Qkud3mfdr1tsngbfirhv

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

夏の終わりを感じる瞬間あるある【切ない】【いつ頃?】【画像あり】

2018.05.09

夏の終わりはいつも切ない気持ちになりませんか?景色の色合いや販売されている食べ物などで夏の終わりを感じとることができますが、今回は切ない夏の終わりあるあるからおすすめの曲まで紹介していきます。素敵な画像も沢山あるのでぜひチェックしてみてください!

  1. 夏の終わりとは?いつ頃?
  2. 【切ない夏の終わり】あるある①秋の匂い
  3. 【切ない夏の終わり】あるある②雲と空の高さ
  4. 【切ない夏の終わり】あるある③蝉の声が減る
  5. 【切ない夏の終わり】あるある④24時間テレビ
  6. 【切ない夏の終わり】あるある⑤夏物セール
  7. 【切ない夏の終わり】あるある⑥秋のフルーツが出てきた
  8. 【切ない夏の終わり】画像と季語
  9. 【切ない夏の終わり】おすすめ曲①
  10. 【切ない夏の終わり】おすすめ曲②
  11. 【切ない夏の終わり】おすすめ曲③
  12. 【切ない夏の終わり】おすすめ曲④
  13. 夏の終わりについてのまとめ
夏の終わりと言いますがいつ頃のことを指すのでしょうか?気象庁の予報用語では9月から11月が秋と言われています。全国で夏の終わりをいつ感じるかので多少の違いはありますが、大体は8月下旬から9月上旬が多いみたいです。やはり南国でもある沖縄県は遅い時期に感じるという検証結果が出ています。また季語でもある鈴虫やコオロギで秋を感じる方もいます。歌や言葉でも感じることができるのでぜひ今年はいつごろから分かるのかを気にしてみてください。
少し暑さも落ち着き出して湿度が上がってくると秋の匂いを感じますよね!上手く言葉では説明できないのですが、夏にあった青々とした緑の匂いや、熱せられたコンクリートの匂いとは違い少し寂しくさせるような不思議な匂いです。
夏が終わりかけるとグッと空が高くなります。夏の間は大きくて分厚い雲だった夏の空とは違い、薄くて引っ張ったような長い雲を見て秋を感じる人が多いです。画像だけでも少し切ない気持ちになりますよね。秋は夕日も赤くて美しいですが、いつも悲しくなります。空気の冷たさから透き通ったように見えるのでぜひチェックしてみてください。
夏には人の声をかき消す程に一生懸命鳴いていた蝉も短い命を終えます。蝉がいなくなると一気に静かになり鈴虫が鳴きはじめます。鈴虫は秋の季語としても使われていますが、一気に秋を感じさせてくれますよね。静けさの中から聞こえる小さな鳴き声は風情があります。切ない気持ちになる秋の夜にピッタリな音です。
夏の終わりかけに放送されているといったら「24時間テレビ」ですよね!この言葉を聞いたら夏の終わりの雰囲気を連想する方も多いと思います!豪華な芸能人たちが24時間テレビに出演し続けるというだけあって毎年人気です。定番曲でもあるスバルは印象的ですよね!毎年のチャリTシャツも可愛いです。
夏の終わりかけになると夏物のセールが始まりますよね!この言葉を聞くとウキウキする反面で、もうすぐ気温が下がって夏物が着れなくなるのかと悲しくなります。夏に販売されていたトレンドアイテムもこの時期から一気に安くなります。気温的にはまだまだ暑いですが、秋物も販売しはじめるのでファッションに敏感な方はもう秋服を集め始めます。
夏に見られるスイカなどから、季語にも入っている柿や梨に代わっていると夏の終わりを感じられますよね!鮮やかな緑から秋の空にも似たオレンジや茶色っぽいフルーツが増えます。コンビニではおでんも販売が開始されます。秋は暑さも落ち着き美味しいものが沢山あるので食欲が湧きますよね!
