Rcr3locynzrvrmswenmm

女優

CATEGORY | 女優

石川恋のドラマ一覧【ラヴソング・警視庁いきもの係など多数】

2018.04.05

【石川恋の出演ドラマ一覧】書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙を務めて一躍有名になった石川恋さん。その後は数々のドラマに出演されています。石川恋さんの出演ドラマ一覧をみていきましょう。

  1. 出演したドラマ一覧が気になる!石川恋のプロフィール
  2. 出演したドラマ一覧が気になる!石川恋がブレイクしたのは「金髪ギャル」
  3. 出演したドラマ一覧が気になる!石川恋は実は真面目?
  4. 出演したドラマ一覧が気になる!金髪から黒髪に戻した石川恋
  5. 【石川恋が出演したドラマ一覧】『ラヴソング』
  6. 【石川恋が出演したドラマ一覧】『東京タラレバ娘』
  7. 【石川恋が出演したドラマ一覧】『警視庁いきもの係』
  8. 【石川恋が出演したドラマ一覧】『さぼリーマン甘太朗』
  9. 出演したドラマ一覧が気になる!石川恋は映画やCMでも活躍!
  10. 今後も石川恋さんのドラマ・映画・CMに注目
【石川恋さんのプロフィール】[女優・タレント・ファッションモデル][生年月日 1993年7月18日][出身地 栃木県栃木市][血液型 O型][身長 165㎝][所属事務所 テンカラット]中学校・高校とモデルの仕事に憧れていたという石川恋さん。渋谷を歩いていたところ、モデル事務所にスカウトされて芸能界入りを果たしました。
念願のモデル事務所に所属することはできても、なかなか仕事に恵まれなかった石川恋さんは3年間居酒屋のホールでアルバイトをしていたといいます。当時は、モデルの仕事をあきらめて学業に戻り、語学留学することも視野に入れていた石川恋さんですが、事務所から「これが最後のチャンス」と言われて受けた仕事でブレイクすることになりました。
念願のモデルにスカウトされたものの、当時はモデルのオーデションに落ち続けていたという石川恋さん。事務所からの勧めで、受けた仕事で見事ブレイクすることになりました。それは、坪田信貴の著書である『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』通称「ビリギャル」の表紙モデルの仕事でした。
この仕事を、「どうせ最後の仕事」と決めていた石川恋さんは、思いっきり自分の内面にあったフラストレーションを表に出してみたといいます。何をやっても上手くいかないと感じていた石川恋さんは、この「ビリギャル」の表紙の仕事をしたことで、演技ではなくて本当の石川恋さんのリアルな表情が出たと語っています。
石川恋さんが表紙を務めた『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、発行部数60万部のベストセラーになり、石川恋さんも一躍有名になりました。そして、石川恋さんといえば「金髪」というイメージが定着し、モデルとしての石川恋さんは金髪ギャルを基調とした仕事に恵まれていきました。
この『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は実話を元に作成された書籍で、成績がビリの金髪ギャルがカリスマ塾講師に出会って慶応大学に合格したというお話です。そのことから、この主人公である「ビリギャル」のイメージがついた石川恋さんですが、実は、真面目であることを『有吉反省会』で打ち明けたようです。
書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙を務めたことで、この実在する主人公が石川恋さんだと思っていた人も多く、石川恋さんには、「ビリギャル」としてのイメージが強くなって、自分でもそのイメージに応えようと一生懸命だったようですね。
でも、実際の石川恋さんは、ギャルでもなく真面目な学生生活をされていたということで、トレードマークとなっていた金髪を黒髪に戻したようです。それまでは、自分は金髪のギャルであると自分に言い聞かせて耐えてきた石川恋さんは金髪より黒髪の方が自分には合っていると感じていて落ち着くようですね。
書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で知名度を上げた石川恋さんは、数々のドラマや映画に出演することになります。石川恋さんのドラマ出演は、まず、フジテレビで2016年に放送されていたドラマ『ラヴソング』です。
