Ksxjnostpkipgj6fg5hv

歌手

CATEGORY | 歌手

Gacktの現在と昔の画像を徹底比較!整形しすぎて顔面崩壊の噂は?

2018.03.15

gacktさんの顔が昔と今で違うと話題になっています。一部では整形のし過ぎで顔が劣化したのではと言われていますが、本当に整形しているのでしょうか。gacktさんの昔と今の画像を比較し、顔の違い、整形疑惑について検証してみました。

  1. 【gacktの昔と現在】Gacktのプロフィール
  2. 【gacktの昔と現在】Gacktのスッピンが綺麗すぎると話題
  3. 【gacktの昔と現在】Gacktは整形してる?
  4. 【gacktの昔と現在】Gacktは二重整形してる?
  5. 【gacktの昔と現在】Gacktは切開法で二重を手に入れた?
  6. 【gacktの昔と現在】自然と二重になる事もある
  7. 【gacktの昔と現在】Gacktのフェイスラインが変わってる?
  8. 【gacktの昔と現在】Gacktはフェイスラインを整形してる?
  9. 【gacktの昔と現在】Gacktのフェイスラインはトレーニングによるもの?
  10. 【gacktの昔と現在】Gacktの顔は劣化してる?
Gacktさんは1973年7月4日生まれのシンガーソングライター、俳優です。沖縄県出身で、神威楽斗(かむいがくと)名義での活動もあります。本名は最近まで非公開で神威楽斗が本名ではと言われていましたが、現在は本名が大城ガクトである事が分かっています。
Gacktさんは幼少の頃からピアノを習っていました。その後ドラムも始め、学校卒業後は水商売やスタジオ音響の仕事をしながら音楽を続け、バンド「Cains feel」を結成しました。その後MALICE MIZER加入のため上京し、1995年から2代目ボーカルとして活動しています。1999年にはMALICE MIZERを脱退しましたが、その後も大規模なコンサートに出演するなど、人気を持っていました。
ビジュアル系と呼ばれる外見から気難しそうな印象を受けるGacktさんですが、バラエティ番組などではひょうきんな人柄を見せる事もあり、またファンサービスがいい事でも有名です。ツイッターやインスタなどのSNSでも彼の人柄を知る事ができます。
Gacktさんはビジュアル系のシンガーソングライターとして、普段からメイクをしている事でも有名です。以前はメイクをする男性は珍しい存在でしたが、今ではそうでもなくなりましたね。Gacktさんは自身のインスタでスッピン顔を公開しています。そのスッピン顔が綺麗すぎると話題になっています。
確かに綺麗です!Gacktさんは1974年生まれですから、2018年3月時点で44歳です。Gacktさんのスッピン顔はとても40代半ばには見えません。Gacktさんは自宅にトレーニングジムを置いて徹底的に体を鍛えています。美しいスッピンのために肌の手入れも欠かしていないと自身のSNSで発信しています。
Gacktさんのスッピンは男性からも好評で、鍛え上げた体と共に男性ファンが多くいる事もGacktさんの特徴です。
Gacktさんに整形の噂が立っています。確かにGacktさんは整った顔立ちをしていますから、整形だと思う人がいるかもしれません。Gacktさんは最近まで本名を公開していませんでしたから、整形含めて色々と推測する声も多くありました。
本当にGacktさんは整形しているのでしょうか。昔の画像と今の画像を見ると、確かに目元が違って見えます。今の方が目がシャープで、二重のラインがはっきりしているように見えます。
Gacktさんはメイクをしていますから、メイクによって目元の印象は大きく変わります。しかし最近Gacktさんはシャワー後のスッピン画像も公開しています。公開されたスッピン画像をみても、二重のラインははっきりしています。
Gacktさんのパッチリ二重は整形によるものでしょうか。パッチリ二重のための整形方法は主に2種類あります。
一つは埋没法と呼ばれるものです。埋没法は極細の糸をまぶたに埋め込み、二重のラインを作る整形方法です。まぶたを切らずにできる方法のため術後の痛みや腫れが少なく、アイテープ感覚で受けられる人気の整形方法です。しかし糸が取れる事もあり、完璧な整形手術ではありません。
もう一つは切開法と呼ばれています。これは名前の通り、まぶたを切開しそのラインで二重を作ります。この施術は切開時に余分な脂肪や皮膚も取り除くことができ、より理想の目元に近づける事が可能です。切開するため術後の痛みや腫れは埋没法より強めですが、ほぼ永久的に二重を維持できます。
