読:2002~2005年
  11. まとめ:歴史に残る名女優・吉永小百合さんの美しさ
Muvumh0ihfdwhnlcrffo
引用: https://www.instagram.com/p/BglSYlDnt4X/?tagged=%E5%90%89%E6%B0%B8%E5%B0%8F%E7%99%BE%E5%90%88

長年、日本映画界で活躍してきた吉永小百合さん。もう日本を代表する名女優となりました。今年2018年、通算120本目の出演映画『北の桜守』が完成。若い頃と変わらない気品ある可愛らしさで人々を魅了し続けています。清純派女優、吉永小百合さんのファンは「サユリスト」と呼ばれ、時代の流行語にもなりました。そんな美人女優の吉永小百合さんのかわいい画像をご覧下さい。

16908911 159974854516682 6637667283596476416 n
引用: https://scontent.cdninstagram.com/vp/a9526e7401c952f34570319fd16841dd/5B8E3086/t51.2885-15/e35/16908911_159974854516682_6637667283596476416_n.jpg

吉永小百合(よしながさゆり)さんの本名は「岡田 小百合」です。生年月日は1945年3月13日(現在73歳)ということで、ちょうど終戦の年(昭和20年)生まれです。出身は東京都渋谷区。身長は155cmと小柄です。血液型はO型。職業は「女優・歌手」で、数多くの映画やドラマで主演を務めました。

吉永小百合さんの中学校と高等学校

M yoshinaga
引用: http://mixer-jummer4.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_15e/mixer-jummer4/m_yoshinaga.jpg

1・1960年(昭和35年・15歳時):渋谷区立代々木中学校卒業、東京都立駒場高等学校全日制普通科入学。同時に日活撮影所に入社。
2・1961年(昭和36年・16歳時):- 私立精華学園女子高等学校(現在の 東海大学付属望洋[ぼうよう]高等学校)転入学。

Dcaynskuwaaev2f
引用: https://pbs.twimg.com/media/DcAYnSkUwAAEv2f.jpg

吉永小百合さんの芸能活動は大変早く、最初は『赤胴鈴之助』がデビュー作です。1957年(昭和32年・12歳時):渋谷区立西原小学校6年生の時、ラジオ東京(現 TBSラジオ)の連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビューしました。10月、ラジオ東京制作のテレビドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビューという順調な滑り出しです。

テレビでの女優活躍はまだ珍しかった時代

D628dc4af70da4916ce66d55a5b18966
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/9b/d628dc4af70da4916ce66d55a5b18966.jpg

1959年(昭和34年・14歳時): 松竹映画『朝を呼ぶ口笛』では早々に映画デビューを果たしています。戦後の美少女として人気が高まった吉永小百合さん。映画界は、俳優や女優のテレビ出演にはあまり積極的ではありませんでした。テレビよりも映画の大スクリーンが格上だったのです。そのため、テレビで放映されるドラマはアメリカ物が多く、この傾向は1970年代初頭まで続きました。

『赤胴鈴之助』と一般家庭でのテレビ普及

Ngjdc2m0xwjz1dtbl00f
引用: https://www.instagram.com/p/BeugF82FjgO/?hl=ja&tagged=%E5%90%89%E6%B0%B8%E5%B0%8F%E7%99%BE%E5%90%88

日本におけるテレビは、1955年(昭和30年)4月1日より、ラジオ東京(現:TBSテレビ)がテレビ放送を開始しました。しかし一般家庭への普及は、今上天皇のご成婚中継が行われたことが大きなきっかけとなった1958年(昭和33年)からでした。吉永小百合さんのテレビドラマデビュー作は、その前年だったため、日本中が視聴したというわけではありませんでした。

1 / 4