A66ow72u2gyraototn0n

メイク

CATEGORY | メイク

二重の幅を広げるにはアイプチがベスト?絆創膏も簡単で効果的!

2018.05.07

二重幅を広げる簡単な方法を紹介!二重幅を広げることで印象的な目元を演出することができます。アイプチやメザイク、絆創膏といった二重アイテムの良さを解説しながら、使い方まで分かりやすく解説していきます。整形級の理想の二重幅を作りたいという人は必見です!

  1. 【二重幅を広げる方法】二重幅のタイプについて知ろう
  2. 【二重幅を広げる方法】アイプチなら簡単に作れる
  3. 【二重幅を広げる方法】おすすめのアイプチを紹介!
  4. 【二重幅を広げる方法】①コージー本舗:アイトーク
  5. 【二重幅を広げる方法】②イミュ:アイプチリキッドテープN
  6. 【二重幅を広げる方法】③イミュ:アイプチS
  7. 【二重幅を広げる方法】ナチュラルさを求めるならメザイク
  8. 【二重幅を広げる方法】絆創膏でも二重幅を広げられる?
  9. 【二重幅を広げる方法】まつエクで二重幅が広がるって本当?
  10. 【二重幅を広げる方法】二重整形で幅を広げることも可能
  11. 【二重幅を広げる方法】憧れのぱっちり目を手に入れよう
二重幅の種類には2種類あり、「末広型」と「平行型」に分かれます。まずは、この2つの特徴について簡単に解説していきます。それぞれ違った特徴と雰囲気を持っており、与える印象も全然変わってきますよ。

日本人に多い「末広型」

日本人の二重に最も多いとされている末広型。末広型は、目頭にある蒙古ひだの中に収まる二重の形です。誰からも愛される自然な目元が特徴的です。また、ナチュラルメイクが映えるという点も魅力のひとつ。作り込んでいない雰囲気は、男女問わず好感を持たれることでしょう。二重幅が狭い場合は、奥二重と間違われることも多いです。

化粧映えする「平行型」

平行型は、末広型よりも目が大きく見えることが特徴です。そして名前の通り、目に沿って平行な二重の形となっています。平行型で二重幅が狭い人は、大人っぽい雰囲気に見られることが多く、すっぴんでも比較的ぱっちりとした目に見られます。
平行型で二重幅が広い人は、ハーフっぽい印象を与えますが、すっぴんだと少し目の印象がぼやけます。しかし、メイクをするとどの二重幅のタイプよりも化粧映えするタイプ。目もかなり大きく見えるでしょう。
末広型も平行型も、アイプチで二重幅を広げることは可能です。しかも、コツさえ掴んでしまえば短時間で簡単に仕上げることができるのです。ここからは、アイプチで二重幅を広げる方法を紹介していきます。

