Winf8bgrhd6vgpjxapab

俳優

CATEGORY | 俳優

日下武史の子供や前妻は?お別れの会の内容や死因は?【追悼】

2018.04.15

日下武史さんの子供や前妻はだれ?お別れの会の内容や死因は?劇団四季の創設者としてだけでなく、声優やナレーターなどでも活躍をした日下武史さん。80歳を超えて結婚をしたって本当?スペインの旅行中に亡くなったの?日下武史さんの子供や前妻、お別れの会の噂って?

  1. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】日下武史プロフィール
  2. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「結婚はしてる?」
  3. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「前妻は?」
  4. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「子供は?」
  5. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「お別れの会」
  6. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「スペインで死去」
  7. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「朗読って?」
  8. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「ベガ役」
  9. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】朗読・ナレーション・ベガ・スペインで死去?画像も「ナレーション」
  10. 【日下武史お別れの会・子供や前妻】まとめ
日下武史さんは、東京都豊島区出身、劇団四季の創設者であり、俳優、声優です。慶応義塾普通部に入学しています。慶應義塾高等学校在学中に、劇作家の加藤道夫に師事することで、演劇の道を志すようになります。実際の演劇活動は慶應義塾大学文学部仏文科在学中からであるとされています。経済的理由で慶應大学を2年で中退し、浅利慶太さん、水島弘さん、藤野節子さん、井関一さんらと、劇団四季を結成しました。
ジャン・アヌイ作「アルデールまたは聖女」旗揚げ公演をきっかけに、劇団四季の主要メンバーとして第一線で活躍しました。舞台を中心活躍をしていましたが、映画出演などでもバイプレイヤーとして活躍をしています。声優、ナレーターとしての顔も持っており、「アンタッチャブル」では、ロバート・スタック演ずるエリオット・ネスを演じ、洋画、ナレーション業界でも有名な人物と言われています。
劇団四季の創設者として、日本を支えてきた日下武史さん。様々な伝説がありますが、独特な結婚をしたことでも有名です。日下武史さんは、結婚をしていたのでしょうか?子供はいたの?妻は誰?日下武史さんの結婚について調べてみると、結婚をしていた前妻を見とったことがわかっています。前妻は病気だったことがわかっており、2009年に亡くなりました。それからは日下武史さんは一人だったのでしょうか?
日下武史さんは、前妻を見とった後に、再婚をしています。再婚をした女性は木村不時子さんです。日下武史さんは81歳、お相手の木村不時子さんは73歳と、老々婚として話題になっていました。噂によると、木村不時子さんは、日下武史さんの浮気相手だったみたい?前妻の方も認める女性だったことがわかっています。
 日下さんは14年の「思い出を売る男」を最後に舞台出演から遠ざかっていたが、四季公演や浅利演出事務所公演にはよく駆けつけていた。今年5月、静養を兼ねて、知人のいるスペイン・マジョルカ島に旅行に出掛けたところ、そこで体調を崩し、5月15日に誤嚥(ごえん)性肺炎で急死した。現地で荼毘(だび)に付された後、帰国していた。

後妻の名前は木村不時子さんということがわかっていますが、前妻は誰だったのでしょうか?劇団関係者?女優さん?残念ながら、前妻の方の名前はわかっていません。きっと一般人と結婚をしていたのでは?と考えられます。前妻の方は、自分が病気になったことで、木村不時子さんのことを認めているそうです。一人になってしまう日下武史さんのことが心配で、彼女にあとを託したことがわかっています。
日下さんは、昨年亡くなった平幹二朗さんとともに、せりふ術では群を抜いていた。明快で、客席にしっかりとせりふを届けられる数少ない俳優の1人だった。四季草創期の61年放送の海外ドラマ「アンタチャブル」でエリオット・ネスの吹き替えを担当するなど、声優としても活躍した。

日下武史さんには子供はいたの?老々婚をした日下武史さん。さすがにこの年齢では、子供を望むことは難しいことがわかります。前妻との間に子供はいたのでしょうか?もし子供がいたら、すでに成人をして、自分も家庭を持っているかもしれません。
子供の情報を確認しようとしましたが、日下武史さんには子供がいなかったことがわかっています。前妻との間に子供を作らなかったみたいです。だからこそ、木村不時子さんに後のことを任せたのかもしれません。
参列した市村は四季時代に「エクウス」「M・バタフライ」で共演し、「どちらも僕が全裸になる場面があって、日下さんに全裸を見られています」。四季には約17年在籍し、日下さんにはさまざまな影響を受けた。「演技の技術、テクニックは日下さんから盗ませてもらった。僕がいっぱしの役者でいられるのも、日下さんのおかげです」と感謝した。64年に「シラノ・ド・ベルジュラック」で舞台デビューしてから何度も共演した北大路も「右も左も分からない中で、手取り足取り教えてもらった。本当にありがたい先輩でした」としのんだ。

5月15日に亡くなった日下武史さん。東京・浜松町でお別れの会が開かれました。日下さんに縁のある劇団関係者はもちろん、一般のお客さん合わせて600名以上の方が訪れたということが記録に残っています。会場である自由劇場で上演された『思い出を売る男』の乞食役が、日下武史さんの最後の作品だったと言われています。
劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹さんは、「私たちに、演劇人として生きること、劇団人として生きること、俳優として生きることはどういうことかを、身を持って示され教えてくださいました」と挨拶。一人一人が花を手向けながら、別れを惜しんでいました。
60年を超える舞台生活で100以上の役柄を演じてきた。しのぶ会では「鹿鳴館」の影山伯爵、「エクウス」のダイサード、「この生命誰のもの」の早田健、「ヴェニスの商人」のシャイロックなど、日下さんが演じた舞台の音声が流れていた。その声を聞くだけで、舞台の情景が自然と明瞭に浮かんでくる。そして、しのぶ会には市村をはじめ、四季から離れた俳優も数多く参列していた。市村に限らず、それぞれが日下さんと同じ舞台に立つことで多くを学んだという。その舞台が演じる者にとって目標となる、舞台に生きた俳優だった。

日下武史さんは、旅行先のスペインで死去したことがわかっています。
妻は10年に再婚した女優の木村不時子さん。14年に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」の出演が最後の舞台となった。  浅利慶太さんの話 慶応高校の1年先輩であり、劇団四季創立以来の同志でもあった日下さんの訃報に接し、悲しみを禁じ得ません。イメージ豊かな明晰(めいせき)なせりふで、多くのお客様を魅了する素晴らしい俳優でした。在りし日の姿をしのび、心より冥福を祈ります。

朗読でも有名だった日下武史さん。声優やナレーターなど、声での仕事もしていたことがわかっています。宮沢賢治の「どんぐりと山猫」や太宰治 の「嘘」は必聴です。
日下武史さんは声優としても活躍しており、劇場版アニメ「ストリートファイター」ベガ役だったことがわかっています。映画のナレーションだけでなく、アニメの声優としても活躍をしていたみたいです。
 映画では「南極物語」「まあだだよ」などに出演。テレビの人気ドラマ「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役の吹き替えや、数々のナレーションでも親しまれた。  平成3年に芸術奨励文部大臣賞、8年に紫綬褒章、14年に勲四等旭日小綬章など。26年2月に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」のこじき役が最後の舞台となった。

スペインで誤嚥性肺炎のため死去した日下武史さん。お別れの会では、600人が集まるほどの人だったようです。劇団四季の創設者として、数々の伝説を残してきた方でした。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/17/20170517k0000m040016000p/7.jpg?1