Z7cna8621nzdk0ppntj8

女優

CATEGORY | 女優

和希そらの現在!本名は?面白い!年齢は?ダンスは?結婚は?

2018.05.03

宝塚歌劇団・宙組で人気の和希そらさん。本名や現在の活動について興味がある方が多いようです。また、性格が面白いという噂も?今回は、宝塚歌劇団で絶大な人気を誇る和希そらさんの、現在の活動、本名、性格が面白いといわれていることについてみていきたいと思います。

  1. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんのプロフィール
  2. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんの年齢は?
  3. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんはダンスが上手?
  4. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんは性格が面白い?
  5. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんは声も魅力的!
  6. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんは演技にも定評あり!
  7. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんは結婚した?
  8. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんの現在の活動は?
  9. 【現在は?本名は?性格が面白い?】和希そらさんは組替えを希望されている?
  10. 宝塚歌劇団で大人気の和希そらさん!今後の活動にも注目
【和希そら(かずきそら)】[宝塚歌劇団所属][出身地 岡山県岡山市][血液型 B型][身長 168㎝]2008年に宝塚音楽学校に入学した和希そらさん。入団時の成績は2番であったようです。「和希そら」という芸名は、尊敬する恩師から一字もらい、家族と考えたて名づけられたそうです。
宝塚歌劇団では、月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台を踏んだ後は宙組に配属された和希そらさんは、男役のスターとして人気を博しました。宝塚歌劇団の同期は、現星組トップ娘の役綺咲愛里さん、叶羽時さん、朝月希和さん、夢奈瑠音さん、紫藤りゅうさんがいて、OGには元花組トップ娘役の花乃まりあさん、元雪組トップ娘役の咲妃みゆさん、則松亜海さんがいらっしゃるようです。
宝塚歌劇団の96期生として入団した和希そらさんですが、現在の年齢はいくつなのでしょう。和希そらさんの生年月日は、1992年10月5日なので現在の年齢は25歳であるようです。和希そらさんが宝塚歌劇団に入団したのが、年齢が17歳のときだったので約8年間も宝塚歌劇団で活躍していることになりますね。
ちなみに和希そらさんと同じ年齢の芸能人は、乃木坂46の白石麻衣さん、AKB48指原梨乃さん、モデルの本田翼さん、マギーさん、トリンドル玲奈さん、森星さん、女優の門脇麦さん、剛綾芽さん、成海璃子さんなどがいらしゃいます。そうそうたるメンバーが勢ぞろいの年齢ですね。年齢的にも、これからますます輝いて行く方が多いのではないでしょうか。
和希そらさんは、宝塚歌劇団の中でもダンスが上手なこどて有名であるようです。和希そらさんは、学生時代、帰宅部を選択し、ダンスのレッスンに通っていたといいます。部活よりも将来の夢である宝塚歌劇団に向けてダンスレッスンに時間を費やしていたのですね。
学生時代から培われた和希そらさんのダンスの腕前は、宝塚歌劇団でも生かされていて2016年に公開された『Shakespeare~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~/HOT EYES!!』では、ダンスのセンターを務め、1人ロケットボーイをされていて、ダンスも目を引いていたといいます。また、2018年に行われた『WEST SIDE STORY』では全ての場面で歌もダンスも演技も圧巻というくらい、和希そらさんが光輝いていたそうです。
宝塚歌劇団さんの和希そらさんは、性格が面白いことでも有名なようです。2017年に行われた「宝塚歌劇団・宙組トークスペシャル」では、宙組の和希そらさん、美月悠さん、華妃まいあさんの3名が参加されたようですが、和希そらさんは、最初の挨拶で「面白い話ができるかどうか..」と言い、観客の心をつかんだようです。挨拶から、和希そらさんは面白いと感じた方が多かったといいます。
