Xsbpnxwkppxsrtb3vxl1

モデル

CATEGORY | モデル

熊江琉唯の水着ビキニ画像図鑑【脚の長さは?胸のカップ数は?】

2018.03.25

モデル、タレント、グラビアアイドルとして活躍している熊江琉唯さん。とても美しいスタイルの持ち主で水着、ビキニ姿の画像が注目を集めています。そんな、熊江琉唯さんの高画質な水着、ビキニ画像と共に熊江琉唯さんに関する情報をまとめてご紹介します。

  1. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯
  2. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯の歴史
  3. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】モデル、タレント熊江琉唯
  4. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】レースクイーン時代
  5. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】グラビアアイドル、熊江琉唯
  6. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯の脚
  7. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯の高身長、スリーサイズ
  8. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯のカップ数
  9. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】熊江琉唯の写真集
  10. 【熊江琉唯の高画質な水着、ビキニ画像】美しき肢体
テレビ番組「PON!」でお天気お姉さんを担当するなど、グラビアアイドルとしてだけではない活躍をみせる熊江琉唯さん。なんといっても、9頭身でスタイル抜群なそのお姿が見所ですよね。各メディアで取り上げられるそのスタイルの水着、グラビア画像はネットでも注目を集めております。それでは、熊江琉唯さんの水着、グラビア、インスタ画像と共に熊江琉唯さんに関する情報をお届けいたします。
熊江琉唯さんは中国四川の出身で、現在は日本に帰化しておられます。9歳まで中国で育った熊江琉唯さんは、中国語が堪能で、バラエティー番組「人気者になろう!」の中で中国語を披露されました。また、中国語講師もされているそうです。
アニメや漫画が好きでイラスト、デザイン画を描いたり、洋服を作成するなどの趣味を持たれているそうです。そのイラスト画などをSNSで公開することもあります。他にも、UFOなどの超常現象などにも興味があるようです。梅雨の時期に塞ぎこみがちになる心を、アジサイで和ませているといった一面もあるそうです。
高校時代から9頭身というスタイルを活かし、モデル業を始められたそうです。大学に入学してからは、本格的な活動をされたようです。2015年に日テレジェニック2015候補生として「次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう!」にレギュラー出演されました。そして、日テレジェニック2015に選出されて、イメージDVD「琉璃色タイム」をリリースされました。
2016年には東京ガールズコレクション公式ランニングチーム「TOKYO GIRLS RUN」5期生に選出されました。同年に情報バラエティ番組「PON!」のお天気お姉さんの月曜日担当レギュラーを務められました。また、この年に「TOKYO GIRLS RUN」のメンバーとして軽井沢ハーフマラソンに出走して、人生初の21キロマラソンを完走しました。さらに、「2017年度三愛水着楽園イメージガール」に選ばれるといった、大活躍の年でした。
引用: http://kamiyan.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_f65/kamiyan/2-7ad96.jpg
ワンダーフェスティバル2015冬で「レーシングミクサポーターズ2015」の新メンバーとして登場し、同年の「SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキット」にてレースクイーンとしてデビューされました。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20150822/22/gza154rza/fe/54/j/o0402060213403698001.jpg
上記画像がレースクイン時代の熊江琉唯さんの全身を捉えた一枚であります。とんでもないですよね。衣装もすごいですが、画像に収まらないくらいの9頭身スタイル。ただでさえお顔が小さいのに、さらにミニマムにみえます。熊江琉唯さんのお姿をみるためにレース会場に集まった方は多かったでしょうね。
引用: http://kasu-min.com/wp-content/uploads/2016/05/kumae.jpg
衣装には十分な色気がありますが、どちらかというとアイドル的な衣装であるといえるでしょう。アニメや漫画が好きな熊江琉唯さんですので、この衣装を着ることはとてもテンションが上がったでしょうね。
引用: https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20161212/2082875_201612120102651001481538599c.jpg
