Idyayjxxzjbxziytdmjm

歌手

CATEGORY | 歌手

石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?

2018.08.31

『まちぶせ』が大ヒットした人気アイドル石川ひとみさん。病気の噂もありますが、現在はどうされているのでしょう。結婚は?旦那(夫)・子供は?アルバム『くるみ割り人形』『まちぶせ』の大ヒットから37年が経過し、石川ひとみさんの病気や旦那との今現在をみていきましょう。

  1. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】プロフィールは?
  2. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】初のオリジナルアルバムは『くるみ割り人形』
  3. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】患った病気とは?
  4. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】急に病気が発症した?
  5. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】患った病気は偏見が多い
  6. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】結婚した旦那(夫)さんは?
  7. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】病気は完治したのか?
  8. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】子供はいる?
  9. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】現在の活動は?
  10. 【石川ひとみの現在!まちぶせが代表曲で旦那(夫)と子供がいる?病気の噂?】今後は?
【石川ひとみさんのプロフィール】[歌手・女優][出身地 愛知県海部郡美和町][血液型 B型][本名 山田ひとみ(旧姓・石川)]1978年5月25日、『右向け右』でデビューし石川ひとみさん。デビューしてすぐ、全国ビューティ・オール学生協会から「'78マスコット・ガール」に選ばれるなど、可愛らしいルックスと歌唱力が高く評価されました。
10枚目のシングル『まちぶせ』が大ヒットした石川ひとみさんは、念願の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしました。
1978年のシングル『右向け右』で歌手デビューした石川ひとみさんですが、セカンドシングル『くるみ割り人形』は、初の石川ひとみさんのオリジナルアルバムのタイトルにもなっています。アルバム『くるみ割り人形』は、『くるみ割り人形』をはじめ、『アリスのひとりごと』や『サムシング・フォーリン・ダウン』や『雨に誘われて』などが収録されています。
『くるみ割り人形』は、少女と大人の間にいる心境を歌った曲が多く収録されていて、『くるみ割り人形』は、アルバムのタイトルになったほど、石川ひとみさんにとって思い入れのある曲のようで、闘病を経て復帰されてからもよく番組で歌われてたようです。アルバム『くるみ割り人形』を歌われた石川ひとみさんは、かわらず素敵な歌声で観客を魅了しました。アルバム『くるみ割り人形』は現在も販売されている人気アルバムです。
石川ひとみさんは、1987年にB型肝炎という病気を発症されています。病気を発症する一年前から二年前にB型肝炎という病気のキャリアであることを知らさせていたといいます。キャリアとは、肝臓の中にウィルスがすみつく持続的な感染です。でも、そのときは、何も症状がなく、キャリアでも発症しない人もいるので軽く考えていたという石川ひとみさん。
石川ひとみさんの感染経路は母子感染ということでしたが、病院では、まず、血が出たときは周りへの感性予防に自分で血を拭き取るようにということと、定期的な血液検査をするように伝えられただけで、仕事のいそがしさもあり、血液検査にもなかなかいけないでいたそうです。
B型肝炎という病気のキャリアと知らされながら、軽く考えていたという石川ひとみさん。まさか自分が発症するなどとは思わずにいたある朝、激しい目まいで動けなくなったそうです。それは、初のミュージカルの舞台を控えてした時期で、疲れからくるめまいとされて1泊の入院予定であったそうですが、その際の血液検査で、「このまま生活するのは難しいほど悪くなっている」といわれ、すぐに入院することになったそうです。
初舞台を控えた石川ひとみさんは、入院にたいしてすぐに返事ができなかったといいます。しかし、「仕事が大切ですか?命が大切ですか?」と医師に言われ、事の重大さに気づいた石川ひとみさんは、断腸の思いで舞台を降板したといいます。思い返すと、この舞台の稽古がつらく、「朝がこなければいいのに」と思うこともあったといい、病気のせいもあったのではと語っています。
石川ひとみさんが患ったB型肝炎という病気は、感染する病気ということから、いろいろな偏見があり、石川ひとみさんもつらい思いをされたといいます。B型肝炎という病気は、血液を通して感染する病気ですが、咳やくしゃみで感染すると誤解している人も多くいます。また、握手でもうつると誤解している人もいて、石川ひとみさんも誤解をとくことには苦労したそうです。
B型肝炎という病気の感染について、周囲に「こういうことは大丈夫」という話をしながら、相手に不快な思いをさせないように気をつけていたという石川ひとみさん。自分が病気というだけでもつらいのに、周囲への気遣いなどもあり苦労も多かったことでしょう。石川ひとみさんは、B型肝炎という病気に感染して、病気と上手に付き合うことを常に考えていたといいます。
石川ひとみさんは、1993年に結婚されて現在、旦那(夫)さんがいます。石川ひとみさんの夫になった方は、ミュージシャン、作曲家、アレンジャー、音楽プロデューサーである山田直毅さんという方です。現在の夫である山田直毅さんは、石川ひとみさんがデビューしてから、バックバンドのリーダーとして活躍されていたといい、石川ひとみさんの音楽プロデュースや作曲、編曲もされていたようです。
石川ひとみさんが病気のときは、現在の夫の山田直毅さんとはまだ結婚はされていなかったようですが、いつもと変わらない態度で接してくれて石川ひとみさんの支えになってくれたといいます。現在の夫である山田直毅さんは、石川ひとみさんが芸能界に入ってからずっとサポートされてきたようです。
B型肝炎という病気で長い闘病生活があった石川ひとみさんですが、退院された現在は、数値も安定していて普通の生活を送ることができているといいます。しかし、B型肝炎という病気はいくら自分で再発しないように気をつけていてもいつ発症するか予測がつかない病気だということで、石川ひとみさんも、「怖いけど、腹をくくった」と語っています。
現在は、薬も一切飲まなくてもいいくらいに回復したという石川ひとみさん。勇気を出して新しいことにチャレンジしようと始めた水泳教室でも、子供たちにうつしてはいけないと、水泳教室をやめてほしいといわれたりして、立ち直れないほど辛い思いをしたといいます。しかし、病気に振り回させるのではなく、病気よりも優位に立って病気と共存していこうと決意されたようです。
石川ひとみさんと山田直毅さんの間に子供さんはいるのでしょうか。調べたところ、結婚された石川ひとみさんと山田直毅さんには子供さんはいないようです。現在58歳という年齢であるので、今後も子供さんのことは考えていないと思われます。結婚しても子供さんを持たないのは、病気のこともあるのかもしれませんね。
子供を持たないと選んだということは、石川ひとみさんと山田直毅さんは、お互いに、この人さえいれば幸せと思えた相手に出会えて結婚できたということで、とても幸せなことですね。結婚して24年が経過した現在もとても仲良しということです。
闘病を経験されて復帰をされてからは、体調をみながらの活動で目立った活動はないようですが、2014年にベストアルバム『ゴールデン☆アイドル 石川ひとみ』をリリースされています。また、エイズや肝炎に関する講演などもされているようです。
病気というのは、なってみないと本当の辛さはわかりませんし、甘くみてしまいがちなので、石川ひとみさんのように病気の経験者からの話は一番病気を身近に感じられ、偏見も少なくできるのではないでしょうか。石川ひとみさんだからこそ出来る活動をされているようですね。
長い闘病生活の末、見事に復帰された石川ひとみさん。現在58歳になるようですが、昔のままの可愛らしさのようです。今後はファンのためにも体の様子をみながら活動を続けて欲しいですね。石川ひとみさんの活動に注目です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BdRQNoWnSSK/?tagged=%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%BF