I3wliplsil3257swuzph

俳優

CATEGORY | 俳優

藤田まことの命日や誕生日は?時代劇のスター!死因は何だったの?

2018.04.08

藤田まことさんの命日や誕生日が知りたい!時代劇のスターだった藤田まことさんは、多くのファンに見守られながら最後を迎えました。命日はいつ?死因は何だったの?日本の名優である藤田まことさんの命日や誕生日、刑事ドラマや時代劇について調査しました!

  1. 【藤田まことの命日・誕生日は?】藤田まことプロフィール
  2. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「誕生日は?」
  3. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「身長は?」
  4. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「歌は?」
  5. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「刑事役?」
  6. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「時代劇」
  7. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「殺陣」
  8. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「命日は?」
  9. 【藤田まことの命日・誕生日は?】身長・歌は?刑事・時代劇・殺陣って?死因は?「死因は?」
  10. 【藤田まことの命日・誕生日は?】まとめ
引用: http://eiga.k-img.com/images/buzz/20653/makotofujita.jpg
藤田まことさんは 東京府東京市豊島区池袋生まれ、京都府京都市で育っています。父は俳優の藤間林太郎です。次女は藤田絵美子さん、孫は花リーナさんで、二人とも歌手です。大正三美人の林きむ子を伯母に持ち、曾我廼家喜劇の女形だった曾我廼家弁天は伯父に当たります。2002年に紫綬褒章を受章している、日本が誇る名優と言われています。母親は藤田まことさんを産んだ後にすぐに亡くなっているそうです。無声映画時代のスター俳優だった父親とはソリが合わず、再婚した継母とも喧嘩しがちな幼少期を送っていたそうです。17歳の時に「旅笠道中」を歌ったのが舞台デビューだと言われています。
引用: http://eiga.k-img.com/images/person/62395/300x.jpg
藤田まことさんの誕生日はいつなのでしょうか?80歳を目前に亡くなっているので、誕生日はいつ?戦争を経験しているって本当?という疑問も浮かぶと思います。藤田まことさんの生年月日は「1933年4月13日」です。東京生まれの藤田まことさんは大阪府枚方市光善寺に引っ越しましたが、近くに兵器工場があったので、京都府京都市の四条堀川に引っ越したとのデータがあります。幼少期に戦争を経験していることになります。終戦後養子に出されていたり、兄を戦争で亡くしていることから、壮絶な幼少期を送っていたのでは?と予想ができます。
藤田まことさんは刑事ドラマや時代劇などで多くの役を演じています。身長はどのくらいあるのでしょうか?藤田まことさんのイメージは、すらっとした長い足を持っている印象です。藤田まことさんの身長は「174 cm」です。すらっとしたスタイルですが高身長というほどではないですね。父の林太郎さんが所属していた一座で舞台デビュー後、藤田まことさんも父親と同じ道を歩むことになります。「藤田まこと」の芸名を名乗り、俳優としての人生をスタートしました。10代の終わりに上京し、歌手のかばん持ちをしながら、自分も歌手として活動をしていたそうです。
俳優としてのイメージが強い藤田まことさんですが、芸能活動のスタート時期は、歌手として活動をしていました。歌手のかばん持ちとして東京で働いていましたが、1年で大阪に帰ってしまいます。日本マーキュリーレコードでアルバイトをしながら、大阪で修行を積むことになります。日本マーキュリーレコード所属の歌手の地方巡業に前座歌手として参加をしていましたが、司会者としても仕事をしていたというデータがあります。
藤田まことさんと言えば、「はぐれ刑事 純情派」を頭に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?人情深い刑事を藤田まことさんが演じ、「罪を憎んで人を憎まず」などの名言も生まれた刑事シリーズの中でも記憶に残る作品と言えます。「はぐれ刑事」は17年間もファンから愛される名作で、藤田まことさん演じるノーネクタイに地味なスーツ姿の「安浦刑事(やっさん)」は、長きにわたり、日本の刑事ドラマを支えてきました。誰もが聞いたことがあるオープニング曲は超有名。懐かしい人は、もう一度見返して見るのもいいかもしれません。藤田まことさんの演技を堪能できる作品です。
「剣客商売」や「必殺仕置人」など、時代劇は藤田まことさんを語る上で欠かせないものとなっています。「必殺仕置人」としてスカウトされたのは、広島のキャバレーで働いていた時というびっくりエピソードもあります。プロデユーサーは「家庭に馴染む役者として、藤田まことをスカウトとした」とのちに語っているそうです。藤田まことさんは、時代劇コメディー「てなもんや三度笠」に出演しており、当時はコメディアンとして認知をされていたそうです。このことがスカウトのきっかけだったと言われています。「必殺シリーズ」はロングヒットを飛ばし、藤田まことさんは、「必殺シリーズ」と出会ったことで、俳優としての地位を確立することになります。
コメディアンだった藤田まことさん。藤田まことさんの殺陣はファンの間でどのような評判だったのでしょうか?殺陣とは演劇・映画・テレビドラマなどで、アクションシーンなどの演技を指す用語と言われています。藤田まことさんの殺陣は、素晴らしいという人もいれば、演技に気持ちがこもっていて、迫力がないとの厳しめの意見もあるようです。藤田まことさんは刑事ドラマで人情を演技するなど、感情を演出するのがうまく、殺陣を演出するのではなく、剣を扱っている人間の心情をうまく表現するのに長けているとの意見があります。何十年も殺陣の演技をしてきた藤田まことさんに対する尊敬の念を感じるコメントが溢れています。
俳優や歌手としての実力はもちろん、プライベートでは、かなり破天荒エピソードを持っている俳優さんです。結婚をするにあたり、結婚資金がなかったので、自分を担保に入れたり、「芸人は夢を売る商売。派手に遊ばな」と言い放ち、高級クラブで豪遊をしたという破天荒エピソードが残っています。渡辺プロダクション所属にしていた時は、社長よりも請求書の金額が高かったそうです。バブルが弾け、28億の負債を抱えたり、「だれかが飲ませてくれるなら、ずーっと飲み続けてるかもわかりません」など、大酒飲みの顔も持っています。
藤田さんは、2008年5月に食道がんの手術を受け同年10月に仕事復帰したが、2009年11月に慢性閉塞性肺疾患と診断され、出演予定だったドラマ『JIN-仁-』(TBS系)を降板していた。その後体調が回復し、今年1月に大阪市内で行われたナレーション収録の際には、完全復帰へ向けての意気込みを語っていたばかりだった。

多くの作品に出演し、時代劇や刑事ドラマに出演する俳優のお手本だった藤田まことさん。2010年2月16日に自宅で 突然吐血、翌日の2010年2月16日に亡くなりました。葬儀には約600名が参列するなど、多くの著名人が彼の死を嘆いたと言われています。必殺仕事人で共演をした京本政樹さんは、「あれだけ多くの代表作と、これだけ集まった方々をみて、やっぱり藤田さんは国民的ヒーローなんだなと思いました」とコメントしています。
2008年4月食道癌であることが判明しています。復帰後は『必殺仕事人2009』にレギュラー出演を果たしています。その後、慢性閉塞性肺疾患でドラマを降板。直接の死因は、大動脈瘤破裂によるものだったと言われています。ナレーションの仕事をしていた藤田まことさん。3月の完全復帰を予定していましたが、帰らぬ人となってしまいました。
多くの作品に出演し、ファンから愛された藤田まことさん。演技の勉強に藤田まことさんの作品を見ている俳優さんもちらほら。日本の名優は、作品の中で生き続けるはずです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/05/jpeg/20171205s00041000054000p_thum.jpg