Kve6d9dkk6yti8uhqyv9

メイク

CATEGORY | メイク

老け顔メイクはNG!10代・20代女子におすすめしない理由7選

2018.04.26

老け顔メイクってどんなのかご存知ですか?実年齢より老けて見えるメイク方法ですが、老け顔メイクは実は10代や20代女子におすすめできません。何故おすすめできないのか理由についてご紹介します。また、10代20代の方におすすめするメイク方法についてもご案内します。

  1. 【老け顔メイク】老け顔メイクってどんなの?
  2. 【老け顔メイク】おすすめしない理由①ファンデーションの厚塗り
  3. 【老け顔メイク】おすすめしない理由②細い眉毛
  4. 【老け顔メイク】おすすめしない理由③濃いアイメイク
  5. 【老け顔メイク】おすすめしない理由④チークの入れ方
  6. 【老け顔メイク】おすすめしない理由⑤暗い口紅
  7. 【老け顔メイク】おすすめしない理由⑥塗りすぎマスカラ
  8. 【老け顔メイク】おすすめしない理由⑦アイラインの入れすぎ
  9. 【老け顔メイク】10代におすすめするメイクは?
  10. 【老け顔メイク】20代におすすめするメイクは?
  11. 【老け顔メイク】コスプレで老け顔にする方法
  12. 【老け顔メイク】老け顔メイクにさよならしましょう!
老け顔メイクは見た目より年齢が高く見えてしまうメイクのことです。メイクで若く見せたいのに、なぜか老けて見えてしまう。そんなメイクが老け顔メイクです。老け顔メイクは実はあまりおすすめできません。おすすめできない理由についてご紹介します。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MS251_kosumeset_TP_V.jpg

ファンデーションの厚塗りはおばさんに見えてしまう

肌のくすみや毛穴を隠すためにファンデーションを厚塗りしてしまいがちですよね。実は厚塗りしてしまうと逆にシワを強調してしまい、汗や皮脂によってファンデがよれてしまうと余計に大きく目立たせてしまいます。また、マットなファンデを選んでしまうとおばさんに見えてしまいます。

ファンデーションは薄くナチュラル肌に

ファンデーションはリキッドよりパウダリーファンデを選ぶと良いでしょう。ファンデーションのやり方は厚塗りはしないようにしてくすみや毛穴が気になる場合は、コンシーラーをうまく使うようにしましょう。

シャープな眉毛は気難しい女性に見えてしまう

はっきりした輪郭の眉毛はクールな印象にしてしまいます。眉毛を細く長めの眉毛にしてしまうと気難しい怖い女性に見えてしまいます。また、顔を老け顔に見せてしまう原因となります。

ふんわりした眉毛でトレンドのメイクに

ふんわりしたトレンドの眉毛にするためのやり方は、パウダーとブラシを使いましょう。眉を描くのではなく眉の隙間を埋めていくようにふんわりした眉毛に仕上がります。眉毛の色よりワントーン明るい色を選ぶと柔らかく優しい印象に仕上がります。

濃いアイメイクで目元がくすんでしまう

目元の皮膚は薄く年齢を重ねるとくぼんで影ができやすくなってしまいます。濃いアイメイクをしてしまうと目元がくすんで見えてしまいまぶたをくぼんだように見せてしまいます。そのため目元のアイメイクが原因で老け顔に見えてしまいます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ASE_047_TP_V4.jpg

光沢のあるパールカラーで華やかな目元に

アイカラーのやり方は、まずアイカラーは光沢のあるパールカラーを選ぶようにしましょう。パールカラーは自然な光沢が出ので目元を華やかな印象にしてくれます。アイラインのやり方は、まずブラウンのアイカラーを選びます。目元を自然にはっきりさせてくれるのでおすすめです。

チークの入れ方で頬がたるんで見えてしまう

チークを入れると、顔にメリハリができ若々しいお顔を演出してくれますが、チークの入れる場所によっては逆に老け顔にしてしまう可能性があります。笑った時に一番高い位置にチークを入れるといいと言われてきましたが、最近ではそのやり方は間違っているということが分かっています。笑った時の一番高い位置にチークを入れてしまうと、真顔になった時に頬が下がってしまい、お顔全体が下がってしまったように見えてしまいます。それがお肌をたるんだように見せてしまいます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ASE_035_TP_V.jpg

チークは真顔の時の一番高い位置に入れるのがベスト

チークを入れる位置は、真顔の時に一番高い位置にチークを入れるといいでしょう。頬から目尻に向かって引き上げるように入れていくと頬の位置が上がり、若々しいお顔を演出してくれます。チークを入れすぎてしまうと輪郭をはっきりさせてしまうので、チークもふんわり入れるようにしましょう。

暗い口紅で暗い雰囲気になってしまう

口紅は暗いカラーのものを選んでいませんか?ベージュやブラウンなど落ち着いたカラーは大人っぽく見せてくれるので、ついつい暗いカラーのものを選んでしまいがちです。しかし、暗いカラーの口紅は顔全体を暗くしてしまい、なんだか疲れているように見えてしまうこともあります。そのため、顔を老け顔にしてしまいます。

グロスを使って華やかな印象に!

