Es6riwuqgijt0rdvn8hf

メイク

CATEGORY | メイク

老け顔メイクはNG!10代・20代女子におすすめしない理由7選

2018.04.08

あなたのメイクは、老け顔メイクですか。というとびっくりしますよね。当たり前です。メイクは、きれいになるために時間をかけお金をかけてしているものです。そんなメイクが老け顔になっていたら大変です。自分のメイクが老け顔になっていないか確認しながら見てみましょう。

  1. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方がおかしい
  2. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方①:ファンデーションが厚い
  3. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方②:ファンデーションの種類
  4. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方③:眉毛は、やわらかく仕上げる
  5. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方④:アイシャドウの色に注意
  6. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方⑤:チークの入れ方に注意
  7. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方⑥:口元は少し明るく
  8. 【老け顔メイクはNG!】メイクでなぜ老けて見えてしまうのか?
  9. 【老け顔メイクはNG!】⑦10代20代女性の老け顔の原因は?
  10. 【老け顔メイクはNG!】高校生なのに大学生のコスプレに誤解される
  11. 【老け顔メイクはNG!】メイクのやり方を改善しましょう
Kkst7dlnusuhikwmkjpz
引用: https://www.instagram.com/p/Bam9v-6Bdc1/?tagged=%E8%8B%A5%E8%BF%94%E3%82%8A%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF
不思議な話ですが、メイクをしていないときの方が若くみられることがある。なんて驚くようなことはありませんか。ちょっと待ってください。ここで喜んではいけません。もしかしたら、メイクのやり方が間違っているかも知れないからです。
メイクをすることで、老けて見られてしまうことがあるとしたら、それは、メイクのやり方を間違えているからです。10代(高校生や大学生)・20代の素顔がきれいな彼女たちに、絶対して欲しくない老け顔を作るNGメイクや老け顔を作る原因を7つご紹介します。高校生なのに大学生にみられて、制服コスプレをしているように誤解されているという人もお手入れ次第で改善できます。
最近のファンデーションの流行は、ナチュラルメイクが流行りです。すっぴんにみえることを売りにしているファンデーションが、コスメ雑誌に紹介されています。テレビでも素顔をきれいにするような商品がたくさん紹介されています。
1980年~1990年代にかけて、当時、10代(高校生や大学生)・20代の女性たちは、「崩れない」ということを売りにしているファンデーションが流行っていました。崩れないファンデーションは、シワや毛穴に入り込みやすく、汗をかいたりすることで、よれたりしやすく、ほうれい線が目立ったりしてしまいます。
厚塗りのファンデーションは、朝は、きれいにファンデーションを塗っていたはずなのに、気がつけば、疲れ切ったような顔になっていたということになりかねません。顔には表情筋があるので、話したり、笑ったり、顔の筋肉を動かすことで、ファンデーションがよれてしまうのが原因です。
ファンデーションは、リキッドタイプだと厚塗りになってしまうので、パウダータイプを使うようにしましょう。
化粧下地やコントロールカラーを薄めにつけて、パウダーファンデーションを薄めにつけることで、ナチュラルメイクが出来上がります。
眉毛を長細く書いてしまうと、顔全体がきつい印象になり、老け顔に見えてしまいます。今の流行りは、やわらかい印象の眉毛なので、流行りと正反対な眉毛ということも老け顔にみえてしまう要因になります。
眉毛を黒く書いてしまうと、シャープな印象になるので、少し明るめの色のブローパウダーで眉毛をやわらかく仕上げましょう。ペンシルを使って眉毛を描くと、眉毛がきつい印象になってしまうので、ペンシルはできるだけ使わず、ペンシルで書いた場合でも、ブラシで柔らかい感じに仕上げましょう。
目元は、年齢とともに、影がでやすくなる部分です。年齢が出やすい場所です。濃いアイシャドウは、影を強調してしまうことになるので、避けた方が良いでしょう。アイシャドウは、明るい光沢のあるアイシャドウにしましょう。
ブラックのアイラインも避けた方が無難でしょう。目元が小さく見えてしまいます。アイラインを使うならブラウンが無難です。
Zchfoot4hsgdqb1tkgd8
引用: https://www.instagram.com/p/BhOxWKSBm7y/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
化粧品のテレビショッピングでやっている実験に、マスクをして目元だけで年齢を判断してもらうというものがあります。その後、マスクを取ると頬のたるみが目立ってしまい、老け顔にみられるということがわかっています。
老け顔かどうかを判断する時に、頬は大事なポジションをしめています。ファンデーションをぬっているのに、チークを使わずに済ませてしまうと、顔にメリハリが出ず、顔色が悪く見えて老け顔にみえてしまいます。
チークは、頬の一番高い部分入れるようにしましょう。頬から目尻へ向かって、ふんわりと柔らかくチークを入れると、頬の血色がよく見えて明るい印象にみえます。こめかみまで入れると、老け顔になるので、注意しましょう。
チークが濃すぎると、老け顔に見えてしまうので、チークが濃くなってしまった時には、パウダーファンデーションをチークの上からはたくようにつけるとバランスがとれます。
1 / 2
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bg_VJODBW_f/?tagged=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88