Gqnb4kwzdyjuspfe1rdw

女優

CATEGORY | 女優

清水富美加の枕営業疑惑の真相!高須クリニックの妻が漫画に描いた?

2018.04.22

一時は女優として様々な作品に出演した清水富美加。そんな彼女がレプロの枕営業を暴露する本を出版して話題になりました。その内容は高須先生の妻の漫画によって話題に。今回は清水富美加が言う枕営業とレプロの秘密、高須先生の妻が漫画で描いた具体的な事件について紹介します。

  1. 清水富美加が芸能界の枕営業を暴露?!その真相を暴いてみよう
  2. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」清水富美加はどんな人?
  3. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」昔から水着が嫌いだった清水富美加
  4. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」枕営業が疑われる意味深な行動
  5. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」高須クリニックの妻が漫画で暴露
  6. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」枕営業の主要人物はレプロの社長?!
  7. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」事務所の他の芸能人も枕営業の被害者という噂
  8. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」西原理恵子そっくりの娘は清水富美加?
  9. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」事務所の反応は?
  10. 「清水富美加の暴露と高須発のレプロ社長の枕営業疑惑」現在の清水富美加はどんな生活をしている?
  11. まとめ
いろんな作品で活躍しながら善良な印象で多くの人の心をとらえた清水富美加。そんな彼女が急に出版した本には想像もできなかった事実が書かれていたのですが、これをきっかけに芸能界の闇に興味を持つ人々も増えるようになりました。
彼女が出版した本の中には自分が自殺しようとした経験や自分の事務所であるレプロの社長を殺したいという内容が盛り込まれていて衝撃を与えたりもしました。それだけでなく、社長が事務所の女優やタレントを利用して枕営業をしたという内容まで含まれていて、波紋を広げていることは間違いありません。
このように、芸能界の多くの悪質的な行為が彼女の本を通じて明らかになるのですが、今から彼女が暴露した枕営業の真実、そして彼女の暴露を裏付ける高須病院院長の妻が描いた漫画についても徹底的にお伝えします。
まずはこのような内容を暴露する本を出版した清水富美加がどんな人なのかについて紹介いたします。
清水富美加は1994年生まれの女優で、2008年に開催されたレプロガールズオーディションをきっかけで芸能界へデビュー。デビューはじめの頃には雑誌の専属モデルとして活動し、清純派として可愛さをアピールしていました。
最近は女優としての活動だけでなく「にじいろジーン」、「スペシャエリア」などさまざまな番組に出演してさらに認知度を高めているのですが、昨年には宗教の一つである幸福の科学へと出家し、ファンを驚かせたりもしました。
では今から彼女が暴露した事務所「レプロ」の枕営業、そしてそれに関する真相について次々へと伝えていきたいと思います。
清水富美加は実際、グラビアアイドルのように水着を着て写真集を発売したこともあります。たぶんグラビアアイドルだけでなく、有名な女優さんも一度くらいはこのような経験があると思います。
実際に清水富美加は自分が出版した本で「水着を着た自分を性的に眺める視線が非常に苦しかった」とその当時の心境を明らかにしました。芸能人として活動する間、彼女がどんなに苦しかったのかについてうかがい知れます。
彼女が出版した本の中には自分が自殺しようとした経験や自分の事務所であるレプロの社長を殺したいという内容が盛り込まれていて、それだけでなく、社長が事務所の女優やタレントを利用して枕営業をしたという内容まで含まれていますが、実際の彼女が語る真相はどうだったのでしょう。
では今からこの話の真相について詳しく伝えていきます。
清水富美加の本によると、仕事についての耐え切れないことが述べられていました。具体的には握手会や水着での撮影で、自分の性を商品として売るのについて大きく不快感を感じていて、それをきっかけに自殺未遂まで至るようになったということでした。
清水富美加は露出することを極度に嫌っていたので、自分の事務所であるレプロにブルマやスク水のような仕事は勘弁してほしいと話したとのことですが、事務所のレプロは徹底的に彼女の意見を無視したまま仕事を強行させたそうです。
