Jmsmsatvkgh0frbjxma3

メイク

CATEGORY | メイク

化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説【完全保存版】

2018.08.12

メイクには必須の化粧下地。アイテムの選び方一つで大きく仕上がりも変わってきますが、正しい使い方や塗り方など本当に合っているのか分からないですよね。そこで今回は初心者でも分かる化粧下地の選び方から、使い方・塗り方まで完璧に分かる記事を紹介します!

  1. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】初めに!化粧下地の必要性とは?
  2. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】化粧下地の選び方乾燥肌
  3. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】乾燥肌ベース!RMKメイクアップベース
  4. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】乾燥肌におすすめ!プリマヴィスタ
  5. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】オイリー肌
  6. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】オイリー肌におすすめ!プリマヴィスタ
  7. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】オイリー肌におすすめ!セザンヌ
  8. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】混合肌
  9. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】混合肌向け!センサーベース
  10. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】化粧下地の塗り方・使い方
  11. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】塗り方・使い方①化粧下地を手の甲に乗せる
  12. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】塗り方・使い方②顔の5か所に塗る
  13. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】塗り方・使い方③まんべんなく伸ばす
  14. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】塗り方・使い方④スポンジを使って馴染ませる
  15. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】塗り方・使い方④手で馴染ませる
  16. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】注意!スポンジ・パフNGも!
  17. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】動画で確認してみよう!
  18. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】下地用のメイクブラシも!
  19. 【化粧下地の塗り方・選び方・使い方を徹底解説】まとめ

化粧下地の意味:①肌を守る

メイクを始める前に化粧水や乳液で肌を整えますよね?その後に直接ファンデーションを塗ってしまうと毛穴や肌内部に入りこんでしまいます。ブラシやパフで叩き込むとさらに奥に…。またそのまま塗ると紫外線や乾燥なども防ぐことが出来ずシワやシミの原因にも。若いうちには分かりませんが将来大きな差となって返ってきます。

化粧下地の意味:②フィット感を高める

化粧下地には肌の凹凸を消してファンデーションと密着させてくれる効果があります。仕上がりや持ちが違うのでぜひやって欲しい工程です。

化粧下地の意味:③化粧崩れを防ぐ

肌には様々なタイプがありオイリー肌の方は特に化粧崩れを起こしやすいです。家を出る前までは綺麗でも昼過ぎになると鼻やおでこ周辺が脂っぽくなったり…。メイク直ししようにもドロドロに崩れたメイクを元通りにするのは至難の業です。

