Xvgetzaodaykw8lrytre

赤ちゃん・育児

CATEGORY | 赤ちゃん・育児

赤ちゃん用ミルクおすすめ総まとめ!適切な水・温度は?【保存版】

2018.04.05

赤ちゃん用のミルクってたくさんの種類があって、どれがおすすめで人気なのか迷ってしまいますよね。そんなお母さんにおすすめの赤ちゃん用ミルクをご紹介します!また、適切な温度や水、正しい作り方や与える量、赤ちゃんがミルクを吐いてしまう原因も徹底解説します!

目次

  1. 【おすすめ&人気な赤ちゃんミルク】使用する水は?
  2. 【おすすめ&人気な赤ちゃんミルク】適切な温度とミルクの作り方
  3. 【おすすめ&人気な赤ちゃんミルク】ミルクを与えるベストな量と間隔は?
  4. 【おすすめ&人気な赤ちゃんミルク】ミルクを吐く場合
  5. 【おすすめ&人気な赤ちゃんミルク】この3つがベスト!
201801121718424831 headimg
引用: http://donewsdataoss.donews.com/201801121718424831_headimg.jpg

ミルクを作るときの水によっては粉ミルクの栄養に影響を与える場合があります。ミネラルウォーターを使用すると、赤ちゃんがミネラルを過剰摂取してしまい負担となることも。基本的には水道水でOKです。

971ab8fa002a83b31ae4a7193dc184cb  breastfeeding problems breastfeeding twins
引用: https://i.pinimg.com/736x/97/1a/b8/971ab8fa002a83b31ae4a7193dc184cb--breastfeeding-problems-breastfeeding-twins.jpg

赤ちゃんは抵抗力が弱いので必ず手洗いをし、消毒をした哺乳ビンを使いましょう。

赤ちゃん用ミルクの正しい作り方①お湯を用意する

ミルクを作るのには適切な温度があります。温度が高すぎるとミルクの栄養素が壊れてしまい、温度が低すぎると粉ミルクが上手に溶けません。適切な温度は”70℃~80℃”です。

赤ちゃん用ミルクの正しい作り方②粉ミルクを溶かす

Spvwpu0zu7cnykjiu6tf
引用: http://cfile27.uf.tistory.com/image/146F854B4FE88CAE20EE4B

お湯が適切な温度になったら粉ミルクを哺乳瓶に入れ、お湯を半分ほど注いで溶かします。その後、調乳用の水を注いで泡立たないように哺乳瓶をゆっくりまわします。

赤ちゃん用ミルクの正しい作り方③人肌温度まで冷ます

腕の内側にミルクをたらし少し温かい程度(38~40℃)になるまで哺乳瓶を流水に当てて冷まします。

Vml76bzacjowulpme6lu
引用: https://i1.wp.com/kibouzyuku.com/wp-content/uploads/2017/03/pic-youzi-1.gif?resize=300%2C212
255155875 91090cb18a o
引用: http://farm1.static.flickr.com/118/255155875_91090cb18a_o.jpg

病院を退院してから1ヵ月までは1日7回、80~120ml。間隔は1時間~3時間ほどです。

生後1ヵ月~2か月は120~160mlを1日6回ほど。間隔は3時間置きが目安です。

生後2~3か月は200mlを5回ほど

生後4~5か月は200mlを5回ほど

Baby jyunyu honyubin
引用: https://1.bp.blogspot.com/-Y-hLVRTKS7I/Vq887qEhArI/AAAAAAAA3h8/txL-Fx7CsJA/s800/baby_jyunyu_honyubin.png

赤ちゃんはミルクを吐くと焦ってしまいますよね。これは「吐き戻し」といわれるもので、とくに珍しいことではありません。

赤ちゃんがミルクを吐く原因①赤ちゃんは食道と胃が接する部分が十分に発達していません。そのためミルクが食堂に逆流しやすく吐き戻しをします。

赤ちゃんがミルクを吐く原因②吐き戻しはミルクの飲みすぎでも起こります。赤ちゃんは満腹中枢が未熟なので、ミルクを飲みすぎてしまうことがあります。

赤ちゃんがミルクを吐く原因③赤ちゃんはミルクを飲む際に空気も一緒に飲み込みやすく、ゲップと一緒にミルクを吐いてしまうことがあります。

吐き戻しの解決方法

赤ちゃんの吐き戻は「ミルクをあげる間隔をきちんと開ける」ことで解決する場合が多いです。赤ちゃんの様子を見ながら2~3時間あけて適量を与えてみてください。

Xorkrlsijewwgafxlesh
1 / 2