K8tsy1xgenvgo7gtixom

メイク

CATEGORY | メイク

魅力的なオトナ唇へ!上手な口紅の塗り方を徹底まとめ!【保存版】

2018.04.12

女性にとって今や口紅はおしゃれアイテムに欠かせないものとなっています。口紅の塗り方をきちんと知っておくと、よりきれいに見せることができるだけでなく、口紅自体の持ちもよくなっていきます。今回はそんな口紅の塗り方をマスターして、より魅力的な女性になりましょう。

  1. 【保存版】魅力的なオトナ唇へ!上手な口紅の塗り方を徹底まとめ!
  2. 【保存版】魅力的な唇を目指して口紅の塗り方をマスターしましょう
  3. 【保存版】上手な口紅の塗り方
  4. 【保存版】上手な口紅の選び方
  5. 【保存版】口紅は3種類!
  6. 【保存版】まとめ
魅力的なオトナの唇にしていくには、どのような口紅の塗り方をしていくとよいのでしょうか。 まずは、唇自体を日頃からリップで乾燥やひび割れを防ぐようにしっかりと保湿しておくことを心がけましょう。 口紅を塗る前の下準備が大切です。 そのやり方を紹介していきたいと思います。
より魅力的な唇を目指して、今から口紅の塗り方をご紹介していきます。
今から2つの口紅の塗り方を紹介していきます。 その時々のシチュエーションに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

上手な唇の保湿の仕方

1.まず、リップクリームで唇を塗ります。 リップクリームを塗ることで唇の乾燥を防ぐだけでなく、口紅を塗った時の仕上がりがよくなります。 2.コンシーラーで唇の口角をの色をカバーしていきます。 コンシーラーは、できるだけ明るい色を選ぶようにしましょう。 唇を保湿する際に、ラップで唇の周りを覆いかぶさるようにしてパックすると、より保湿が期待でき、唇に潤いを与えることができます。 ぜひ試してみてくださいね。

上品に仕上がる口紅の塗り方

今から紹介する口紅の塗り方は、パーティーなど上品に演出したいときにお勧めの塗り方です。
【用意するもの】 リップライナー 口紅 ティッシュ リップブラシ 【やり方】 1.ティッシュ1組を2枚に裂きます。 そのうちの1枚を軽く唇にあてて押さえます。 そして、唇表面の油分を押さえます。 2.リップライナーを使って、唇の輪郭をとり、全体を塗ります。 リップライナーを塗っておくと、口紅の持ちがよくなります。 3.リップブラシで口紅を上唇の口角から中央に向かって塗ります。 下唇も同様に行ってください。 きちんと感を出したいときには、リップブラシを使うのがお勧めです。 細かいところまできれいに塗ることはできます。 4.1で余ったティッシュを使い、唇を軽く押さえます。 このことで、唇と口紅を密着させることができます。 5.再び口紅を塗って完成です。

ナチュラルに仕上がる唇の塗り方

今から紹介する唇の塗り方は、ナチュラルに仕上げたいときの塗り方です。
【用意するもの】 リップライナー 口紅 ティッシュ 【やり方】 1.ティッシュ1組を2枚に裂きます。 そのうちの1枚を軽く唇にあてて押さえます。 そして、唇表面の油分を押さえます。 2.リップライナーを使って、唇の輪郭をとり、全体を塗ります。 リップライナーを塗っておくと、口紅の持ちがよくなります。 3.口紅を直接塗ってもいいですし、指で軽くたたくように唇にのせてください。 口紅を指でのせる時は、少しずつ、内側の中心になじませるようにすることがポイントです。
口紅を選ぶポイントとして大切なことは、自分の肌に合った色を選ぶということです。 色にもさまざまな種類があります。 一言で「ピンク」や「赤」といっても、薄いものから濃いものまで様々です。 数ある中から自分に合ういい色を選んでください。
ではここで、口紅の種類をご紹介いたします。 口紅には3種類あります。 使い方によって印象が変わってきますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

口紅

口紅は色持ちが比較的よく、唇と密着しやすいアイテムです。 色も様々ですので、お気に入りの一本が見つかるはずです。 また、発色もいいので、きちんとした印象を与えることができます。

リップグロス

リップグロスは、唇につやを出したり透明感を出すことができるアイテムです。 透明なものから色つきまであり、また、ラメやパールが入ったものまであり種類も豊富です。

リキッドリュージュ

口紅とリップグロスの中間くらいの液体状のリップアイテムです。 発色もいいですし、またつや感を出したいときにもおすすめです。 グロスでは物足りないなと感じたら、ぜひリキッドリュージュを試してみてください。
いかがでしたでしょうか。 女性にとって口紅は、雰囲気や印象を変えることができるアイテムです。 上手な口紅の塗り方をマスターして、より魅力的な女性を演出してみてください。