アイプチで二重幅を作る方法

まず、二重を作りたい線にだけアイプチを塗っていきます。目頭から目の中央まで塗っていってください。塗り終えたらしっかりと乾かします。目を閉じた状態で、作りたい二重幅に沿うよう、目の中央にプッシャーを当てます。
そのままの状態で半分だけ目を開けます。この時、しっかりと食い込ませるように整えていきましょう。目頭や目尻を整えたら完成です。
ここからは、整形級の二重幅を作る優秀なアイプチを紹介していきます。値段もお手頃なので、1つでも持っておくとかなり便利ですよ!
コージー本舗 アイトーク 8mL 918円(税込)
税込1,000円以下で手に入る人気アイプチのアイトーク。液体タイプなのでまぶたに塗るだけでOK。ナチュラルな二重幅を作ることができますよ!また、保湿成分であるセラミドが含まれているため、まぶたにも優しい作りとなっています。半透明タイプで、塗った場所が分かるように工夫されています。
アイプチを使ったことがないという人でも簡単に使いこなせるようになっていて親切ですね。粘着力が強いため、頑固な二重幅でも理想の幅に広げることができますよ。
イミュ アイプチリキッドテープN 34g 1,296円(税込)
まばたきしてもつっぱらずバレにくい、自然な二重幅に仕上げてくれるアイプチリキッドテープN。透明な液体タイプでテカリが少ないため、メイクとの相性は抜群です。水や汗に強いウォータープルーフタイプなので、夏でも安心して使うことができますよ!美しい二重幅を長時間キープしてくれる優秀アイプチとなっています。
イミュ アイプチS 11mL 842円(税込)
乾きが速いため、忙しい朝でも素早く二重幅を作ることができるアイプチS。まばたきしても崩れにくいように作られており、自然な仕上がりを実感することができます。
無香料で低刺激なので、まぶたへの負担が不安な人にもおすすめできるアイプチとなっています。また、保湿成分であるアロエエキスを含んでおり、まぶたの荒れやかぶれなどを防いでくれますよ。シンプルで使いやすいパッケージも人気です!
メザイクとは、ファイバー式のアイプチのことを指します。液体タイプのアイプチとは違い、専用のテープをまぶたに食い込ませるようにして二重幅を作ります。もともと二重幅がある人や、アイプチに慣れている上級者の人におすすめです。
メザイクは液体タイプのアイプチよりもまばたきがしやすく、なおかつテカリもないため、パッと見ただけではバレません。また、理想の二重幅を決めやすいことから、液体タイプよりもナチュラルな仕上がりになります。

メザイクで二重幅を作る方法

まず、自分に合った二重幅を決めます。この時、あらかじめまぶたの油分はオフしておいてください。メザイクを黒目の上に乗せて、引っ張りながら食い込ませていきます。目の中心→目頭→目尻の順番で食い込ませていきましょう。食い込ませたメザイクの形を整えたら完成です!
アイプチやメザイクだけでなく、絆創膏で二重幅を広げる方法もあります。絆創膏は非常に粘着力が高く、メザイクと比べると剥がれにくいというメリットを持っています。
また、目立たない透明タイプから、まぶたの色になじむ肌色まで、自分の好みに合わせて選ぶことも可能です。絆創膏は防水タイプのものが多いので、水や汗で剥がれてしまう心配もありません。
しかしメザイクと同様、アイプチに慣れていない人や、左右の二重幅が違う人なども上手く調節するのが難しいとされています。多少の練習が必要になるということを知っておきましょう。

絆創膏で二重幅を作る方法

まず、作りたい二重幅の位置を決めたら、絆創膏を約1mm程度の幅に切ります。テープに通気口が開いていないタイプの絆創膏を選んでください。メザイクと同じ要領で、絆創膏を引っ張りながら目の中心(黒目上部分)にのせていきます。目頭と目尻にもしっかり食い込ませましょう。絆創膏の形を整えたら完成です。
まつエクをすると二重になる、二重幅が広がるなどの噂が流れていますが、この噂はウソです。たとえまつエクをして二重幅ができたとしても、まつエクを取れば元に戻ります。かなりの量のまつエクを付けると、その重みにより食い込む場合がありますが、二重になりたいからまつエクをするというのはおすすめしません。
毎日二重幅を作るのが面倒、簡単に理想の二重幅を手に入れたいという人は、二重整形をするという方法もあります。また、まぶたはとてもデリケートなため、アイプチを使い続けると炎症やかぶれを引き起こしてしまう可能性も。まぶたにトラブルが起きてしまったことで、二重幅の整形を考える人も少なくないです。
二重整形の種類は約10種類以上もあるとされ、その人に合った二重整形の施術法を受けることができます。中には、まぶたを切開することなく10~20分程度で二重にできる簡単な施術法もあり、この場合は日帰り手術も可能です。
価格は大体両目で6万~8万程度と考えておくと良いです。二重整形が気になる人は、一度病院でカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね。
二重幅を広げる様々な方法やアイテムを紹介してきましたがいかがでしたか?日々、二重幅を広げるアイテムを使っていると、まれにその二重幅が定着してくることもあるそうです。是非、今回の記事を参考に、理想の二重幅&ぱっちり目を手に入れてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BeZUwj4Fdto/?taken-by=junhasegawafan