Diiohvy0qfgy61wnpvrr

歌手

CATEGORY | 歌手

北島三郎の年収がヤバ杉内!自宅や年齢や本名は?馬が大活躍!

2018.03.30

北島三郎さんの年収が話題になっていますね。もうかなりの年齢ですが、北島三郎さんは今でも多くのファンがいる演歌界の大御所です。年収の高さは自宅が豪邸である事からも明らかです。北島三郎さんの年収や自宅の噂、年齢を調べてまとめました。

  1. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】プロフィール
  2. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】出演作品まとめ
  3. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】本名は?
  4. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】年齢は?
  5. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】自宅は?
  6. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】年収は?
  7. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】馬主としての評価は?
  8. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】どんな弟子がいる?
  9. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】家系図が話題?
  10. 【北島三郎の年収がヤバイ?自宅・年齢は?】最近は活動休止?
北島三郎(きたじまさぶろう)さんは演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家として活動しています。馬主としての顔も持っています。サブちゃんの愛称で親しまれています。北海道出身で、北島音楽事務所に所属しています。
北島さんは作曲家・船村徹門下出身です。門下生で作る「船村徹同門会」の名誉相談役を務めています。北島さんは演歌歌手として数々のヒット作品を生んでいます。特に「函館の女」などの女シリーズ、「兄弟仁義」などの任侠シリーズが有名です。
また俳優としても活動しています。
北島さんは俳優として数々の作品に出演しています。
北島さんは時代劇やヤクザものの映画への出演が多く「暴れん坊将軍」シリーズや「兄弟仁義」、「修羅の群れ」などにも出演しています。
最近では2015年に放送された「東京ウエストサイド物語」にも出演しました。
北島三郎は芸名で本名ではありません。北島三郎という名前は古風でよくある名前のため、本名だと思われる事が多いようですね。しかし北島三郎は本名ではないようです。北島さんの本名は大野穣(おおのみのる)です。
芸能人の中には活動内容によって本名と芸名を分ける人もいるようですね。しかし北島さんは本名で芸能活動をする事は殆どなく、本名が公の場で呼ばれる事は殆どありません。しかし北島さんは息子がいますから、息子の名前から本名が広く知られているようです。
北島さんは本名で活動する事は殆どありませんが、北島三郎以外にも名義があります。それは本名に近い、原譲二という名前です。本名の譲が使われていますね。これは作詞作曲時のペンネームとして使われています。
北島さんは年齢を重ねても人気のある演歌歌手です。しかし北島さんは年齢はだいぶ高齢の筈ですよね。北島さんの年齢について調べてみました。北島さんな生年月日を公開していますから、そこから年齢を割り出す事ができます。
北島さんは1936年10月4日生まれです。そのため年齢は、2018年3月時点で81歳です。かなりの年齢ですね。この年齢でもまだ現役の演歌歌手をしているのだから凄いですね。しかしさすがに年齢を感じる事もあるようで、最近はコンサートなどの体力の必要な仕事は控えているようです。
しかし年齢を重ねた今でも演歌界には大きな影響力を持っています。大御所とも言われていますね。ある程度の年齢を過ぎた頃からは歌手としてと言うより、作詞家、作曲家としての活動が多くなっています。
北島さんの自宅は大豪邸である事が知られています。八王子にあるようですね。部屋数はなんと36部屋もあるとの事です。何故36部屋なのかと言うと、北島三郎の三郎(36)という数字にかけているそうです。そんなこだわりが凄いですね。
また自宅にはテニスコートもあり、自宅裏の崖からは富士山も見る事ができると言われています。かなりの絶景と評判です。こんな素敵な景色を見る事が、創作のヒントになっているのかもしれませんね。
自宅に住んでいるのは北島さんの家族だけではなく、弟子たちも自宅に住まわせ、生活などの面倒を見ているようです。北島ファミリーの結束が高い理由が分かるエピソードですね。一度お邪魔してみたいものです。
北島さんは年収の金額を公にしていませんが、自宅の規模からも分かる通りかなりの年収である事が分かります。北島さんは演歌歌手としてレコードやCDが大ヒットしていますし、コンサートも好評です。
演歌歌手としての収入は純粋に歌だけではなく、関連グッツやテレビの出演料もあります。また馬主としても成功していますから、競馬の収入もかなりのものになるでしょう。演歌歌手の大御所はそうとうな高収入である事が分かります。
しかしその分、出費も大変そうですね。競走馬の維持費や自宅の維持費もかかりそうです。弟子たちの生活の面倒もそれなりに金額がかかるでしょう。ですがそれを差し引いても、かなりの財産がある事が伺えます。
北島さんは馬主としての顔も持っています。北島さんが馬主としての活動を始めたのは、先輩歌手だった春日八郎さんに勧められての事のようです。春日さんもまた馬主として活動をしていました。
競馬界としては、1963年以降、キタサンの冠号を持つ競走馬の所有者として知られています。2017年の有馬記念ではキタサンブラックが優勝しました。これはキタサンブラックにとっては最後の競馬でした。
有馬記念終了後の引退セレモニーでは、愛馬をたたえる「ありがとうキタサンブラック」を歌っています。地方競馬でもキタサンオーカンという名前の馬を所有しています。また川崎競馬場には北島さんが寄贈した実物大の模型、キタサンカワサキが展示されています。
北島さんが所属する北島音楽事務所はかつては北島さんの奥さんが社長を務めていましたが、今では北島さんの長男が社長を務めています。北島音楽事務所に所属しているのは北島さんだけではなく、他の演歌歌手が弟子として所属しています。
北島さんの弟子として、山口ひろみさん、北山たけしさん、大江裕さん、長井みつるさん、原田悠里さんがいます。他にも山本譲二さん、小金沢昇司さん、和田青児さんも弟子として所属していました。この3人は弟子としては既に独立していますが、今も弟子だった頃のように北島さんを慕っているようです。
北島さんの自宅は弟子の部屋もある事で有名ですね。北島さんの弟子は北島ファミリーとも呼ばれ、結束力が高い事で有名です。弟子は北島さんの付き人から始まるそうです。その中で認められると、弟子として北島さんのプロデュースの元デビューできると話があります。
北島さんについては、定期的に家系図が話題になりますね。その事から、北島さんの家系図を辿ると歴史上の人物にたどり着くとか、家系図の中に有名人が大勢いるとか、財閥の家系図に北島さんの名前がある、といった噂にも発展します。
北島さんの家系図について調べてみましたが、特に家系図が一般公開されているようではありませんでした。北島さんは演歌歌手として多くの弟子がいます。その弟子たちは北島ファミリーとも呼ばれています。
家系図について話題になるのは、弟子たちの北島ファミリーという呼び方が、家族関係にあると思わせるためかもしれません。北島さん自身は家系図が一般公開されるような家柄ではなく、普通の家庭で生まれ育っているようです。
北島さんは高齢ですから、最近は以前ほど精力的には活動していないようですね。体調不良という話もあり、多くのファンが心配しています。
今まで忙しく動き回っていましたかあ、この機会にゆっくり休んで欲しいですね。
そして早く復帰する事を願っています。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i1.wp.com/anincline.com/wp-content/uploads/2015/09/5034d0806bb1070543ab83a85ecc4230.png?fit=400%2C400