Rye6fnllcbzyq3xn6ydr

グルメ

CATEGORY | グルメ

秋の魚料理おすすめ10選!美味しいレシピもあるよ!【今が旬】

2018.03.20

旬な秋の魚を使った料理が食べたい!でも作り方が分からないとお困りではありませんか。今回は、旬な秋の魚7種類のおすすめ料理をご紹介します。焼いたり揚げたり煮つけたり、そして鍋にして食べたり、秋の魚は少し工夫すれば様々な食べ方があります。レシピと共にご覧ください。

  1. 秋の魚【おすすめの旬な魚7種類】
  2. 秋の魚【鯵(アジ)】
  3. 秋の魚【秋刀魚(サンマ)】
  4. 秋の魚【鰹(カツオ)】
  5. 秋の魚【鮪(マグロ)】
  6. 秋の魚【鯖(サバ)】
  7. 秋の魚【鮭(サケ)】
  8. 秋の魚料理【鰯(イワシ)】
  9. 秋の魚料理おすすめ10選【美味しい料理とレシピを紹介】
  10. 秋の魚料理おすすめ10選①
  11. 秋の魚料理おすすめ10選②
  12. 秋の魚料理おすすめ10選③
  13. 秋の魚料理おすすめ10選④
  14. 秋の魚料理おすすめ10選⑤
  15. 秋の魚料理おすすめ10選⑥
  16. 秋の魚料理おすすめ10選⑦
  17. 秋の魚料理おすすめ10選⑧
  18. 秋の魚料理おすすめ10選⑨
  19. 秋の魚料理おすすめ10選⑩
  20. 秋の魚【旬で美味しい料理を食べよう】
引用: https://images.unsplash.com/photo-1475332363216-323c9b7f1e81?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=08d6bfe7e5ac8d5f1d08dc88a8b39960&auto=format&fit=crop&w=1491&q=80
秋に旬をむかえる魚は数多くありますが、今回は7種類の旬な魚をご紹介します。釣り方や煮つけなど定番料理のレシピもあわせてご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/e9/9c/34e99c9751c9d8728c755c9ba3e1f7d1.jpg
食卓に上ることが多いアジは、手ごろな魚として日本人に愛されています。揚げても焼いても、そして煮つけにしても美味しいので料理しやすい魚です。

名前の由来

「味が良い」から鯵(アジ)という説が最も有力です。また魚偏に参と書く理由も「美味しくて参ってしまう」に由来すると言われています。

アジの釣り方

アジは夏から秋にかけて旬な魚です。沖エリアの釣り入門者にも最適であるため、女性やファミリー層にも人気の魚です。また堤防からも狙えるため、沖釣りでは1年中狙える人気の魚です。

旬なアジの定番料理【アジフライ】

引用: https://i.pinimg.com/564x/f0/19/d9/f019d99e406998d54db705d88442ac27.jpg
サクサクとした触感が楽しめる「アジフライ」は定番料理と言えるでしょう。最近では既におろしてあるアジを購入することができるので、簡単な下ごしらえをするだけで食べることができます。美味しいアジフライのレシピを簡単にご紹介します。さらに詳しくレシピを知りたい人は、東京ガスが運営する「ウチコト」をご覧ください。
おろしたアジに塩とショウガ汁をふってラップをし、冷蔵庫に20分程度入れます。冷蔵庫から取りだしたら水気を拭き、コショウをふってフライ衣をつけます。揚げ油を180℃くらいになったら、フライ衣を付けたアジを入れます。キツネ色になるまで揚げたら完成です。お好みや千切りにしたキャベツを添えれば、美味しいアジフライの完成です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/49/0a/c1/490ac1bdb82369a67e368e489b0a95cf.jpg
秋の旬な魚と言えば「秋刀魚(サンマ)」を想像する人は多いでしょう。サンマは秋の味覚を代表する魚です。毎年、サンマの漁獲量がニュースになるほど秋を象徴する食材です。落語でも「目黒のさんま」という噺があるほど、昔から親しまれている魚です。

名前の由来

「細長い魚」だからサンマとなった説と、「大きな群れ」を意味する「サワンマ」が語源とする2つの説がありますが、どちらが正しいのか詳しくは分かっていません。また「秋刀魚」と漢字表記する由来は、「秋に獲れる刀のような形をした魚」というのが有力視されています。

サンマの釣り方

サンマは群れで行動する魚です。北海道まで行くと大きなサンマを釣ることができますが、関東や瀬戸内など小型のサンマならば全国各地で釣ることができます。サンマの釣り方は、サビキ釣り(枝状に5~0本の針がついた竿)を用いります。サンマは強烈な引きが醍醐味なので、子供や初心者でも釣りを楽しめる魚です。