化粧下地の意味:④メイクをオフしやすくする

化粧下地を使うことでメイクを落とす時が楽になります。使っていないと毎日ゴシゴシ洗うことになるので肌が傷んでしまい乾燥に繋がります。クレンジング剤は強い成分なのでできるだけ1回で綺麗に落としきることがベストです!
乾燥肌の特徴は肌に水分が少なく潤いが足りない状態。スポンジやパフ・ブラシなどでファンデーションを塗ろうにも全体の乾燥が酷く、白い粉をふくこともあり肌が突っ張ります。そんな乾燥肌の方におすすめな化粧下地は保湿成分が配合されているアイテム!テクチャーもみずみずしい物を選ぶと乾燥肌の方でもスルスル塗ることができます。スポンジやパフ・ブラシを使うとせっかくの保湿成分が奪われてしまうので指で塗るのがおすすめです。
乾燥肌の方におすすめしたい化粧下地はRMKメイクアップベースです。30mlで3,780円ですが幅広い年齢層から愛されているアイテムですよ。乳液のようなテクスチャーで、とにかく乾燥を防ぎたいというかた向けです!保湿成分を増やすとどうしてもカバー力に欠けますが、部分用下地を組み合わせることでカバーできます。
口コミでも評価の高いプリマヴィスタ カサつき・粉吹き防止化粧下地です。朝から夕方までしっかりと乾燥を防いでくれる高保湿ラッピング処方!保湿の代表成分であるグリセリンとヒアルロン酸が配合されているので美容液のような仕上がりです。紫外線対策もしっかりとしてくれるので安心ですよ!
オイリー肌の特徴は皮脂の分泌量が多くテカテカなりやすい状態です。肌トラブルが起こりやすいとされているオイリー肌ですが、普段のケアと化粧下地でかなり改善することができます!おすすめのアイテムはオイルフリーのものです!
乾燥肌に続きオイリー肌でも高評価を得たのはプリマヴィスタの化粧下地です。今回は皮脂崩れ防止下地バージョン。雑誌などでも数多く特集されていて優秀なアイテムとして広く知られています。皮脂吸着成分が配合されているので1日中化粧崩れの心配なし!保湿成分も入っているので余分な皮脂の分泌を防ぎます。パフなどを使って更に密着させましょう!
プチプラで幅広い年齢層から愛されているセザンヌの皮脂テカリ防止下地!セザンヌは30mlで648円とかなり安いですが、その効果はプリマヴィスタや数々の有名アイテムにも引けを取らないほど!伸びがいいのでセザンヌの方が好きだと言うかたも多いぐらいです!セザンヌはサラサラのテクスチャーですがしっかりと皮脂分泌を防ぎ夕方まで持続します!セザンヌは薬局でも買えるのでぜひチェックしてみてください!
混合肌の特徴はTゾーンはテカリやすいのに頬は乾燥しているなど部分によって肌質に違いがあります。日本人はこのタイプが多いと言われていて混合肌にあった化粧下地を選ぶことが大事です!
脂っぽい部分にはセザンヌの化粧下地、乾燥にはRMKと使い分けるのもいいですが、混合肌におすすめしたいのはマキアージュのドラマティックセンサーベースUVです。この化粧下地は水分と皮脂バランスを自動でコントロールしてくれる優れものです!小鼻の脂がかなり出る人にはセザンヌと組み合わせれば最強!肌にも優しいので厚塗り感もなくナチュラルな仕上がりになります。
おすすめの下地を紹介した後は正しい塗り方を紹介していきます。化粧下地を塗る前にしっかりと保湿をして肌を整えておいてください。日焼けが気になる方はこの時点で日焼け止めクリームを薄く塗り油分をテッシュオフしてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/45/af/59/45af592559194d19e0a1faf739848be4.jpg
量はパール1個分程です。パール1個分の量を出したら人差し指・中指を使ってぐるぐると円を描くように混ぜます。手の甲に乗せることで体温と馴染み塗りやすくなりますよ!大体このぐらいの量ですが少なすぎて全然足りないという方は少し量を増やしてもOKです!でも多すぎると崩れる原因になるのでこの画像を基本として考えてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/1b/19/d01b19496933a3004808d5de2212e52a.jpg
このように両頬・おでこ・鼻・顎の5か所です。かなり少なく感じますが薄く伸ばすことで綺麗な仕上がりになるので大丈夫ですよ!ポンポンと置いていってください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0f/05/a1/0f05a1f070ba8cafa0c5af6ad21e4454.jpg
化粧下地を置いた場所から指を使ってまんべんなく伸ばします。小鼻やキワなども塗り残しが無いようにしてくださいね!
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/de/d5/17ded552e84d19b6eecacbfcace30e82.jpg
スポンジを使って顔全部の化粧下地を馴染ませていきます。小鼻などのオイリーになりやすい部分はとくに丁寧に行ってください!下地が馴染み乾いた事を確認したら完成です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/b8/f4/00b8f46f7dfa16c5e15179561d0eb870.jpg
スポンジやパフを使わない場合は手で包み込むように馴染ませてください。しっとりと体温を伝えるようにすると綺麗な仕上がりになります。ここが綺麗にできるとファンデーションも綺麗にのり、今っぽいツヤ肌が作れます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c9/4a/2f/c94a2f02f42dcd7c8ceed758b0394033.jpg
種類によってはスポンジやパフではなくて指塗りだけで仕上げた方が良い場合もあります。乾燥肌の方に合った化粧下地は乳液のような保湿タイプが多いのですがそのようなサラサラとしたテクスチャーの場合指塗りがおすすめです。
この動画はスポンジやパフ・ブラシを使っていない化粧下地の塗り方です。文で分かりにくかった方はぜひ参考にしてみてください。
指塗りやスポンジが基本ですが下地塗りにも使えるブラシも販売しています。どうしても綺麗にできない方はブラシを試してみるのもアリですよ!下地用のブラシは肌にも優しいので傷付ける心配はないです。
化粧下地について紹介してきましたが、どうでしたか?夕方には必ず崩れているという方はぜひ化粧下地を見直してみてください。メイク直しの手間も減るのでおすすめですよ!