夏の終わりの象徴とも言える赤い夕陽と高い空の画像です。夏の終わりを感じるあるあるにもありましたが、今にも消えそうな薄くて長い雲が特集です。雲オレンジの光が美しいですよね!蝉の鳴き声が無くなり急に静かな夜になります。秋の季語にもあるサンマも美味しい季節になります。
一部だけ紅葉になっている森の画像です。青々としていた夏の森も綺麗ですが、風情のある秋の森も素敵です。徐々に葉の色が染まり鮮やかな色になっていく様子も楽しめますよね!まだ夏の暑さも少し残っているので葉っぱは多く残っていますが色づき始めています。
秋の季語でもあるトンボの画像です。まだ夏のような青々とした葉っぱに乗っています。綺麗なオレンジの夕日とトンボを見たら秋をグッと感じられますよね。とても美しいコントラストで写真を撮りたくなります。とんぼが飛びだすと徐々に秋の花である彼岸花なども咲き出します。赤の夕日とマッチした色合いは素敵ですよね。
お盆を過ぎるとどこからともなくやってくるミズクラゲ。季語でもあるクラゲが増殖すると海にも入れなくなり海の家も徐々に静けさを増していきます。もう少し遅い時期に出てきてくれたら嬉しいのですが、夏の終わりらしい風物詩ですよね。
甲子園の決勝戦も夏の終わりを連想させる言葉ですよね。決勝戦にもなると接戦が続き毎年かなり楽しめます。甲子園球児が見せる感動的な試合はいつまでも印象に残りますね。言葉では言い表せないほどの悔しそうな涙はこっちまで泣きそうになります。
夏のイメージがある花火ですが、残りやすい線香花火は夏の終わりを感じさせてくれます。小さな彼岸花のような火花はとても美しく切ない気持ちになりますよね。ポタっと落ちて辺りが真っ暗になってしまう雰囲気も夏の終わりらしくて大好きです。
田舎では夏の終わりになるとこのような光景を多く目にします。夏の間太陽をたっぷりと浴びた稲を刈って干しているのです。緑一面だった田んぼも黄金色の稲の束で埋め尽くされます。水分が無くなり緑から黄金色に変わる稲は夏の終わりの風物詩です。稲の良い香りも広がるのでぜひ散策してみてください。
夏の終わりを感じられる最後の画像は夏の季語でもあるひまわりの枯れた姿です。夏には真っ直ぐ元気に咲いていたひまわりも秋が近づくとこのように枯れていきます。太かった茎や葉っぱも細くなり美しかった緑色も無くなります。秋の空と枯れたひまわりがとても美しいですよね。少し切ない気持ちになる画像ですが、日本ならではの四季を満喫させてくれる素敵な風景です。
長い間ずっと愛されているケツメイシの【夏の思い出】です。いつ聴いてもいい曲ですよね。夏真っ只中だけではなくて夏の終わりにも聞きたくなります。かなり前に発売された曲ですが、夏になると必ず流れていて聞くたびに甘くて切ない思い出に浸れる名曲です。
男女ともに高い人気を誇るダンス&ボーカルグループAAAの【風に薫る夏の記憶】です。タイトルだけでもすでに夏の終わりを歌った曲だという事がわかりますよね。過去の甘酸っぱい記憶を思い出しているMVは素敵です。メンバーの優しい歌声は切なさを感じる秋にピッタリな曲です。歌詞も素敵なのでチェックしてみてください!
月9ドラマ「恋仲」の主題歌として使われた家入レオさんの【君がくれた夏】です。歌詞はひと夏の恋の思い出と後悔について書かれています。家入レオさんの切ない歌声がこの曲にピッタリですよね。夏の終わりに聞きたい一曲となっているのでぜひチェックしてみてください。
夏の終わりに聴きたい曲として多くの指示を集めているのは、ZONEのsecret Base~君がくれたもの~です。夏の終わりになると必ずどこかで流れている曲ですよね。夏の終わりを感じさせる言葉をたくさん入れた歌詞は印象的ですよね!ドラマやアニメの主題歌としても使用されていた曲です。
夏の終わりについてのあるあるや、夏の終わりを連想させる言葉が入った歌や画像などについて紹介してきましたがどうでしたか?かなり暑さも落ち着き全ての景色が寒さを帯びるので少し寂しい気持ちにもなりますが四季を感じられるのは素晴らしいですよね。ぜひ今年は夏の終わりを感じてみてください。