旬なサンマの定番料理【サンマの塩焼き】

引用: https://i.pinimg.com/564x/26/6e/77/266e77773b97cae424bf2743a90de681.jpg
サンマと言えば「塩焼き」をイメージする人が多いでしょう。「サンマの塩焼き」のレシピは、真水で洗い水気を拭き取ります。その後、両面に塩をふり放置しておきます。再び水気を拭き取り片面ずつ焼いていきます。レシピの詳しい内容は、「ウチコト」サイトをご覧ください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/af/ef/2eafeffaa155bb14a8b37a32958826fd.jpg
太平洋沿岸に生息する「鰹(カツオ)」は、日本人にとっても馴染み深い魚です。年初めて水揚げされたカツオを「初鰹(ハツガツオ)」と言い、江戸時代では高値で鵜理解されるほど重宝されました。秋に水揚げされるカツオを「戻り鰹(モドリガツオ)」と言い、低い海水温を泳いできたので脂が乗っています。初鰹と戻り鰹では味が異なるため、2つの味を楽しめうのがカツオの魅力です。

名前の由来

日本では古くからカツオを食していたと考えられる書物が残っています。カツオの名前の由来は「堅魚(カタウオ)」に由来されており、漢字にも「堅」の文字が残り「鰹」と表記されるようになりました。

カツオの釣り方

沖合まで行かないとカツオを釣ることができません。そのため初心者には向かない魚でしょう。カツオの釣り方には大木分けて2つあり、伝統的なカッタクリ(疑似餌を付けて手釣りする方法)と、リールザオを使った吹き流しの仕掛けで狙う方法です。

旬なカツオの定番料理【カツオのたたき】

引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/15/cf/9c15cf99f125c92c91a34e3bebe792d1.jpg
カツオの定番料理と言えば「カツオのたたき」です。作り方はカツオを皮目を下にして金串をうち、直火で焼けば完成です。すでに調理済みのたたきを購入することができるので、食材に登場することも多いでしょう。「カツオのたたき」の詳しいレシピは、下記リンクを参照してください。
寿司の定番ネタといえば「鮪(マグロ)」です。脂が乗り美味しいマグロは、日本人に愛されている魚です。年初めに築地で行われる初セリでは、一番上等なマグロを競り落とすことが話題となります。また、青森県の大間で執れるマグロは高値が付くことで有名です。

名前の由来

「目が大きい」から「マグロ(眼黒)」となった説が有力です。また「鮪」という漢字になった理由は、外側を描くように回遊する魚(有は外という意味を含む)のため「鮪」となったと言われています。

マグロの釣り方

マグロは釣りの対象として親しまれており、そのため多くの仕掛けがありますが、多くの場合沖合での一本釣りが定番です。

旬なマグロの定番料理【トマトとマグロの冷製パスタ】

引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/58/03/7c58039f4dfe8a5703ead5d36b273f92.jpg
刺身などそのまま食べるイメージがあるマグロですが、イタリアン風の「トマトとマグロの冷製パスタ」はいかがでしょうか。マグロを1センチ角に切り、醤油を全体にかけて漬けます。大きめのボウルに漬け込んだマグロを入れ、オリーブオイルを少しずつ加えて馴染ませます。その間に茹でたパスタを冷水に入れ、最後にマグロとパスタを器に盛り付ければ完成です。
「秋鯖(サバ)」と言われるほど、鯖(サバ)は秋が旬な魚です。揚げたりソテーにしたり、煮つけにもできるサバはレシピが豊富な魚です。和食はもちろん、洋風の料理にも合わせられるので毎日違った料理を楽しむことができます。

名前の由来

サバは古くから食されており、「小さい歯」を持っているから「サバ」と呼ばれるようになりました。年をごまかす時に使う「サバを読む」は、サバが大量に獲れ数もろくに数えないで売りさばいたのが語源と言われています。

サバの釣り方

サバは北海道以南で釣れる魚です。堤防からサビキ仕掛けで狙うことができるので、初心者でも釣ることができます。

旬なサバの定番料理【サバの味噌煮】

引用: https://i.pinimg.com/564x/fa/fc/0b/fafc0bf8ec9a3dd7b68164f0df1cb53f.jpg
煮つけ料理の定番でもある「サバの味噌煮」は、サバを焼いてから煮つける料理です。焼いたサバを鍋に入れ、煮立った後に落し蓋をします。煮汁をかけながらとろみがつくまで煮つけるのがポイントです。詳しい煮つけ料理「サバの味噌煮」のレシピは、下記リンクを参照してください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/2d/9f/9c2d9f65a5b0cc3379649323a1c925ec.jpg
秋に旬をむかえる鮭(サケ)は、焼いても揚げても、煮つけても美味しいため料理しやすい魚です。北海道の先住民・アイヌ民族は、サケを神の魚(カムイチェプ)として崇め食料としていました。

