Wediue5s9nuqheqdbdn1

メイク

CATEGORY | メイク

アイシャドウの上手な塗り方で奥二重は可愛くなれるチャンス!使い方まとめ

2018.02.08

奥二重ってアイシャドウの塗り方によって目が小さく見えたりしてむずかしいですよね。ですが、パーソナルカラーであなたに似合う色のアイシャドウを見つけて、正しい塗り方をすれば奥二重でも可愛くなれるんです♪魅力的な奥二重のメイクで周りと差をつけましょう!

  1. 奥二重のアイメイクってむずかしい・・・
  2. 奥二重のアイシャドウの選び方
  3. パーソナルカラー診断で自分のタイプを知ろう!
  4. スプリングタイプに似合うアイメイク
  5. サマータイプに合うアイメイク
  6. オータムタイプに合うアイメイク
  7. ウィンタータイプに合うアイメイク
  8. アイシャドウの種類
  9. 奥二重のアイシャドウの色の塗り方①陰影をつける
  10. 奥二重のアイシャドウの塗り方②ベースとなる色をのせる
  11. 奥二重のアイシャドウの塗り方③締め色をのせる
  12. 奥二重のアイシャドウの塗り方④アクセントカラーをのせる
  13. 奥二重のアイメイクはむずかしくない!
引用: http://beautyinsight.jp/wp-content/uploads/2015/09/morierika-make.jpg
二重ではあるけど目頭側のまぶたがかぶさっている奥二重は、アイメイクのやり方によって目が小さく見えたり、きつい印象を与えてしまったりとむずかしいですよね。ですが、正しい方法と自分に合った色を見つければ奥二重でも可愛くなれるんです♪
自分に合ったアイシャドウを見つけるには、自分に似合う色を知りましょう!自分に合った色は「パーソナルカラー診断」でわかります。パーソナルカラーは「スプリングタイプ」「サマータイプ」「オータムタイプ」「ウィンタータイプ」の4種類に分類されます。
引用: https://www.beauty-co.jp/news/img/150409_onishi_03.jpg
引用: http://www.minx-net.co.jp/sns_blog/upload_images/17e7d0fee921793e7aa84a0d8f5562870131125e.jpeg
A・B・C・Dの項目をチェックして最も当てはまったタイプが、あなたのパーソナルカラータイプです。

Aタイプ

☑目の色は明るい茶色
☑頬と唇の色はコーラルピンク
☑肌は透明感とツヤがある
☑髪はツヤはあるがハリがない

Bタイプ

☑目はグレーがかった黒、または赤みのあるこげ茶
☑頬と唇はローズ、または青みがかった薄ピンク
☑肌はノーマルスキン、またはオイリースキン
☑髪はツヤはないがハリがある

Cタイプ

☑目はこげ茶
☑頬と唇の色は赤みがない、または茶色がかった赤紫
☑肌はマット、パウダリーな質感
☑髪はツヤ、ハリともに少なめ

Dタイプ

☑目の色は黒
☑頬と唇の色はピンク、または赤黒い
☑肌はとても色白、またはとても色黒
☑髪はツヤもハリもある
引用: http://blog-imgs-34.fc2.com/r/i/n/rinrose/diary114.jpg
Aは「スプリングタイプ」、Bは「サマータイプ」、Cは「オータムタイプ」、Dは「ウィンタータイプ」です。
引用: http://www.cosme.net/html/spc/personal-color/images/spring/kekka-color.png
イエローベースで肌や目の色が明るいスプリングタイプは、日本人の約1割と4タイプの中で最も少ないタイプです。日焼けをすると黒くなるのではなく赤くなって終わることが多く、皮膚が薄く赤みが出やすいのが特徴です。アイシャドウは明るいグリーンやイエロー、ライトブラウン、ピーチなどのコーラル系との相性が良いです。逆にくすんだ色味や、青みピンクは顔色を悪く見せるので避けるのがベストです。

【スプリングタイプにおすすめのアイシャドウ】ルナソル シアーコントラストアイズ04

引用: https://www.aas-dutyfree.com/uploads/images/item/images/9111752635a09035bdbdcc257857334-1024x_.png
スプリングタイプにはくすみを飛ばしてくれるラメタイプのアイシャドウがおすすめです。とくに、グリーンとイエローを使用したメイクは、相性が良いので顔色を明るく見せてくれます。

【スプリングタイプにおすすめの単色アイシャドウ】リンメル プリズムパウダーアイカラー005

引用: https://readyme.jp/wp-content/uploads/13414100_1388198321209597_479618178_n.jpg
細かいラメとコーラルピンクのアイシャドウは、スプリングタイプにぴったりの色です。単色はもちろん、流行りのピンクメイクにもおすすめのアイシャドウです。
引用: http://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/parts/I0008526/565193a26e91b2b995c8501890a18a25.png
約5割と日本人に最も多いサマータイプは顔全体に赤みが出やすく、まぶたや目地にに茶クマが出やすいのが特徴です。パウダリーで優し気な目と肌の色には、青みピンクやパープルのアイシャドウがおすすめです。逆に定番のブラウンやオレンジは顔色をくすませてしまうので注意しましょう。

