Bs1unc6clbjnnfuqu6ad

女優

CATEGORY | カテゴリー

大原麗子の死因は病気?渡瀬恒彦や森進一が元旦那?高倉健は?

2018.05.08

昭和の大女優「大原麗子」さんの死因は病気だったことをご存知でしょうか。さらに元夫は俳優の渡瀬恒彦さんだったことでも有名です。大原麗子さんの生涯をたどるとともに、死因となった病気についてや元夫・渡瀬恒彦さんとの離婚原因などについてご紹介します。

目次

  1. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【プロフィール】
  2. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【日本人的美人像で人気】
  3. 大原麗子の元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【死因は病気?】
  4. 原麗子の死因は病気?【元旦那は渡瀬恒彦・森進一?①】
  5. 大原麗子の死因は病気?【元旦那は渡瀬恒彦・森進一?②】
  6. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【高倉健との関係】
  7. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【性格はわがままだった?】
  8. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【壮絶な晩年期】
  9. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【お別れ会には豪華な顔ぶれ】
  10. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気のある映画は?】
  11. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気作品①】
  12. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気作品②】
  13. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気作品③】
  14. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気作品④】
  15. 大原麗子の死因は病気?元旦那は渡瀬恒彦・森進一?【現在も人気作品⑤】
  16. 大原麗子の死因は病気!元旦那は渡瀬恒彦・森進一だった
Ccf2565731b05a7c6b0895780610a157
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/f2/56/ccf2565731b05a7c6b0895780610a157.jpg

大原麗子(オオハラレイコ)さんは、1946年11月13日東京・文京区に生まれました。実家は老舗和菓子屋を営んでいます。本名は飯塚麗子(イイヅカレイコ)で、女優デビューする時に「大原麗子」の芸名で芸能界入りしました。

芸能界デビューのきっかけはスカウト

2e711fa5096f65a1836e600be8930f96
引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/71/1f/2e711fa5096f65a1836e600be8930f96.jpg

芸能界デビューのきっかけはスカウトされたことでした。当時、東京放映の社長であった大野直氏にスカウトされ、女優として活動することを決心しました。大原麗子さんが女優を目指したきっかけは、母親の存在がありました。

老舗和菓子屋を営む父親は、幼い頃より大原麗子さんに暴力を振るう人でした。大原麗子さんが8歳の時に両親は離婚、大原麗子さんは母親に引き取られ、女でひとつで育てられました。大原麗子さんは、母親に恩返しをして楽をさせたいと思い、スカウトを受け芸能界の世界に入りました。

NHKドラマ「幸福試験」で女優デビュー

15fdddad729edb5db0215079adf76960
引用: https://i.pinimg.com/564x/15/fd/dd/15fdddad729edb5db0215079adf76960.jpg

大原麗子さんが本格的に女優デビューしたのは、1964年に放送されたNHKドラマ「幸福試験」でした。しかし、2年前に公開された東宝映画「夢で逢いましょう」で端役として出演しているので、女優デビューはこちらの映画だという主張もあります。いずれにしても、大原麗子さんは10代で女優としてデビューを飾りました。

映画「孤独の賭け」で映画デビュー

0c1a5c3823372c14ee9e221e3787debf
引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/1a/5c/0c1a5c3823372c14ee9e221e3787debf.jpg

1965年公開の映画「孤独の賭け」に出演したことで、本格的に映画女優として活躍するきっかけを掴みました。この映画以降、高倉健さん主演の映画「網走番外地」シリーズや、梅宮辰夫さん主演の映画「夜の青春」シリーズなど数多くの映画に出演しました。

B0a6a3634f31a17f5a22ae83061ffbbe
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/a6/a3/b0a6a3634f31a17f5a22ae83061ffbbe.jpg

1971年25歳の時、契約していた東映との契約が切れたことを機に、渡辺プロダクションに移籍、映画中心だった大原麗子さんですがこれ以降、テレビドラマにも数多く出演しました。映画ではホステスなどの妖艶な演技が光りましたが、テレビドラマでは「しっとりした日本的美人像」を前面に押し出した役柄を数多く演じました。

和服姿でバラエティやCMに出演

16a35cbe87853081054824bacf96b456
引用: https://i.pinimg.com/564x/16/a3/5c/16a35cbe87853081054824bacf96b456.jpg

1980年から約10年放送されたCM「サントリーレッド」では、「すこし愛して、ながーく愛して」のセリフが人気となりました。またバラエティ番組にも意欲的に出演、「ダウンタウンDX」ではうさぎの着ぐるみを着たり、「SMAP×SMAP」内のコーナー「BISTRO SMAP」では第1回目のゲストとして出演するなど、幅広い年齢層に親しまれる存在でした。

1/8