Gacktさんが整形で二重を手に入れているとしたら、埋没法と切開法どちらを利用しているのでしょうか。
埋没法も切開法もどちらも術後腫れが落ち着いた後は見た目に大きな差はありません。Gacktさんならもし受けるとしたら一流と呼ばれる腕のいい医師に手術を依頼するでしょうから、仕上がりに差はなさそうです。
Gacktさんは完璧主義な性格で知られていますから、糸が取れるリスクのある埋没法より、ほぼ永久的に整形効果が続く切開法を選ぶ可能性が高いです。
しかし整形に頼らずとも、自力でパッチリ二重になる事もあります。ダイエットなどでまぶたの脂肪が落ちると、目元がすっきりして奥にあった二重のラインが前面に出るケースもあります。痩せると目が大きくなると言われているのは主にこれが理由です。
Gacktさんの昔の写真を見ると、純粋な一重というわけではなさそうです。まぶたにラインは確認できますので、奥二重かラインが薄めの二重だった可能性があります。
Gacktさんは日々トレーニングでいわゆる【パーフェクトボディ】と呼ばれる体をキープしています。食事も専属シェフに作らせているとの事ですから、トレーニングを重ねるうちに自然とまぶたの脂肪も落ちて、くっきり二重になった可能性も高いです。
Gacktさんの昔の画像と現在の画像を比べてみると、フェイスラインが現在の画像の方がすっきりとして見えます。フェイスラインはメイクで影をつける事でシャープに見せる事ができます。また、画像の光の加減で変わって見える事があります。
しかし目元のように形まで変える事はできません。実際に会ったら分かる事が多いですし、画像でそう見せるのも限界があります。またGacktさんはスッピン画像もありますから、フェイスラインをメイクで誤魔化すのは限界があります。
Gacktさんのフェイスラインは整形によるものでしょうか。
Gacktさんのフェイスラインの変化が気になりますね。フェイスラインをシャープにする整形方法は幾つかあります。気軽にできる施術で人気があるのは超音波によるリフトアップです。
もう少し踏み込んだ整形手術だと、ボトックスがあります。これもメスによる切開はなく、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を注射する事で意図的に筋肉の動きを鈍くし、筋肉を細くする整形方法です。施術する事で顎のラインをシャープにする事が期待できます。
本格的な施術なら小顔整形と呼ばれる、骨を切る方法もあります。これはメスを使いますが、その分一度の施術で大きく見た目を変える事が可能です。但し値段は高めです。
Gacktさんがもしフェイスラインの整形を受けているなら、顎を含めてラインが変わって見えますから小顔整形を行っている可能性があります。値段もGacktさんの収入なら問題ないでしょう。
しかし小顔整形はメスを入れますから、暫くは腫れて人前に姿を見せられない可能性が高いです。スケジュールを調整してその間自宅で過ごす事も可能ですが、Gacktさんのイメージではありませんよね。
Gacktさんは日々トレーニングをしていますし、肌を始め顔のお手入れにも気を使っている様子です。Gacktさんのフェイスラインの変化もまた、トレーニングとお手入れによって自力で手に入れたものと判断できそうです。
Gacktさんの昔と今の顔を比べて、昔より劣化していると言う人もいます。Gacktさんは本当に劣化しているのでしょうか。目元やフェイスラインも含めて変化はあります。しかしそれらは劣化と言うより、より美しくなっている印象です。ネットなどで劣化が騒がれているのは、部分部分のパーツではなく、顔全体が劣化していると言われているようです。
劣化の原因の一つに整形のし過ぎで顔が劣化したと言われていますが、昔と今の画像を比べても、整形し過ぎと言われるほどの変化は見られません。
Gacktさんの顔の変化は劣化ではなく、年齢を重ねた事による変化ではないでしょうか。いわゆる老化と呼ばれるものですが、これは誰にでもある現象です。Gacktさんは普段からスッピン顔を披露するなど見た目に気を使っている様子がありますから、ファンはその変化に余計に敏感になっているのかもしれません。Gacktさんは顔も体も40代とは思えないほど若々しいです。全く劣化していませんよね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://newstylegoon.com/wp-content/uploads/2017/12/GACKT-1.jpg