【サマータイプにおすすめのアイシャドウ】SUQQU デザイニングカラーアイズ04

引用: https://scontent-ams3-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/e15/16123153_1689030234728427_5146995855844179968_n.jpg?ig_cache_key=MTQzNDgxMjA2NDE1NzU2NDkxNQ%3D%3D.2
サマータイプのブルーベース肌によくあうピンクブラウン、なめらかな質感のアイシャドウです。サマータイプの人はブラウンアイシャドウを使用したいときは、ピンクブラウン系の色を選ぶのがおすすめです。

【サマータイプのおすすめ単色アイシャドウ】ダズショップ アリュールド シングルアイシャドウ13

引用: https://www.dazzshop.com/upload/save_image/11091323_5a03d8407b98b.jpg
スモーキーですが透明感のあるブルーは、サマータイプだからこそ使いこなせる色です。単色で使用するほかに、別のアイシャドウと重ねたり、アイラインをぼかすなどの使い方もおすすめです。
引用: http://attractive-lady.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2015/07/efbd30f7fc01c306d6e4c12e4aa2a789.jpg
日本人の約3割はオータムタイプです。皮膚が厚めで毛穴や赤みが目立ちにくく、頬や唇に赤みがあまりないのが特徴です。目の下にクマができやすく、すっぴんだと顔色がくすんで見えがちです。オータムタイプにあうメイクはオレンジなどの暖色系や、オリーブなど深みのあるグリーン系です。ローズや青みピンクは色が出にくいので避けた方が無難です。

【オータムタイプにおすすめのアイシャドウ】ポール&ジョー アイカラートリオ09

引用: http://www.paul-joe-beaute.com/src/uploads/product_variation/2001-3000/2543.jpg
ゴールドと深みのあるモスグリーンのおしゃれな組み合わせは、オータムタイプにぴったりの色味です。

【オータムタイプにおすすめの単色アイシャドウ】シュウウエムラ プレスドアイシャドー ノマド

引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20120621/20/siawase-desu/27/4e/j/o0450033712040001838.jpg
暖かみのある単色オレンジはオータムタイプに良く似合う色です。細やかなパールが濡れたようなまぶたを演出します。
引用: http://attractive-lady.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2015/07/3d3ea295e1eaf0d6287f643bcc1179f7.jpg
日本人の約1割が当てはまるウィンタータイプは、コントラストがはっきりとしているのが特徴です。肌の色がとても白いか、浅黒いかの極端で、顔立ちが派手なため薄いメイクでも成り立ちます。ラベンダーやブルー、ピンクや赤などビビッドな色がとてもよく似合います。逆にベージュやブラウン、オレンジはくすみを目立たせるので注意しましょう。

【ウィンタータイプにおすすめのアイシャドウ】ジルスチュアート シマークチュールアイズ01

引用: https://www.fashion-press.net/img/news/20372/jill2016spriong_004.jpg
パール感が強くシアーな色味は、透明感を出し目元を輝かせます。

【ウィンタータイプにおすすめの単色アイシャドウ】AQ MW アイグロウジェム BL980

引用: https://contents.gunosy.com/12/17/78d41167d46be91f3a10bf66922fc5cd_content.jpg
濃いパープルブルーの単色アイシャドウは、ウィンタータイプの力強い目力を引き立てます。濡れたようなしっとりとしたまぶたに仕上げてくれます。
アイシャドウには定番のパウダータイプの他に様々な種類があります。好みや用途に合わせて使い分けることで、さらにメイクの幅が広がります♪

★パウダータイプ

定番のパウダータイプはメイクが苦手な方でも使いやすく、バリエーションも豊富です。数色入っているパレットタイプから、単色だけのものなど好みに応じてそろえることが出来ます。

★リキッドタイプ

液体状のリキッドタイプは、まぶたに良く密着するので色持ちが良いのが特徴です。つやのある瞼に仕上げることが出来ます。
アイシャドウはまずアイホールに塗るのが基本となります。眉の真ん中を少し上に引き上げたときに、くぼむ部分がアイホールです。アイホールを意識しつつアイシャドウの塗り方を変えることで、様々な印象を与えることが出来ます。
まずは、陰影をつけるために少し濃い目の色をブラシで目頭から黒目の上あたりまでにのせます。目頭の余白が埋まることで、彫が深く立体的な瞳になります。
引用: http://howcollect.cdn-donuts.jp/files/20120710082717-1152-75_thumbnail.jpg
ベースとなる色を目頭から目じりまでのせます。このとき、二重の幅より少し広めにのせるのがポイントです。
引用: http://howcollect.jp/files/20120704091245-1152-831_thumbnail.jpg
濃いめの色をチップを使って目のキワにのせていきます。目頭から目じりまで細めに入れ、2で塗った色とグラデーションを作りましょう。
引用: http://howcollect.jp/files/20121026064559-1152-120_raw.jpg
締め色を載せたら仕上げにアクセントとな色を、黒目の上から目じりにかけてブラシでサッとのせます。スプリングタイプならコーラルピンクやピーチオレンジ、オータムタイプならオレンジやオリーブ、サマータイプはスモーキーブルーやパステルピンク、ウィンタータイプはビビットな青やピンクがおすすめです。
引用: https://www.beauty-co.jp/news/img/NW/140311154237.jpg
アイメイクが難しいイメージの奥二重ですが、正しいメイク法と自分に合った色を見つけることでメイクの幅がぐんっと広がります♪ぜひ、挑戦してみてください。