Uwnd00pclsrvlhfhrntf

ニュース

CATEGORY | ニュース

ホーキング博士が死去!死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?

2018.08.25

スティーヴン・ホーキング博士。『ホーキング宇宙を語る』という名著を書いた天才物理学者(AI?)として知られ、宇宙論等に多大な功績を残しました。そんなホーキング博士が死去したと報道されました。死去の原因は病気?病気の症状は?AI?ホーキング博士の情報まとめ。

  1. 【死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?AI?】スティーヴン・ホーキング博士とは?
  2. 【死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?AI?】スティーヴン・ホーキング博士の功績
  3. 【死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?AI?】スティーヴン・ホーキング博士の名言
  4. 【死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?AI?】スティーヴン・ホーキング博士の死去した原因
  5. 【死亡原因は病気?天才科学者が21世紀に警告?AI?】スティーブン・ホーキング博士の死去した原因まとめ
スティーブン・ホーキング博士をご存知ですか?「車イスの天才物理学者(科学者)」として名を馳せたイギリスの有名研究者であり、日本でも『ホーキング、宇宙を語る』『ホーキング、未来を語る』などの書籍がベストセラーとして愛され続けています。

ホーキング博士のプロフィール

スティーヴン・ホーキング博士は1942年にイギリス・オックスフォードで生まれ、学者一家の両親のもとで育ちます。お父さんが医者、お母さんが哲学・経済などの研究課程を修めている方で、ホーキング博士はその優秀な遺伝子をしっかり受け継いだといえるでしょう。
ちょうどその頃は第二次世界大戦の真っただ中。両親はロンドンのハイゲイトから疎開し、疎開先のオックスフォードでスティーヴン・ホーキング博士を産み育てます。
英才教育を施された結果、1959年に見事オックスフォード大学に合格し、物理や化学を中心とした学問領域を専攻するようになります。

ホーキング博士は天才物理学者(科学者)

スティーヴン・ホーキング博士はその後、ケンブリッジ大学院へ進学し研究を深める中、当時の交際相手だったジェーン・ワイルドと結婚します。1男1女をもうけましたが、1991年に離婚。1995年に看護師の女性と再婚するなど、私生活は色々と大変だったようです。
しかし、天才とは概してそういうものです。私生活は少々荒くても功績を残して居れば問題ありません。スティーヴン・ホーキング博士は物理学や宇宙という領域において、見事な成果を残していきました。
スティーヴン・ホーキング博士の研究で一番評価が高いのは「ブラックホールが素粒子を放出してその勢力を弱め、やがて爆発を起こして消滅する」という1974年のホーキング放射理論です。一般相対性理論の派生として研究を進めた結果に辿り着いた答えであり、今でも現代宇宙論の基礎となっている考え方の一つです。
また、専門領域で分かりにくい宇宙領域・物理領域のことを分かりやすく発信するコメンテーター・ライターとしての一面も持ち合わせており、主著『ホーキング、宇宙を語る』は全世界で1000万部以上、日本でも累計100万部を超えるベストセラーとなっています。

ホーキング博士の名言【宇宙論】

ホーキング博士は多くの名言を残しています。まず最初は宇宙に関する名言です。
自分の足元ではなく、空の星を見なさい。見ているものを理解し、なぜこの宇宙が存在するのかを考えること。探求心を忘れずに

ホーキング博士らしいコメントですね。「なぜ我々は宇宙という空間に存在するのか」という生命の根本に迫る真理と言えるでしょう。

私たちは、「地球上の生命は自然発生的に産み出された」と考えているので、地球以外の宇宙のどこかに生命が存在または誕生する可能性はあるでしょう。しかし、どこか他に知的生命体が存在とするとしても、果てしなく遠いところにいるに違いありません。近くにいるのであれば、もう地球に来ているでしょう。もし、地球に来ていれば、映画の『インデペンデンス・デイ』のようになるから、わかると思いますよ

ホーキング博士が宇宙人について語った名言です。宇宙の謎は深いですが、ホーキング博士は最期に何を考えたのでしょうか?