ドラマ『ラヴソング』では、第4話にゲスト出演された石川恋さん。ドラマ『ラヴソング』で福山雅治さんが演じる、元プロミュージャンで、持ち前のルックスをいかして女性の家を転々とする主人公が転がり込んだ先が石川恋さん演じる女性の家でした。ドラマ『ラヴソング』では、福山雅治さんとの甘いやりとりが話題になりました。また、ドラマ『ラヴソング』では、金髪イメージとはかけ離れた、めがね女子を演じた石川恋さん。一話だけの出演でしたが、石川恋さんもドラマ『ラヴソング』に出演できたことを、とても嬉しく思っていたようです。
2017年には、『東京タラレバ娘』に出演された石川恋さん。『東京タラレバ娘』で石川恋さんが演じたのは、吉高由里子さん演じる売れない脚本家を慕っているAD・マミちゃんの役でした。この『東京タラレバ娘』では、『ラヴソング』の役柄とは変わって、再び金髪にした石川恋さん。『東京タラレバ娘』でまた金髪にした石川恋さんは、ビリギャルを思い出して懐かしかったといいます。
ドラマ『東京タラレバ娘』では、いつも元気で決断力も柔軟性もあり、みんなに愛されるマミちゃんを演じた石川恋さんは、マミちゃんを「憧れの女性」と語っていました。そして、『東京タラレバ娘』で再び金髪にしたことに関しては、「戻る」というよりは「新しい自分」になる気持ちだったといい、『東京タラレバ娘』ではビリギャルとはまた違った石川恋さんを見せたかったということです。
2017年7月9日から9月10日まで放送されたドラマ『警視庁いきもの係』に出演した石川恋さん。『警視庁いきもの係』では、『東京タラレバ娘』とはまた違って、落ち着いた髪色の石川恋さん。石川恋さんが『東京タラレバ娘』で演じたのは、一見ギャル風の見た目ですが、こちらのドラマでは意外な洞察力をもつ警察博物館の受付嬢の役でした。
石川恋さんは、『警視庁いきもの係』の収録がとても楽しかったようで、『警視庁いきもの係』のキャストで行った慰安旅行の楽しそうな姿をTwitterにUPされています。そして、『警視庁いきもの係』の撮影が終了するのを本当に寂しがっていたようです。
2017年はたて続けにドラマに出演されている石川恋さん。『警視庁いきもの係』の次 は、7月から放送された『さぼリーマン甘太朗』に出演されました。『さぼリーマン甘太朗』では尾上松也さんが演じる主人公が勤務する吉朝出版販売営業部の社員で、ミステリアスな女性の役を演じた石川恋さん。『さぼリーマン甘太朗』では、ヒロイン役を演じました。
『さぼリーマン甘太朗』の原作を読んだ石川恋さんは、ドラマ『さぼリーマン甘太朗』は絶対におもしろくなる!と確信したようです。そして、『さぼリーマン甘太朗』では、ミステリアスな女性の役ということで、実際の石川恋さんとは正反対の役であったようです。『さぼリーマン甘太朗』でも、ビリギャルとはまた違った落ち着いた髪色の石川恋さんでした。
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙を務めたことがきっかけで一躍有名になった石川恋さん。その後は、ドラマでけでなく、映画やCMにも出演されています。石川恋さんは、2015年の映画『キリング・カリキュラム〜人狼処刑ゲーム 序章〜』、2016年7月の映画『コープスパーティー Book of Shadows』、2016年10月の映画『SCOOP!』に出演されていて、2017年の中国映画『一夜再成名』では、主演を務めています。
そして、石川恋さんが出演されているCMは、『レオパレス21』のCMの中の『【メゾン・壁ドン!】胸、キュンとくるドン!編』、『道、駆け抜けるドン!編』、『もう、止まらないドン!編』、『NOTTV』のCM、2016年の『栃木県選挙管理委員会「栃木県知事選挙」』のCMなどがあります。石川恋さんは、CMでも大活躍ですね。
ビリギャルとしての金髪のイメージが強かった石川恋さんですが、今ではいろいろな役をこなせる女優さんというイメージが定着してきましたね。近年、活動に拍車がかかっている石川恋さん。今後の活躍も見逃せませんね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgYwLr5lbTk/?hl=ja&tagged=%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AB