Uxzk1ylncmd0epcpezn3

女優

CATEGORY | 女優

三ツ矢歌子の死因は?夫や息子はいる?次男は誰?CMにも多数出演!

2018.04.19

2004年大勢の人に惜しまれながらこの世を去った三ツ矢歌子さん。死因は何だったのでしょう。また、旦那さん(夫)や息子さんといったご家族はどんな方なのでしょう。今回は、昭和を代表する大女優・三ツ矢歌子さんの死因、旦那さん(夫)や息子さんの情報をお伝えします。

  1. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子のプロフィール
  2. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子が所属していた新東宝とは?
  3. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子の昔の写真は?
  4. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子の夫は?
  5. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子の息子は?
  6. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子の死因は?
  7. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子の出演した昼ドラは?
  8. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子と里見浩太朗か似ている?
  9. 【夫は息子は誰?死因が気になる?】三ツ矢歌子が出演していたCMは?
  10. 日本の歴史に残る大女優三ツ矢歌子!
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY
【三ツ矢歌子さんのプロフィール】[女優][生年月日 1936年8月1日][出身地 大阪府堺市東区][血液型 A型]1955年に新東宝の新人募集に応募書類を送ったところ、第4期スターレットとして入社が決まった三ツ矢歌子さん。応募書類を送ったのは、本人ではなく学生時代の友達だったそうです。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY
第4期スターレットとして新東宝に入社した三ツ矢歌子さんは、1956年の『君ひとすじに』で銀幕デビューを果たしました。当時は、池内淳子さん、久保菜穂子さんとならんで「新東宝現代劇の女優三羽烏」と呼ばれていた三ツ矢歌子さん。1961年に新東宝が倒産するまで、人気女優として数々の新東宝の作品に出演されていました。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY&t=39s
三ツ矢歌子さんが入社した新東宝とは、昔、東京にあった映画会社で、1947年に株式会社新東宝映画製作所として創立され、1948年に式会社新東宝として設立されました。そして、1947年から1961年の間に800本以上の映画が製作され、当時は、『西鶴一代女』などのヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞したものもあったようです。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY&t=39s
新東宝は残念ながら1961年に倒産してしまったのですが、三ツ矢歌子さんをはじめ人気の女優さん、俳優さんの力で数々の名作を残すことになりました。そして、新東宝の看板女優だった三ツ矢歌子さんは、新東宝の倒産後はテレビでの活躍にシフトチェンジされましたが、テレビ女優としても大活躍でさらに人気の女優になったようです。
上の写真は、三ツ矢歌子さんの若い頃の写真です。清酒「八鹿」のCMポスターの写真ですね。当時は美人女優として大人気だった三ツ矢歌子さん。2004年3月24日に亡くなった三ツ矢歌子さんですが、東東宝で同期だった原知佐子さんは三ツ矢歌子さんのことを「スターに成るべく新東宝に入社して来た人だった」と語っています。
昭和の大女優・三ツ矢歌子さんは、1960年に結婚されています。その結婚のお相手は、映画監督・脚本家の小野田嘉幹さんです。当時、三ツ矢歌子さんは小野田嘉幹さんと結婚された理由として「新東宝が潰れそうだったので結婚に踏み切りました」と語っています。三ツ矢歌子さんの旦那さんである小野田嘉幹さんは、三ツ矢歌子さんよりも11歳年上で、新東宝に助監督として入社していました。
また、三ツ矢歌子さんの旦那さんである小野田嘉幹さんは、若い頃から黒澤明監督、稲垣浩監督、並木鏡太郎監督、冬島泰三監督など数々の有名監督の元で助監督を務め、1958年に富士映画製作の中篇映画『楠公二代誠忠録』で監督デビューされました。小野田嘉幹監督の作品である『人喰海女』や『女奴隷船』には、三ツ矢歌子さんが出演されています。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/15/01/02/leg-3320600_960_720.jpg
