miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category俳優

モロ師岡と楠美津香は夫婦!娘は?芸名の由来は?若い頃の画像!

俳優として多くのドラマや映画に出演しているモロ師岡さん。モロ師岡さんは楠美津香さんと結婚しています。お二人には娘さんもいるそうですよ。娘さんは芸能人なんでしょうか。今回はモロ師岡さんと妻・楠美津香について調べてみました。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡のプロフィール

モロ師岡(モロモロオカ)さんは、1959年2月20日生まれの現在59歳。千葉県八街市出身で、血液型はO型、身長170㎝の日本の俳優です。またコメディアンとしても活動しています。
モロ師岡さんは、専修大学商学部に在学中に、劇団現代に入団しお芝居を学んでいました。そのアマチュア劇団の傍ら、ストリップ劇場や渋谷の「道頓堀劇場」でコント活動もしていました。その後は、俳優として多くの作品に出捐するようになり、さりげない存在感を示す役などをこなしています。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡の経歴

モロ師岡さんは、1978年に劇団現代のオーディションに合格し入団しました。1995年にはもりしげる監督の「紅~BENI~」で映画初出演、賞も受賞されています。そして1996年、北野武監督の映画「キッズ・リターン」に出演。この作品では未来ある若手に悪い遊びを教えて堕落させてゆく中年ボクサーという役を演じ、東京スポーツ映画大賞において助演男優賞を受賞しました。
また若い頃からコメディアンとしても活動しており、近年では浅草東洋館を中心にコントや一人芝居を開催しています。俳優やコメディアンなど幅広い活動をしているモロ師岡さんは、中高年男性などからも人気が高いようです。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡の出演作品

金田一少年の事件簿(1995年)、みにくいアヒルの子(1996年)、金魚のフン(1996年)、弁護士二重丸承子(2005年)、探偵 左文字進12「凶器の隠し場所」(2008年)、女タクシードライバーの事件日誌5「車載カメラは見た!」(2010年)、ダブロイド(1998年)、古畑任三郎(1999年)、危険な関係(1999年)、火曜サスペンス、ビューティフルライフ(2000年)、ストレートニュース(2000年)、ロング・ラブレター~漂流教室~(2002年)、カクレカラクリ(2006年)、ティッシュ(2007年)、エジソンの母(2008年)、スマイル(2009年)、ギルティ 悪魔と契約した女(2010年)、とんび(2012年)、半沢直樹(2013年)、ゼロの真実~監察医・松本真央~(2014年)、Nのために(2014年)、赤と黒のゲキジョー(2014年)、ウロボロス~この愛こそ、正義。~(2015年)、ナオミとカナコ(2016年)、ガチ星(2016年)、沈まぬ太陽(2016年)、99.9ー刑事専門弁護士ー(2016年)、とと姉ちゃん(2016年)、家売るオンナ(2016年)、逃げるは恥だが役に立つ(2016年)、Missデビル人事の悪魔・椿眞子(2018年)などなど。
これは一部ですが、デビューしてから本当にたくさんの作品に出演されていますね!モロ師岡さんは主演をつとめるわけではなく、脇役として出演されることが多いですが、どの作品もとても印象的な役が多いですよね!また役も様々で、色んな役を難なくこなしている演技力もすごいですね!

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】楠美津香のプロフィール

楠美津香(くすのきみつか)さんは、1962年3月24日生まれの現在56歳。東京都出身で、女優やピン芸人として活動されています。女性ひとりコントのパイオニア的存在で、「ひとりコントの女王」と言われています。
結婚後、出産。育児を経て1999年にまたひとりコントライブを再開。楠美津香さんは自分のひとりコントの舞台は、脚色、演出などは一人で行っているそうです。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】楠美津香の経歴