ホーキング博士の名言【物理学者(科学者)として】

ホーキング博士はサイエンス・ライターとして語り掛ける一面もありながら、学界で押しも押されぬ偉大な物理学者(科学者)であります。ホーキング博士は物理学者(科学者)として、どのようにお考えなのでしょうか?
子どもというのは、いろんな意味で最高の聞き手だと思っています。ためらわずに理由を聞こうとしますし、ごく自然に宇宙に興味を持っている。早い段階で興味を引きつければ、そういった子どもたちが、将来、科学者になるかもしれません

子供の頃のピュアな気持ちを持ち続けられた人だけが、真の一流としての成果を残せるのでしょう。ホーキング博士は変わり者として有名だったようですが、それくらい突き抜けてないと何かを成しえることができないということですね。

(「ガリレオとアインシュタインに会ったら、どんなことを伝えたいですか?」という質問への答え)ガリレオは、現代科学の何もかも知りたがるでしょうね。ガリレオであればすぐに理解できると思います。アインシュタインには、「ブラックホールについては間違いでしたね」と言うと思います

ホーキング博士は物理学者(科学者)ながら、ユーモアたっぷりの人柄であったことが知られています。そんなホーキング博士の人柄が垣間見える名言ですね。まあそれにしても、自分のブラックホールに対する理論への絶対的な自信が伺えます。

ホーキング博士の名言【21世紀の未来】

『ホーキング、未来を語る』という本が出されているように、ホーキング博士は積極的に未来についての提言や警告を発信してきました。
人類を危機に直面させる具体的な原因は「人工ウィルス、軍拡競争、核戦争、地球温暖化、加速器を使った素粒子の実験」

物理学者(科学者)として時代を前に進めつつも、それはややもすると世界を滅ぼすテクノロジーとして悪用されてしまうのではないか、というホーキング博士の危機感が垣間見える名言です。

人類はこれからも歩みを止めないし、引き返すこともしない。だから、科学の危険性をよく認識して、リスクをコントロールできるようにするべきなんだ。私は楽観的だから、人類にはそれができると信じているよ

ホーキング博士が夢見た平和な未来を実現するために、我々としても更に科学やテクノロジーに関心を持ち、適切に利用することが求められますね。

2018年3月4日。イギリス・ケンブリッジの自宅にて、スティーヴン・ホーキング博士が死去したと報じられました。享年76歳とのことですが、死去した原因は何だったのでしょうか?

死去の原因は病気?

ホーキング博士は実は学生時代にALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を患っており、今回はそれが死去した原因だと伝えられています。

永らく病気と闘っていた?

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は通常、発症して5~10年以内に死亡する難病なのですが、ホーキング博士の場合は1960年代に診断を受けてから、実に50年以上も元気に生きてこられたことになります。
ここ10年ほどは老衰も重なってだいぶ具合がよくなかったようですが、ここまで長く健康で生きてこられたのも、スティーヴン・ホーキング博士の類い稀なる生命力の証でしょうね。

病気で死去した日時は?

イギリスのガーディアン紙が伝えたところによると、2018年3月14日が死去の日時だということです。早朝に遺族が声明を出していることから、現地時間の夜明け前頃に息を引き取られたということになります。

病気で死去した場所は?

こちらもイギリスのガーディアン紙からの情報ですが、場所はケンブリッジの自宅だったと報じられています。研究場所としても思い出のあるケンブリッジで最期を迎え死去されたスティーヴン・ホーキング博士。幸せな一生だったのでしょうね。
偉大なる物理学者(科学者):スティーヴンホーキング博士の死去の原因、そして前段としてプロフィールや功績をまとめてみました。
『ホーキング、宇宙を語る』『ホーキング、未来を語る』は名著ですので、まだ読まれてない方はこの機会にぜひ購入を検討されてみてはいかがでしょうか!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmxyuWxhghY/?tagged=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8D%9A%E5%A3%AB