三ツ矢歌子さんには息子さんがいて長男が三ツ矢真之さんという俳優さんのようです。次男についての情報はないので次男は一般人か、次男はいなく、長男だけのようですね。三ツ矢歌子さんの長男である三ツ矢真之さんは、1961年7月24日に誕生されました。鬼平犯科帳スペシャルなどに出演されていたようです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/15/22/41/man-3323091_960_720.jpg
三ツ矢歌子さんの長男である三ツ矢真之さんは現在は俳優としての活動はされていないようです。そして、三ツ矢歌子さんについて調べていくと「次男」というワードが出てくるのですが、三ツ矢歌子さんの「次男」についての情報はありませんでした。なぜ、三ツ矢歌子さんを調べると「次男」というワードが出てくるのかつきとめたかったのですが、なぜ「次男」というワードが出てくるのかは残念ながらわからずじまいでした。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY&t=39s
女優として活躍してきた三ツ矢歌子さんですが、2004年3月24日に亡くなりました。死因は、間質性肺炎だったようです。三ツ矢歌子さんの死因になった間質性肺炎とは、肺胞と毛細血管を取り囲む間質と呼ばれる組織に生じる病態の一つで、肺の線維化、つまり、肺が硬くなる病気です。三ツ矢歌子さんは、2001年9月に腰痛の手術を受けた際に肺がんが見つかったということで、入退院を繰り返していたということです。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=b82mG7KjsYY&t=39s
長い間闘病生活を続けいた三ツ矢歌子さんですが、2004年3月、自宅で呼吸困難になり、都内の病院に緊急入院されたようです。そして、酸素吸入や抗がん剤投与などの治療が続けられましたが残念ながら回復せずに、息を引き取られたそうです。享年67歳でした。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/21/12/10/sharp-1844964_960_720.jpg
新東宝で活躍していた三ツ矢歌子さんは、映画出演からテレビドラマへ活動を移し昼ドラに出演するようになりました。そうして、三ツ矢歌子さんが昼ドラに出演すると昼ドラの視聴率が必ず2桁を獲得することから三ツ矢歌子さんは「昼メロの女王」や「昼ドラの女王」と呼ばれていたようです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/10/07/44/tv-2619649_960_720.jpg
当時、三ツ矢歌子さんが出演されていた昼ドラは、1969年2月の昼ドラ『女の絶唱』、1970年の昼ドラ『新女の絶唱』、1971年の昼ドラ『人妻椿』、1972年の昼ドラ『愛染椿』、1975年の昼ドラ『妻と女の間』、1976年の昼ドラ『愛の秘密』、1980年の昼ドラ『愛とおそれと』など多数です。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=1kv7Atsuk90
三ツ矢歌子さんについて調べていくと、「里見浩太朗」というワードが出てきます。なぜ、「里見浩太朗」というワードが出てくるのでしょう。気になったので、なぜ「里見浩太朗」というワードが出てくるのか調べたところ、「三ツ矢歌子さんと里見浩太朗さんが似ている」ということでした。三ツ矢歌子さんと里見浩太朗さんは本当に似ているのでしょうか。写真で比べてみましょう。
引用: https://www.youtube.com/watch?v=TCsluRVVtnc
上の写真が三ツ矢歌子さんで、下の写真が里見浩太朗さんです。二枚の写真を比べてみてどうでしょうか?三ツ矢歌子さんと里見浩太朗さんの写真は似ているでしょうか?写真を比べてみるとなんとなく目元が似ている感じがしますね。似ていると噂されている三ツ矢歌子さんと里見浩太朗さんですが、特に親戚関係でも兄弟でもないようなので不思議ですね。
女優として大人気だった三ツ矢歌子さんは、CMでも活躍されていたようです。三ツ矢歌子さんが出演した代表的なCMは、1960年代に放送されていたCMで『三ツ矢サイダー』のCMです。『三ツ矢サイダー』に三ツ矢歌子さんが出演するとは、シャレがきいていて面白いですね。
三ツ矢歌子さんが出演されていた『三ツ矢サイダー』のCMは、子供たちと一緒にサイダーの入ったグラスをスティックで鳴らして歌を歌っているCMだったようです。当時は、三ツ矢サイダーのCMに出演されていた三ツ矢歌子さんのポスターがお菓子屋さんに貼ってあったりしたようです。
昭和という価値ある時代の大女優であった三ツ矢歌子さん。生前はたくさんの感動を国民にくれたようです。三ツ矢歌子さんのご冥福をお祈り致します。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/01/13/56/vintage-tv-1116587__340.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BNyxCD-gNZx/?hl=ja&tagged=%E4%B8%89%E3%83%84%E7%9F%A2%E6%AD%8C%E5%AD%90