トークショーの中でも、司会の方が、お芝居のタイトルを間違えて言ってしまったようですが、それに一瞬反応のながらも、客席にアイコンタクトをして「ここはだまっておきましょう」というような面白いリアクションをされたようです。また、サービス精神の旺盛のようで、「踊っているそら和希の最後のキメポーズが好き」というリクエストに答えて、みんなの前で披露してくれたといいます。
宝塚歌劇団さんの和希そらさんといえば、歌がうまいことでも人気を集めているようです。和希そらさんは声が魅力的でファンも多く、女性なのに結構低い声で大人っぽい声をされているようです。さすが、男役のスターですね。そして、笑っているときは、ちょっと高い声が擦れるということで、魅力的なボイスで観客を魅了しているようです。
中でも宝塚歌劇団ファンに評判なのが、和希そらさんの歌う「僕こそミュージック」ということで、その魅力的な歌声で幸せな気分にさせてくれるということです。顔もイケメンで歌声も魅力的とあって、女性ファンが多いのも和希そらさんの、そんなスター性から来るものなのでしょうね。
宝塚歌劇団の中で、ダンスが上手と評判の和希そらさんですが、さらに演技も上手なことでも知られているようです。2017年の公演『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』での演技はもちろん、2016年の新人公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』でのルキーニ役は、見方みんなが大絶賛であったようです。
また、「『エリザベート』でルキーニを演じたスターはトップスターになれる」という伝説があるということで、それだけ宝塚歌劇団の中でも、実力のある方に配役されるのでしょうね。和希そらさんのルキーニも、わざと前かがみに顎を少し出した姿勢や、むき出しにした目などが評判を呼び、よく響く低音のめりはりのあるセリフが反響を呼んだようです。
現在、和希そらさんが結婚したのではないか?という噂があります。そこで、和希そらさんの結婚について調べてみましたが、和希そらさんが結婚したという事実はありませんでした。では、なぜ、和希そらさんに結婚の噂が流れたのでしょう。それは、女性の結婚してもおかしくない年齢であることから、「和希そらは結婚したのかな」「和希そらは結婚の予定はないのかな」などと、ファンの間で話題になっているうちに、和希そらさんが結婚したという噂になったのかもしれません。
いづれにせよ、和希そらさんはまだ結婚をしていないようです。今後、和希そらさんのような素敵な女性のハートを射止めるのはどんな男性なのでしょうね。
和希そらさんは、現在も宝塚歌劇団で活躍されています。現在、2018年3月から公開されている/シトラスの風-Sunrise-』ではカッシュの役をされています。『天は赤い河のほとり』は、小学館発行の「少女コミック」により、1995年から2002年まで連載されていた漫画で、当時、絶大な人気を誇った作品です。
2018年、『天は赤い河のほとり』が宝塚歌劇団によってミュージカル化され、注目されました。舞台は、紀元前14世紀、古代オリエントのヒッタイト帝国。和希そらさんが演じるカッシュは、皇族・カイル ムルシリの信任厚い三隊長の一人で、戦車隊隊長。和希そらさんの魅力がたくさん詰った作品になっているようです。
和希そらさんは、宝塚歌劇団さんの宙組で活躍中ですが、ファンの中には和希そらさんの組替えを希望する方も少なくないようです。ダンス、歌、ルックスなど、和希そらさんは優れた魅力に溢れる方なので、宙組よりもふさわしい組があると応援されているようですね。
宝塚歌劇団では、迫力ある歌唱力が特徴の「雪組」、ダンスに定評のある「花組」などが和希そらさんにふさわしいのではないかといわれています。宙組は、1998年に設立された歴史の浅い組のようですが、長身でスタイル抜群の男役が多いため「ビジュアルの宙組」ともわれているようです。
長身でスタイル抜群ということでは、和希そらさんにピッタリなのでしょうが、ダンスや歌の才能も最大限に発揮してほしいと願うファン心からなのでしょうね。
和希そらさんは、宝塚歌劇団の中でも、ダンス、ルックス、演技力と、どれも才能に溢れている方のようですね。年齢も25歳ということもあり、ファンの間でも、これからの活躍にも期待が高まっているのではないでしょうか。今後の和希そらさんの活躍に注目ですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bh-g54mAeAA/?hl=ja&tagged=%E5%92%8C%E5%B8%8C%E3%81%9D%E3%82%89