Tzhijwohs1g15qdnxxxw

メイク

CATEGORY | メイク

涙袋マッサージの効果は?筋トレやオロナインで簡単に短期間で作る!

2018.05.05

ぷっくり自然な涙袋を作るのに、マッサージは本当に効果があるのでしょうか?そんなに簡単に出来るなら苦労しないわよ!という人も多いですよね…。実際に涙袋マッサージや目の周りの筋トレで短期間で効果的に涙袋を作る方法をご紹介しちゃいます♪

  1. 【マッサージで効果的に涙袋を作る!】涙袋って本当に必要?
  2. 【マッサージで効果的に涙袋を作る!】毎日できちゃう涙袋の筋トレ
  3. 【マッサージで効果的に涙袋を作る!】簡単涙袋マッサージ
  4. 【マッサージで効果的に涙袋を作る!】オロナインを塗るだけで涙袋が出来る?
  5. 【マッサージで効果的に涙袋を作る!】簡単!短期間で涙袋作りにチャレンジ♪

日本人には少ない涙袋

日本人は元々あまり表情が豊かではないようで、涙袋を作る「眼輪筋」という表情筋があまり発達していません。「眼輪筋」はウインクをしたり大きく笑って目を細めるときに鍛えられる筋肉なので、表情が豊かな欧米人の方が大きくぷっくりしています。憧れの海外モデルやハリウッドスターなど欧米人の彫りが深くハッキリとした顔立ちを目指すなら、ふっくらした涙袋は必須かもしれません。

今や美男美女の目印!

しかし、日本でも最近の芸能人の多くは涙袋がふっくらとキレイに膨らんでいる人が多く、柔らかい目元はとても人に良い印象を与えます。しかも、「眼輪筋」が衰えると「目袋」と呼ばれる涙袋よりも更に下の筋肉がたるんで一気に老けて見えてしまうのです。
涙袋を作るための筋トレは実はあまり難しくありません。要は下瞼の筋肉を使って刺激してあげれば良いのです!毎日簡単にできる涙袋筋トレのひとつ、3分ウインク。3分間両目を交互にウインクするだけの簡単なもの。しかしいざやってみると最初は頬から下瞼にかけてだんだんと辛くなるので、根気よく続けられるよう意識しましょう。
また、ウインクが上手くできないという人は、人差し指と中指で目頭と目尻をおさえて下瞼を押し上げましょう。眩しいときに目を細めるイメージでこちらも3分間。どちらの筋トレも短期間で効果を実感できるはずです。
ワセリンやマッサージクリームを使って、目の周りをマッサージするのも効果的。通常のマッサージのように「揉んでほぐす」というよりは、涙袋をぐっと押し上げて目の下にふっくらとしたクセをつけるイメージで行います。クリームを多めに使い、目の周りの皮膚にダメージを与えないように気を付けましょう。
また、下瞼だけでなく上瞼が下がらないようにおさえたまま、下瞼だけで目をつむるマッサージも効果的です。指の腹で上瞼から眉毛までをしっかりとおさえ、下瞼だけでギュッと目を閉じて1分間キープしましょう。はじめは目の周りの筋肉がプルプルと痙攣するかもしれませんが、眼輪筋が衰えていた証拠なのでその分効果は抜群のはずです。
寝る前にオロナインを塗るだけで涙袋ができるという魔法のような噂があります。やり方は簡単。オロナインを涙袋のふくらみに薄く塗り、そのまま就寝。下瞼に健康的でふっくらした涙袋ができるのだそうです。
実際に効果があるのかはネット上でも評判は様々。元々オロナインは涙袋を作るために作られているわけではないので科学的根拠はないようです。また、オロナインが目に入ってしまうと危険なので、実施する場合は注意しながら自己責任で行うようにしましょう。
簡単な眼輪筋の筋トレや、涙袋を意識したマッサージを続ければ自然な下瞼の涙袋を作ることが可能です。涙袋は通称「フェロモンタンク」とも言われ、常に薄っすらと笑みを讃えたような目元はとてもセクシーで世界的にも注目されているパーツの一つ。簡単に手に入るなら少しずつでも毎日頑張ってみませんか?
目元の薄い皮膚は刺激やダメージに弱いので、マッサージは必ずたっぷりのクリームを使うようにしましょう。筋トレも余計な部位に力が入るとシワにつながるので、鏡を見ながら涙袋だけを刺激するように意識が大切。華やかな芸能人のような憧れの顔面を手に入れるために、是非涙袋を鍛えてみてください♪