レースクイーン時にもみせた色気は、グラビアアイドルとしての活動で全てをさらけ出すことになりました。「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」などのグラビアで熊江琉唯さんを知った方も多かったのではないでしょうか?グラビアモデルは皆すごくセクシーで目を盗まれてしまいますが、熊江琉唯さんの場合、フォルムだけでも人を惹きつけるものがあります。
引用: http://entamegirl.net/wp-content/uploads/2017/06/7782d9f72cb111e4f049d9b940baf6b9.jpg
中国生まれの熊江琉唯さんですので、少し日本人離れしたお顔をされています。そこがとてもセクシーで、9頭身のスタイルをみなくても、お顔だけで十分な魅力を伝えてくださいます。どこを取っても捨てるところのない、洗練されたグラビアアイドルが熊江琉唯さんだということですね。2017年に「月刊ランナーズ」の年間モデルに決定したことが発表されましたので、グラビアアイドルである熊江琉唯さんをまだまだ眺めることができます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CMX9kcbUcAAHUqA.jpg
9頭身というスタイルを決定づけているのが、熊江琉唯さんの脚です。写真や画像ではよく見切れてしまう脚なのですが、それがもったいないと思えるほどに脚が長く、美しいです。熊江琉唯さんの脚をみるならば、グラビアや写真集が適切ですが、動く脚をみたいならマラソンされたときの映像などでしょうね。動くメカニズムでさえ、想像することが難しい熊江琉唯さんの脚の美しい動きを是非ともご覧になって頂きたい。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CNvOSTtUwAAreCI.jpg
引用: https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20161212/2082875_201612120102762001481538599c.jpg
この美しいスタイルの身長は172cm、スリーサイズはバスト86cm、ウエスト61cm、ヒップ84cmです。おや、意外としっかりとした体つきのようですね。スリーサイズのバストもヒップも90cmを越えていませんし、ウエスト61cmはモデルやグラビアアイドルの中では少し太めに感じます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CMX9j-9UsAEP7hF.jpg:large
しかし、このスリーサイズは健康的な女性のスタイルといえるでしょう。身長172cmということを考えると、ウエストの太さは当然だと思われます。華奢な日本人女性との違いといえるでしょうね。この高身長とスリーサイズによって、みてハッとするお姿になっているようですね。願っても手にいえれらない高身長とスリーサイズはみるだけで心をくすぐります。
引用: http://storage.mantan-web.jp/images/2016/07/13/20160713dog00m200023000c/001_size5.jpg
スリーサイズからある程度想像できるとは思いますが、大きいとはいえないカップ数だと思われます。実際のところのカップ数はどうなのか調べてみると、公表はされていないようです。ネット上での推測のカップ数はC~Dといわれているようです。
引用: http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f1-88/bonbontaiya/folder/1551238/35/65563135/img_0_m?1451962653
スリーサイズからみてこのあたりで間違いないと思われますが、なぜか、Eカップというカップ数が広められているようです。あまりに美しすぎる熊江琉唯さんのスタイルにやられて、ネット上のカップ数の判断まで狂っているようですね。
引用: https://kzm91989.com/wp-content/uploads/2016/11/Cfl9R45UMAAp8jw.jpg
熊江琉唯さんの写真集をみるのにはそれ相応の覚悟がいるでしょう。女性、男性問わず連続して映し出される、熊江琉唯さんのお姿を、そのままみては蜂の巣にされてしまうでしょう。写真集の高画質な絵を見る前にインスタグラムの画像などをみて置くことをオススメします。ハイレベルな写真集は後にとっておきましょう。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20151222/04/naohimayahoocojp/5a/53/j/o0683102413518196269.jpg
アップで上半身を写した写真であれば、ウエストまわりの太さのおかげで目を休めることができると思われます。間違っても顔に注目して写真集の絵をみるべきではないでしょう。やられてしまいます。それらの準備体操ができたら、写真集でよくみることができる熊江琉唯さんの脚線美を眺めても、耐え抜くことができるでしょう。
グラビア、写真集で芸術ともいえるお姿を披露してくださる熊江琉唯さん。ウエストやそれに類するカップ数は弱点ともいえるところではありますが、それさえ鑑賞するためには必要な要素であります。まさにみる者のことを考え抜かれた芸術であるといえるでしょう。
引用: https://storage.mainichikirei.jp/images/2017/09/23/20170923dog00m100004000c/027_size6.jpg
現在でも熊江琉唯さんの芸術を映し出した作品は作成され続けています。ということは、今以上の芸術作品が誕生することが有り得るということですね。とても恐ろしい未来がそこには待っていることでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/mizsuho170920011_TP_V1.jpg