Xz5gvb0pk5x6abqeztk6

女優

CATEGORY | 女優

榊原郁恵の水着ビキニ画像図鑑【胸のカップ数やスリーサイズは?】

2018.03.28

現在も女優、タレントとして活躍されている榊原郁恵さん。過去にみせたグラビアでのビキニ、水着画像は現代でも人気があるそうです。そんな、榊原郁恵さんの過去のビキニ、水着画像とともに、スリーサイズや胸のカップ数などの榊原郁恵さんに関する情報をご紹介します。

  1. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】榊原郁恵
  2. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】榊原郁恵の歴史
  3. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】アイドル、榊原郁恵
  4. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】女優、タレント、榊原郁恵
  5. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】水着姿がイヤだった
  6. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】榊原郁恵のスリーサイズ
  7. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】カップ数は?
  8. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】インパクトのある胸
  9. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】榊原郁恵のスタイル
  10. 【榊原郁恵の過去のビキニ、水着画像】現代にはないものを
引用: https://i2.wp.com/milkpan.link/wp-content/uploads/2017/01/2050449_201503230774953001427091329c-e1484844366358.jpg?fit=336%2C340&ssl=1
現在でもアイドル時代の面影を残す榊原郁恵さん。その当時の榊原郁恵さんの姿にやられてしまった男性は多かったようです。現代の高精細な写真ではないにも関わらず、人々の目を盗んでいたその姿は、今になっても衰えることがありません。むしろ、現在のグラビアアイドルたちには出せない美しさがあります。そんな、榊原郁恵さんの愛らしい水着画像とスリーサイズやカップ数などの榊原郁恵さんに関する情報をお届けします。それではまず、榊原郁恵さんがどのように活躍されてきたかをご紹介します。
引用: http://ureshi-natsukashi.com/index.php?plugin=ref&page=%BA%E7%B8%B6%B0%EA%B7%C3&src=sakakibaraikue5.jpg
引用: http://blog-imgs-72.fc2.com/t/a/k/takaoy1/fc2blog_20150201052404ad6.jpg
榊原郁恵さんは神奈川県川崎市の出身です。本名は渡辺郁恵。旧姓は榊原。4歳年上にお姉さんがいらっしゃいます。3歳のときに厚木市に引越され、厚木市立の小、中学校に通われました。高校は神奈川県立厚木東高校に入学されましたが、芸能界デビューをきっかけに上京したため、芸能コースのあった堀越高等学校を転校されたようです。その後、無事に卒業されています。中学時代はテニス部に所属し、厚木東高校では人形浄瑠璃部に所属していたようです。
引用: https://data.jisin.jp/contents_img/095/161/95161.jpeg
高校2年のときにホリプロが主催する「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝され、芸能界入りを果たしました。このイベントのサブタイトルが「1億円のスター」であったために、榊原郁恵さんのキャッチフレーズは「1億円のシンデレラ」となりました。また、榊原郁恵さんの芸名を名づけるにあたって「月刊明星」でアイディアを募集されたこともあったようです。「厚木郁恵」や「原郁恵」、「原恵」などの候補が出たようですが、「読みにくい名前だが、一度覚えたら忘れないだろう」という理由で本名のままになったようです。
引用: http://myfavoritetopics.net/wp-content/uploads/2016/06/sakakibaraikue-300x300.jpg
高校在学中に上京し、アイドルとしての活動を開始。1976年からCMや映画に出演し、1977年には歌手としての活動も開始されました。1978年にはドラマ「ナッキーはつむじ風」に出演するなど、数多くのドラマにも出演されました。また、雑誌「明星」、「平凡」、「近代映画」の表紙を飾り、ブロマイドの月間売上が17回も1位を獲得した記録を残されました。
引用: http://makoto-torendo.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_b22/makoto-torendo/m_E6A68AE58E9FE98381E681B5.jpg
歌手としての活躍でも人気を集め、7枚目のシングル「夏のお嬢さん」では、オリコンチャートで最高11位という記録を残しました。「NHK紅白歌合戦」には1978年から6回連続で出場され、紅組トップバッターを2回勤められたようです。そんな、歌手としての活動は1986年までで、以降は作品を残すことはありませんでした。
引用: http://magocsi-news.net/wp-content/uploads/2015/10/2005545_201201110907875001326255590c.jpg
1981年に上演された舞台「ピーター・パン」は榊原郁恵さんが座長となった最初の公演だったようです。また、ホリプロが初めて手がけたミュージカルであり、不安視する声があったそうです。しかし、ピーター・パンを演じる榊原郁恵さんが、見事にスリムな体型を作り上げ、その姿が美しく、演技も非常に評価されて、人気を集めることになったようです。その成果が認められ、ゴールデン・アロー賞演劇賞、大賞を受賞されました。
引用: http://yumeijinhensachi.com/wp-content/uploads/2017/11/01-4-238x300.jpg