その後も絶えず感じていた性的羞恥心で結局、自殺を試みるようになった清水富美加。彼女は16歳の誕生日に口と鼻にガムテープを貼って自殺しようとしましたが結局未遂に終わり、その後も自分の引き出しにカッターを入れておくいて、たびたび自分の手首に傷をつけるなど自殺の試みを続けていました。
これについて事務所のレプロは彼女の意見を無視するつもりはなかったと主張しましたが、この後にも性的羞恥心を感じるような状況が続き、人々の間では枕営業を強要されてるのではないかという推測が出たりもしました。
これに関係あると思われる漫画が登場して清水富美加はもう一度注目されるようになりました。高須クリニック院長の妻である西原理恵子が描いた漫画が理由だったのですが、今からこれについて詳しく説明します。
清水富美加のファンは彼女が苦しんでいたことをある程度知っている状態でしたが、この時期に高須クリニック院長の妻だと知られる漫画家「西原理恵子」の漫画が登場して話題になりました。漫画家の西原理恵子は自分の夫である高須が実際に経験した内容を基に漫画を描いたのですが、西原理恵子の漫画の中の内容を見れば事務所の社長が女性タレントを利用して枕営業をしようとする姿が描かれて波紋を起こしました。
西原理恵子の漫画に対し専門家は、この問題を清水富美加だけでなく芸能界自体の闇と関わる事件だと話し、芸能界の問題点を指摘しています。なお、西原理恵子の漫画を見た人たちも、やはりこの話に出る枕営業のキャラクターが清水富美加ではないかと感じ始めました。高須クリニック院長の妻である西原理恵子は清水富美加に似たことで有名なんですが、だからより情を感じたのか、実際この後西原理恵子と高須院長は彼女を応援するような書き込みを残しました。
また、上の漫画を見た人は登場する事務所の社長がレプロの社長ではないかという疑惑を抱きました。
実際に清水富美加が出版した本の中に出てくるレプロの社長は、自分と会社の利益のためなら所属タレントが何を考えて、どんな思いをしたのかはまったく気を使わない主義のように見えます。これに対して清水富美加はストレートに「社長を殺したい」と発言したほど。
現在は清水富美加だけでなく、同じ事務所の新垣結衣まで枕営業されたのではないかという疑惑が湧いています。
現在は非常に慎重な雰囲気ですが、あの漫画が出版された当時は相当な波紋が広がりました。特にレプロは有名女性タレントが多いからです。
特に漫画に登場するモデル・グラビアアイドルは、現在モデルとして活動しているマギーと菊地亜美ではないかという話が出てから、各タレントのファンが激怒。
現在は少し落ち着きましたが、当時は清水富美加の本を元に問い合わせが殺到して事務所側からもかなり焦ったということ。今からでも女優さんやタレントさんの扱いに気を付けて欲しいところですよね。
枕営業について語る際に高須クリニックの院長は、当時事務所の社長が、恋人だった西原理恵子そっくりの女の子を連れてきたと話していて、その女の子は清水富美加ではないかという声が多くあがりました。
確かにマスコミなどで公開された高須院長の奥さんは清水富美加の母ではないかと思うくらい似てましたね。
だからこそ、今このような漫画が世間に出た理由は高須夫婦が彼女を実の娘のように思って心配したからではないのかという世間の声もありました。
では現在、事務所であるレプロはどのような反応を見せているのでしょう?
マスコミが直接インタビューをしましたが、彼女の本に関する内容はすべて避けていました。また、同じ事務所の社員だと見られる方も現在の状況について「会社は利益を重視。タレントの思いをいちいち気にするほど暇ではない」という反応を見せました。
それだけでなく、清水富美加の自殺未遂について「それは個人の責任」だという残念な反応を見せました。
では芸能界の闇を暴露した張本人である清水富美加は現在どういう生活をしているのでしょう?
現在は「幸福の科学」という宗教へ出家して生活している彼女。
千眼美子という法名を得た後は新しい名前で生まれ変わって活動しているのですが、本人が宗教によって救われたというだけに満足する人生を生きたらいいなと思います。
いかがでしたか?
今まで清水富美加が出版した本に書かれている芸能界の闇と枕営業、そしてその枕営業の根拠になる高須ご夫妻の漫画まで徹底的にお伝えしました。芸能界にはこれ以外にもたくさんの問題点があると思いますが、この暴露をきっかけにすこしでもいい環境に変わることを願っています。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bg3Z3zMHIg1/?tagged=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%AF%8C%E7%BE%8E%E5%8A%A0