ベージュ系の口紅ばかりをお持ちなら、そこにグロスを重ねてみてください。グロスを重ねることで華やかな印象に変えることができます。また口紅を買おうとお考えの方は、赤系やピンク系のカラーを選ぶようにしましょう。お顔の印象を明るくしてくれるだけではなく、お肌もワントーン明るく見せてくれるのでおすすめです。

塗りすぎマスカラでパンダ目

目元をぱっちりはっきりさせるためにマスカラを塗りすぎてしまう方がいます。マスカラを塗りすぎてしまうと一昔前のケバいメイクになってしまい、結果老け顔にしてしまいます。また、夕方メイクが落ちてきて気付いた時にはパンダ目になってしまう可能性もあり、マスカラの塗りすぎはおすすめできません。

ブラウンマスカラで優しい印象に

目元をぱっちり見せるために、以前は真っ黒のマスカラを使用することが多かったのですが、最近ではナチュラルメイクをする方が増え、ぱっちりした目元よりも自然な目元にするメイクが人気となっています。ナチュラルな目元を演出するためには、ブラウンのマスカラがおすすめです。ブラウンのマスカラは優しい印象にしてくれるのでより女の子らしさが増します。

アイラインの入れすぎでシワに見えてしまう

目尻を上げるためにアイラインを入れますが、アイラインを長く引いてしまうと逆にシワと勘違いされる可能性があります。アイラインは適度な長さに抑えましょう。

アイラインの長さは目尻から5mm以下に抑えましょう

アイラインの長さは目尻から横に伸ばす長さを5mm以下にすると自然に見えますが、それ以上伸ばしてしまうと不自然に見えてしまいます。適度な長さに抑えるようにしましょう。

10代はナチュラルメイクがおすすめ

10代のお肌は敏感で、新陳代謝も激しくニキビが出やすい状態です。そんな時厚塗りメイクをしてしまうとお肌を傷つけてしまいしみやシワの原因になる恐れもあります。10代は中高生や大学生といった学生が大半です。そんな10代におすすめのメイクはナチュラルメイクです。10代のナチュラルメイクのやり方は、化粧下地の代わりにUVクリームを塗り、お粉を顔全体にのせていきます。チークをほんのり少しだけつけるだけでOKです。リップは唇の色に近いカラーを使うようにしましょう。大学生の場合はもう少し華やかな色味のリップを塗るといいでしょう。

10代はスキンケアはしっかり

中高生や大学生に限らず10代はスキンケアもしっかり行いましょう。やり方は簡単で、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液を順番に行っていきます。その中でも一番大切なのがクレンジングです。メイクがしっかり落とせていないと肌トラブルの原因になります。クレンジングはしっかり行いましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kesyouIMGL9326_TP_V.jpg

20代もナチュラルメイクがおすすめ

20代におすすめのメイクも実はナチュラルメイクです。20代はとにかく男性からモテたいですよね?男性は素肌美人を好みます。20代女性は大学生の方もいれば働いている方もいらっしゃいます。大学生の方も働いている方も男性は素肌に近いナチュラルメイクを好みます。

20代のナチュラルメイクはベースメイクが大切

大学生でもOLさんでも20代のナチュラルメイクのやり方は、まずくまなどを隠すところから始まります。コンシーラーを使ってくまなどを隠し肌の凹凸がある人はコンシーラーで隠していきます。チークはオレンジのチークで健康的な肌に見せるようのせます。アイメイクはブラウンを使うようにして自然な目元に仕上げていきましょう。大学生の方も働いている方も、リップはピンク系やオレンジ系のお顔が映えるカラーを選ぶようにしましょう。
仮装パーティや大学生の学園祭などコスプレをすることってありますよね?そんなコスプレで使える老け顔になるコスプレメイクをご紹介します。コスプレは、できるだけリアルに見せたいですよね?

①肌の余分な皮脂を拭き取りファンデーションを塗る

まず肌の余分な皮脂を拭き取っていきます。その後、ファンデーションを塗りますが、できればムラを残すように塗っていきます。そうすることで、コスプレした時にリアル感が出ます。ファンデーションはマット感の出るものを選ぶようにしましょう。

②カバーペンシルでくぼみを入れる

カバーペンシルを使ってくぼみを入れていきます。お歳を召された方は目の下や口まわりがくぼんでいることが多いのでそこにくぼみを入れていきましょう。

③メイクアップペンシルでシワやしみを描く

メイクアップペンシルを使ってシワやしみを描いていきます。しみをうまく出すには少しぼかすようにするとリアルな感じが出ますよ。

④唇にシワを入れる

唇にもペンシルを使ってシワを入れていきます。発色のある唇の場合はファンデーションなどで唇のカラーを落とすようにするとよりコスプレでリアルな感じが出ますよ。
老け顔メイクをおすすめしない理由についてご紹介しましたがいかがでしたか?コスプレで老け顔になるメイクのやり方についてもご紹介しましたができれば老け顔になりたくないですよね?老け顔にならないよう日頃のメイクに気をつけましょう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/00_PP55_PP_TP_V4.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalaokesyounaoshiOL20140321_TP_V.jpg