名前の由来

サケ(またはシャケ)は、アイヌ語の「夏の食べ物」を表す言葉「サクイベ(またはシャケンベ)」が語源と言われています。身近な魚ですが、名前の由来については詳しいことが分かっていない面もあります。

サケの釣り方

サケが釣れるのは、海や川など多岐にわたります。しかし、サケ釣りが行えるのは「有効利用調査」実地時のみです。「有効利用調査」とは、乱獲を防ぐために魚の個体を調査することです。サケを釣れことができるのは、決まった時期や場所など厳しいルールが敷かれているので、事前に確認してから釣りましょう。

旬なサケの定番料理【秋サケの西京焼き】

引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/2e/f6/3a2ef6315f8f7f96baaf286469d8b424.jpg
西京味噌と煮つけることでコクが出る「秋サケ(シャケ)の西京焼き」は、サケの定番料理です、サケに味噌をつけ、調味料と共に煮つけます。旬な野菜と盛り付けすれば、秋を目で楽しむこともでき2度楽しめる美味しい料理です。詳しいレシピは下記のリンクを参照してください。
引用: https://i2.wp.com/inshokujuku.jp/wp-content/uploads/2016/11/iwashi.jpg?fit=600%2C300
群れで行動する鰯(イワシ)は、全国でも漁獲量が一番の魚です。小ぶりな「カタクチイワシ」は9月~1月が旬であり、大きめの「ウルメイワシ」は10月~2月が旬です。刺身や塩焼きで食べることが多いイワシは、食卓に上りやすい魚です。

名前の由来

イワシの名前の由来は諸説ありますが、陸に揚げるとすぐに弱って腐ってしまうため「よわし」が変化したというのが最も有力です。漢字に「弱」が当てられたのも納得がいきます。

イワシの釣り方

イワシは海釣り入門者に最適な魚です。堤防からサビキ釣りで狙えるため、子供や初心者にも釣ることができます。

旬なイワシの定番料理【イワシの刺身】

引用: https://i.pinimg.com/564x/f3/a4/ea/f3a4ea1d81d155fcef08a4890ebecd59.jpg
美味しいイワシを堪能するには、「イワシの刺身」が良いでしょう。イワシをさばけば食べることができるため簡単です。スーパーではすでにおろしたイワシを購入することができるので、簡単に美味しいイワシの刺身を食べることができます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1496886951268-3dcd336e467e?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=3a362ce49b75d1caf6d285f3bac68376&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ここからは、先ほどご紹介した秋の魚7種類を使った美味しい料理おすすめ10選をご紹介します。簡単ですがレシピもご紹介しますので、あわせてご覧ください。レシピの詳細は、それぞれの料理紹介の下に貼ってあるリンクページを参照してください。

アジの竜田揚げ

引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/bd/81/ddbd81cc73e75cb2f8b25f1a24dc23f3.jpg
アジをカラッと揚げて食べる「アジの竜田揚げ」は白いご飯にも合う美味しい料理です。ポイントは、腹骨をすいて小骨を抜くことです。この後に高温の油でアジを揚げましょう。竜田揚げの詳細なレシピは下記リンクを参照してください。

サンマとナスのマリネ

引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/0b/a9/e10ba9c0f3402150b705da5a73540861.jpg
焼いて食べるのが定番のサンマですが、マリネにすることでサンマ本来の味を楽しむことができます。洋風の料理にも合うサンマは、主食として食べることができますがサラダ風にして食べても美味しいですよ。レシピの詳細は下記のリンクを参照してください。

カツオの手こね寿司

引用: https://i.pinimg.com/564x/58/86/6b/58866b4714b4528f793a6a1948948c5f.jpg
カツオを寿司飯と混ぜ込むだけで作れる「カツオの手こね寿司」は、手軽に美味しい料理を作ることができます。白いご飯の代わりして食べても良いですし、お茶漬けをかけて食べれば2度美味しさを味わえます。

マグロとアボカドの春巻き

引用: https://i.pinimg.com/564x/51/eb/31/51eb316fb7267f77c3e7302cb360b122.jpg
マグロは刺身以外にも揚げたり煮つけたりすることもでき、以外にもレシピが豊富な魚です。「マグロとアボカドの春巻き」は、冷めても美味しいのでお弁当にも入れて楽しむことができます。アボカド以外の野菜を使って春巻きを作ることができるので、さまざまな味を楽しむことができるでしょう。