楠美津香さんは、もともと女優を目指していたそうです。しかし、横浜放送映画専門学院で、内海桂子・好江の漫才教室でお笑いに目覚め、専門学院卒業後の1982年に友人と共に女性コントコンビ「ピックルス」を結成し芸能界デビューしました。しかしそのコンビも1984年に解散。その後も何回かコンビを組んだが解散し、結果ひとりコントをするピン芸人となった。
また楠美津香さんは、芸人のほか放送作家やコント作家としても活動していました。芸人以外の仕事が多くなっていた頃に、モロ師岡さんが演じるひとりコントのライブを見て、自分も芸人として活動をすることを決意したそう。1992年にはひとりコントの単独ライブをはじめました。そして、1992年夏にモロ師岡さんと結婚しました。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡と楠美津香の馴れ初め

さて、1992年にモロ師岡さんと楠美津香さんは結婚しました。お二人の結婚の馴れ初めは、モロ師岡さんの妻である楠美津香さんがコント作家として活動している頃に打ち合わせで出会ったようです。その打ち合わせをきっかけに意気投合し、交際に発展。結婚の運びとなったそうです。
結婚後、妻の楠美津香さんは出産し娘ができました。出産・育児のため芸能活動をお休みしていた楠美津香さんですが、仕事復帰をするにあたってモロ師岡さんは反対していたようです。モロ師岡さんは妻には家に入ってほしかったようですが、結局妻の楠美津香さんは仕事を復帰しました。近年ではお二人でバラエティー番組「深イイ話」に出演されたようで、仲が良い夫婦のようですね。何年たっても仲が良い夫婦は羨ましいです!

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡と楠美津香には娘がいる?

この画像は娘さんではありませんが、モロ師岡さんとその妻・楠美津香さんには一人娘がいらっしゃいます。娘は現在18歳くらいのようです。
しかし、お二人の娘さんは芸能活動をしているわけではなくごくごく普通の一般人なので、娘さんの情報についてはわかりませんでした。もちろん画像もありません。でもモロ師岡さんと楠美津香さんの娘さんなので、きっとお二人のように何らかの才能がありそうですよね。若い頃のお二人にも似ているのかもしれません。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】芸名・モロ師岡の由来は?

モロ師岡さんの芸名は、もちろん本名ではないということはわかりますよね。ではなぜこの「モロ師岡」という芸名にしたのでしょうか。変わった芸名ですよね。
調べてみたところモロ師岡さんの芸名の由来というのは、以前三谷幸喜さんがコントを書かれた時のモロ師岡さんの役名が「師岡モロ」だったそう。その後しばらくは「師岡モロ」という芸名で活動していたそうなんですが、ある時逆さまにしてみようと思われてそうで、それから「モロ師岡」という芸名になったそうです。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】モロ師岡の若い頃の画像を紹介!

若い頃から多くのドラマや映画に出演しているモロ師岡さん。若い頃の画像はあまり見つからなかったのですが、若い頃はどのような男性だったのでしょうか。コメディアンをしているので、きっとコメントなども面白く、周りを笑わかしていたのかなと思いますが実際はどうだったのでしょう。
この画像のモロ師岡さん、けっこう若い頃ですよね!現在は59歳で、髪の毛もほとんど白髪の印象ですよね。ですがこの画像のモロ師岡さんは黒髪!もともと細身のタイプなので、黒髪の若い頃も今とはあまり変わらない気がしますね。
こちらの画像は5、6年前のモロ師岡さんかと思います。少し白髪交じりなので、白髪が増えだした頃でしょうか。髪の毛は若い頃とだいぶ変わりますが、顔などは若い頃とあまり変わりませんね。

【モロ師岡と楠美津香夫婦について!娘もいる?】まとめ

モロ師岡さんについてや、妻である楠美津香さんについてはいかがでしたか。モロ師岡さんは現在も印象的な脇役としてドラマなどにも出演していますね。妻の楠美津香さんもコント活動を続けているようですし、今後もお二人のご活躍を応援していきましょう。