1987年の渡辺徹さんとの結婚にともない「ピーター・パン」を降板。結婚後は主婦タレントとして情報・園芸番組にて活躍。バラエティー番組では、「ものまね王座決定戦」の総合司会を13年間務めるなどの活動を行われていました。現在でも、榊原郁恵さんはテレビ番組、ドラマ、舞台で活躍をみせておられます。
引用: http://cimgbbs.sp.findfriends.jp/bin/image.php?src=comment&id=86056&pict=523&mode=original
上記画像のように、はち切れんばかりの肉感のあるボディーで人々の注目を集めていた榊原郁恵さん。しかし、本人はこの水着姿になるのが嫌だったようです。その当時、スレンダーなアイドルばかりだったために、榊原郁恵さんに合う水着が少なかったらしく、マイクロミニのビキニやホルターネックの水着しか合わなかったそうです。そのため、隠したいはずの胸が水着から漏れてしまっていたことに対し不満を持っていたようです。
引用: https://i.pinimg.com/originals/d2/3d/c0/d23dc04618d5a83819da74a96e33fccd.jpg
しかし、本人は嫌でも、みる側としては、ありがたいものだったでしょうね。合うサイズの水着があったならここまでの人気にはならなかったかもしれません。ある意味、芸能界における試練のようなものだったのかもしれませんね。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-9f-9d/m_m_smiths/folder/894957/58/33638858/img_7?1301155147
榊原郁恵さんの身長は155cm、スリーサイズはバスト85cm、ウエスト63cm、ヒップは88cmです。身長は低くもなく、高くもない女性の平均サイズでありますね。しかし、スリーサイズのバスト85cmは大きいといえるでしょう。スリーサイズのヒップもなかなかの大きさであります。この身長でこのスリーサイズであれば、健康的で肉感のあるスタイルが予想できますね。
引用: http://tomsbbs-hp.com/70S/sakakibara/next/sakakibaraikue45.jpg
引用: https://i.pinimg.com/originals/40/2a/44/402a44203ed0220a16b5dc06c2cea694.jpg
榊原郁恵さんの胸のカップ数は、ネット上ではDカップといわれているようです。スリーサイズから予想しても、おそらく胸のカップ数はDカップだといえるので、妥当であるといえるでしょう。スリーサイズから考えずとも、パッとみで、普通よりは大きいカップ数であると感じることができますね。現代では、とんでもないバストの女性が、芸能界に存在していますが、この当時では少なく、榊原郁恵さんの胸は大きいといわれて当然でありました。
引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0309/users/2/3/3/7/you4146e-img900x1200-1505106344wxibzw18640.jpg&dc=1&sr.fs=20000
引用: https://pbs.twimg.com/media/CthpterVIAAMBZ8.jpg
上記画像のように胸をアップにした榊原郁恵さんのビキニ姿はとてもインパクトがあります。決して巨大であるというわけではないのですが、肌の色と合わせると非常にセクシーでエロスを感じさせられます。痩せ型の女性の胸まわりもいいものですが、肉感ある健康的な榊原郁恵さんの胸も実にいいものであります。身体のことを考えるなら、こういったスタイルが一番でしょうね。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170514/11/ganbaema/0f/79/j/o0310047413936992267.jpg?caw=800
引用: https://i.pinimg.com/originals/6f/2a/14/6f2a14c778e23a88c5f1daee8df181b6.jpg
スリーサイズ、カップ数から肉感のあるスタイルがみえてきます。現代では細身の女性の需要が高いようですが、少し心配になるスタイルでありますよね。それからすると、榊原郁恵さんのスタイルはとても健康的であります。安心して眺めることができる上、ハツラツとした様子をみせてくれますので、非常に元気になれます。誰の目にもやさしいスタイルといえるでしょう。
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0403/users/6/3/4/4/arigatou_gozaimasu2006-img1200x900-1521377092h1uefy11128.jpg
榊原郁恵さんのスタイルでどうしても目立つのは、胸でありますが、一番の魅力は全体的な柔らかさでしょう。お顔からして、カドがなく、肉感のあるスタイルは愛くるしく、暖かくもあります。当時の榊原郁恵さんにやられてしまった人々の一番の理由は、この温かみにあるでしょう。もうひとつは間違いなく、上記画像のような小さな水着からこぼれ落ちそうな胸でしょうね。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-43-a1/pennyrain1965/folder/1411445/44/58065444/img_0?1234779895
榊原郁恵さんが残した数々のビキニ姿はいかがだったでしょうか?どれも、見ごたえあるものだったのではないかと思います。その中でも、やはり笑顔で写っている画像が一番、榊原郁恵さんの魅力を引き出していると感じます。
引用: http://newsimg.music-book.jp/news_images/images/1128903/large.jpg?1484717516
スレンダーな女性が人気な現代でも、この魅力は伝わってくることでしょう。この魅力を感じたならば、ムチムチとしてかわいい昭和アイドルである榊原郁恵さんの暖かいスマイルに癒されてみてはいかがでしょうか?そうすれば、きっと、現在の榊原郁恵さんのスマイルの魅力にも気づけるはずです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BXpkmKplML0/?tagged=%E6%A6%8A%E5%8E%9F%E9%83%81%E6%81%B5