サバのソテー(カポータ風ソース)

引用: https://i.pinimg.com/564x/45/19/11/45191110d2e1a900ebc2f10e196613e7.jpg
サバの煮つけばかりで飽きてしまった人に「サバのソテー(カポータ風ソース)」はおすすめです。野菜たっぷり乗せ、風味豊かなソースをかければ新たな煮つけ料理を楽しむことができます。

サケ(シャケ)の揚げ魚としめじのおろし煮

引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic/image/2808/MainImage_DE1001660.jpg
刺身にしたり揚げたり、ホイール巻きなど煮つけたり調理法がワンパターンになりがちなサケ(シャケ)ですが、「シャケの揚げ魚としめじのおろし煮」でさっぱりとしたサケの味を楽しむのはいかがでしょうか。揚げたサケを煮つけたしめじや大根おろしと食べることで、体の中から温まることができます。詳しいレシピは下記のリンクを参照してください。

サケ(シャケ)とイクラの石狩風親子鍋

引用: http://www.moranbong.co.jp/files/topics/2493_ext_03_0_L.jpg
サケ(シャケ)を使ったおすすめ料理でもうひとつご紹介したいのが「サケ(シャケ)とイクラの石狩風親子鍋」です。豆腐やサケ、野菜を食べやすい大きさに切ったら、鍋によそうだけの簡単料理です。秋のみならず、肌寒い冬にも楽しむことができる鍋料理です。

イワシのレモンマリネ

引用: https://i.pinimg.com/564x/99/20/e3/9920e3e430b8e2cfff0f187121288031.jpg
イワシは和食料理の定番ですが、洋風料理にも合うのがポイントです。「イワシのレモンマリネ」は、手開きしたらあとは漬けておくだけで食べることができるお手頃料理です。前日に漬けておけば、翌日には食べろになっているので、ワインにも合いそうなおすすめ料理です。

イワシのつみれ鍋

引用: https://i.pinimg.com/564x/74/6b/82/746b8223e24191cfabce62309e60fa8e.jpg
イワシをたたき団子状にして鍋で食べる「イワシのつみれ鍋」は、鍋料理の定番です。イワシ以外の魚でも応用できる鍋料理なので、覚えておいて損はないでしょう。

海鮮おでん

引用: http://www.moranbong.co.jp/files/topics/1314_ext_03_0_L.jpg
「秋の魚料理を食べたい!でも、手間がかかる料理は」という人におすすめしたいのが「海鮮おでん」です。具剤を竹串に指し、煮つけるだけで美味しい鍋を食べることができます。旬な魚をその都度変えて楽しむことができるので、毎日食べても飽きが来ません。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1444402083409-18657faee931?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9af4979e609d8d04e327f7989f74c034&auto=format&fit=crop&w=1348&q=80
秋が旬な魚は、秋の季節に日本付近を南下あるいは北上してくるため、旬だと言われます。「鰹(カツオ)」のように「初鰹」と「戻り鰹」と異なる呼称がある魚以外にも、成長するごとに名前が変わる「出世魚」などがいます。日本は昔から魚を食しており、身近な存在であるからこそ、さまざまな名前が付いたのでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1500732917506-30dc38b6477f?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=107e345f2ccec9de0fe9da50382a1619&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ここでご紹介した7種類の魚以外にもたくさんあります。秋の魚は季節の訪れを教えてくれる以外にも、味覚で秋の訪れを教えてくれます。目で秋を楽しみながら、舌でも秋の味覚を堪能してみませんか。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1513271224036-f526ad664968?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=babb0d02148de13c07a6281f90fe52da&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
肌寒さを感じ始める秋は、焼いたり揚げたり煮つけたり、暖かい料理を好む季節でもあります。特に鍋料理は秋から冬にかけての定番料理で、鍋料理だけを見ても日本全国にはその土地特有のレシピが数多くあります。鍋料理は、寒さをしのいでくれるだけでなく、その土地の文化を垣間見ることができる料理です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501595091296-3aa970afb3ff?ixlib=rb-0.3.5&s=826cd60f8e1123a7158e4ff1f641befd&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
旬な秋の魚は洋風料理にも適しています。魚とオリーブオイルは特に相性が良いため、和風料理以外でも秋の魚を料理してみましょう。秋の訪れはまだまだ先ですが、秋の魚を使用した料理で今年の秋を堪能してみるのはいかがでしょう。今からレシピを見て作り方を学んでおきましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1471253794676-0f039a6aae9d?ixlib=rb-0.3.5&s=5968605029677b19072cbb40c00a4b95&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1515036918611-4b7f32b8406c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=0e7b36ce5db467a38441cc7239d470d5&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80