miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category俳優

役所広司の映画一覧おすすめ【渇き・忠臣蔵・うなぎ・広島・呉】

役所広司さんと言えば日本の映画界を代表する俳優の一人ですよね。役所広司さんは海外でも評価の高い俳優さんです。役所広司さんの出演映画の中で特におすすめの映画一覧をつくりました。一覧はどれもおすすめですから一度是非鑑賞してみてください。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】渇き。

「渇き。」は深町秋生による小説「果てしなき渇き」を原作とした映画です。渇きは2014年に公開されました。渇きは役所さんが主演を務めています。渇きの監督は中島哲也さんです。渇きはオープニング週末2日間で興行収入が1億を超え、動員数も8万人を超えるヒット作となりました。
渇きの原作は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞を受賞した作品です。受賞時のタイトルは「果てなき渇きに眼を覚まし」で、著者名も古川敦史(ふるかわあつし)名義になっていました。
渇きのストーリーは、元刑事で今は警備員をしている主人公がコンビニでの大量殺人を目撃した事から始まります。それから間もなく、主人公は元妻から行方不明になった娘の捜索を依頼されます。娘を捜索するうちに、主人公は娘が抱える闇を発見します。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】最後の忠臣蔵

最後の忠臣蔵は2010年に公開された映画です。最後の忠臣蔵は、ドラマや映画で何度も描かれた忠臣蔵の後日を描いています。最後の忠臣蔵はドラマ化もされています。忠臣蔵は人気のストーリーですよね。
最後の忠臣蔵の主演は役所広司さんと佐藤浩市さんのダブル主演でした。最後の忠臣蔵はストーリーもそうですが、このダブル主演も話題となりました。最後の忠臣蔵はワーナー・ブラザース映画の配給です。最後の忠臣蔵の興行収入は8億を超え、ヒット作となりました。
最後の忠臣蔵のストーリーは、赤穂事件から16年経った頃から始まります。赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門は事件の真実を後世に伝える事と遺族の援助のため、最後の遺族を探していました。ようやく遺族を見つけ、寺坂は浪士の十七回忌法要の場所へ向かいます。そこで寺坂はかつての盟友と再会します。それは討ち入り寸前に逃亡した瀬尾でした。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】うなぎ

うなぎは1997年に公開された映画です。うなぎは吉村昭の小説「闇にひらめく」を原作としています。うなぎは役所広司さんと清水美砂さんのダブル主演で公開されました。うなぎは第50回カンヌ国際映画祭はパルム・ドールを受賞した作品です。
うなぎは国内での評価も勿論たかく、うなぎで主演を務めた役所広司さんは国内の映画賞も数々受賞しています。うなぎはシネマ・ジャパネスクでは唯一の成功作品と言われています。それだけうなぎは高い評価を得ていました。
うなぎのストーリーはうなぎだけに心を開く中年男性の物語です。主人公はかつて妻に不倫され、その妻を殺害していました。それ以来人間不信になった主人公は、ペットであるうなぎだけを心の支えに生きてきました。そんな彼の元に、自らの境遇を嘆き自殺を図った女性が現れます。うなぎは2人の心の交流を描いています。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】広島が舞台「孤狼の血」

孤狼の血は広島を舞台にした映画です。広島を舞台にしたこの作品は、柚月裕子の小説を原作としています。原作も広島を舞台にしています。この作品の舞台は暴力団対策法が成立する前の広島です。
舞台となった広島はまだ暴力団対策法が成立していませんでしたから、広島で暴力団を制圧するのは今よりずっと大変でした。勿論それは広島に限らず、広島以外の地域でも同じでした。
作者の柚月裕子は広島出身かと思いましたが、広島出身ではなく岩手県出身でした。広島在住というわけではなく、同じ東北の山形県にすんでいるようです。何故広島を舞台にしたのか不思議ですが、それは作品を読めばわかる事になりそうです。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】呉市で目撃情報多数?

「孤狼の血」は広島を舞台にしていますから、撮影も広島県で行われました。撮影は広島県の呉市で行われていた、という話が有力です。今はSNS全盛期ですから、呉市内での目撃情報が次々と飛び交っていました。呉市は海上自衛隊の基地がある港町です。呉市は港など撮影映えするスポットがありますから、呉市は撮影に適しているのでしょう。
撮影が目撃された呉市の場所は、呉市水道局や呉市中通商店街、呉市神山神社での目撃情報もあります。しかし呉市神山神社で目撃されたのは撮影ではなく、撮影の無事を祈願したのではと言われています。
他、呉市内のパチンコ屋さんでも目撃されています。呉市の三和ストアやスリムハウス近辺でも目撃情報があり、呉市在住の人達は撮影の様子にわくわくしていたようですね。呉市在住の人がうらやましいです。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】Shall we ダンス?

「Shall we ダンス?」は役所さんの名前を有名にした映画作品の1つです。社交ダンスブームを巻き起こした作品でもありますね。役所広司さんと草刈民代さんのダブル主演で製作されました。
「Shall we ダンス?」は興行収入16億円を超えるヒット作品で、海外でも高い評価を得ました。日本アカデミー賞を独占した話題作品でもあります。また2004年にはピーター・チェルソム監督によってリメイク映画が作られました。
主人公は優しい妻と反抗期にさしかかったがかわいい娘のいるごく普通の会社員です。しかし彼はどこか虚しさを抱えていました。そんな中、会社帰りの電車からダンス教室を見つけます。窓辺には美しい女性が佇んでいました。彼女に惹かれ、主人公は社交ダンスを習い始めます。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】失楽園

「失楽園」は1997年に公開された映画です。渡辺淳一の小説を原作としています。興行収入23億円を超えるヒット作品となりました。日本アカデミー賞、報知映画賞、キネマ旬報賞を受賞しています。
出版社の敏腕編集者である主人公は、突然の部署異動を命じられます。そこは今までの部署とは違う第一線から引いた部署でした。彼はある日、友人が務めるカルチャーセンターで美しい女性講師に出会います。主人公は彼女に一目ぼれし、アプローチをします。2人の許されない恋の始まりでした。
失楽園はドラマ化もされた作品です。ドラマもかなり話題になりました。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】THE 有頂天ホテル

「THE 有頂天ホテル」は2006年に公開された映画です。三谷幸喜監督作品です。役所さんはこの映画でも主演を務めています。
公開から1週間で100万人近い動員があった超ヒット作品です。
役所さんはシリアスなイメージでしたが、コメディもできる万能役者だったのですね。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】関ヶ原

「関ヶ原」は2017年に公開された映画作品です。
司馬遼太郎原作の歴史小説を原作としています。岡田准一さん、役所広司さんなど、豪華キャストが話題になりました。
役所さんは徳川家康役で出演しています。重要な役ですね。

【役所広司おすすめ出演映画一覧】三度目の殺人

「三度目の殺人」は2017年公開の映画作品です。最近の映画は小説や漫画などを原作としている事が多いのですが、この三度目の殺人は是枝裕和監督によるオリジナル脚本でした。第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門への正式出品作品でもあります。
勝利する事にこだわる弁護士である重盛は、やむを得ない理由で30年前にも前科がある殺人事件の容疑者の弁護を担当する事になりました。彼の犯行は残虐で、このままでは死刑は逃れられません。
重盛はどうにかして無期懲役に持ち込もうとしますが、容疑者は面会の度に供述を変えてきます。独自の調査の結果、重盛は容疑者と被害者の娘の接点にたどり着きます。
▽こちらもどうぞ▽