miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryエンタメ

桂吉弥の嫁・妻は?現在の画像は?弟子や繁昌亭のチケット情報も!

桂吉弥さんを知っていますか。大阪府出身の落語家です。今回は桂吉弥さんの気になるお嫁さん、妻情報や弟子について、寄席の繁昌亭のチケット情報までをまとめてみました。お嫁さん、妻はどのような方なのか、弟子はいらっしゃるのか、気になる方はチェックしてみてください。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんの気になるプロフィール

それではまず、桂吉弥さんの気になるプロフィールからご紹介していきましょう。
名前:桂 吉弥(かつら きちや)、本名:富谷 竜作(とみや りゅうさく)、生年月日:1971年2月25日、年齢:現在:47歳
出身地:大阪府茨木市、師匠:桂 吉朝(かつら きっちょう)、所属:米朝事務所

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんの経歴まとめ

両親とも養護学校の教員だった新保家の長男として生まれた桂吉弥さん。ちなみに実のお父さんは大阪府立藤井寺養護学校(現・大阪府立藤井寺支援学校)の校長として定年を迎えました。
大阪府立春日丘高等学校から、お父様の母校でもあった神戸大学教育学部に進学しました。高校時代に体育教師になることを志していたので、大学は教育学部を選んだそうです。しかし、大阪教育大学と筑波大学の入学試験で不合格になったことを機に目標を小学校教師に変えたそうです。
神戸大学も大阪教育大学も筑波大学もすべて難関大学なので、高校時代の桂吉弥さんはとても頭がよかったようですね。
大学への進学後は、落語研究会に所属し、大学在学中の1994年11月に桂吉朝さんの弟子となった桂吉弥さん。同年の12月に、落語家としての初高座を果たしました。
1995年3月から3年間は、内弟子として住み込み修業もしていたそうです。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんの結婚情報

大学時代から、落語家に弟子入りし、見事に在学中に落語家デビューも果たした桂吉弥さん。現在はもう47歳という年齢です。
当然結婚していたとしてもおかしくない年齢ですよね。お嫁さんはいらっしゃるのでしょうか。
調べてみたところ、桂吉弥さんはご結婚されていることがわかりました。さらに、お子様も二人いらっしゃるそうです。
また、お嫁さんの地元である島根県安来市から、「安来市ふるさと大使」を委嘱されて活動もしています。
そして、結婚を機に富谷姓を名乗るようになりました。旧姓は新保(しんぼ)でした。婿入りによる結婚だったのでしょうか。
気になるお嫁さんについて、どのような方なのか調べてみましたが、残念ながら有力な情報を得ることはできませんでした。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんが出演する繁昌亭って?

桂吉弥さんは、上方落語協会の会員です。そして、上方落語の唯一の寄席が、大阪府にある天満天神繁昌亭です。
天満天神繁昌亭は、2005年12月1日に着工、2006年8月8日に竣工、2006年9月15日開席しました。
「繁昌亭」の名前は、6代目笑福亭松鶴の発案により千里中央のセルシーホールで上方落語協会が主催していた落語席「千里繁昌亭」に由来しています。
ちなみに、天満天神繁昌亭のチケット料金は前売2,500円 当日3,000円(昼席の料金)です。夜席の料金は日替わりです。また、朝席は団体による貸し切りのようです。
チケットは、天満天神繁昌亭チケット窓口にて昼席のチケットは午前11時から販売しています。また、前売りのチケットは補助席または立見若干のみの発売となります。
また、天満天神繁昌亭チケット窓口以外にも、チケットぴあでもチケットの購入が可能です。(ただし、購入時に手数料がかかります。)

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんはラジオでも活躍?

落語家である桂吉弥さんですが、ラジオパーソナリティとしても活躍しています。
桂都丸のサークルタウン(KBSラジオ)、とびだせ!夕刊探検隊(ABCラジオ)、征平・吉弥の土曜も全開!!(ABCラジオ、土曜日)といったラジオ番組にパーソナリティとしてレギュラー出演しています。
ラジオパーソナリティもしゃべるのが仕事です。しゃべりが達者な落語家さんはラジオパーソナリティとしても活躍できるということですね。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんは弟子はいるのか

人気の落語家である桂吉弥さんですが、弟子はいるのでしょうか。
桂吉弥さんは過去に弟子が3人いたようです。
桂弥太郎さん、桂弥生さん(廃業)、桂弥っこさんの3人です。
ご自身も師匠として落語の指導にもあたっていたのですね。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんの落語以外での活躍!「新選組!」にも出演?

桂吉弥さんは落語家としてだけでなく、ラジオパーソナリティとしても活躍していることをご紹介しましたが、実はテレビドラマでも活躍されています。
主にNHKのドラマに出演されている桂吉弥さん。主な出演作品をご紹介していきます。
大河ドラマ「新選組!」(2004年1月11日 - 12月12日、NHK) - 山崎烝役、連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月1日 - 2008年3月29日、NHK) - 徒然亭草原(原田優夫)役、連続テレビ小説「ウェルかめ」(2009年9月28日 - 2010年3月27日、NHK)- お寺のひと(薬王寺のお坊さん)役、連続テレビ小説「ごちそうさん」(2014年3月5日 - 、NHK) - 沢田武夫役など
大河ドラマ「新選組!」や朝の連続テレビ小説など、話題のドラマに多数出演されている桂吉弥さん。
「新選組!」では初めてのドラマ出演でありながら、新選組隊士の一人である山崎烝役として出演されています。「 新選組!」はかなりの人気ドラマだったので、その「新選組!」に出演されていたというのはすごいことですよね。

お嫁さん、妻はいるの?桂吉弥さんの主な受賞歴!

人気大河ドラマ「新選組!」にも出演されていた桂吉弥さんですが、もちろん本職は落語家さんです。
落語家として、数々の賞を受賞されていますので、受賞歴をご紹介します。
1997年「ABCお笑い新人グランプリ」審査員特別賞 1998年「NHK新人演芸大賞」新人賞 2005年「第42回なにわ芸術祭」新人賞 2006年「咲くやこの花賞」 2008年「第2回繁昌亭大賞」奨励賞 2008年「第3回繁昌亭大賞」大賞 2008年「芸術祭賞」大衆芸能部門 新人賞 2013年「芸術祭賞」大衆芸能部門 優秀賞 2014年「平成25年度花形演芸大賞」大賞 2015年「平成26年度芸術選奨文部科学大臣新人賞」
約20年間に渡ってさまざまな賞を受賞されていますね。桂吉弥さんが素晴らしい落語家さんであることがわかります。

実はすごい落語家さん?桂吉弥さんの画像

こちらは独演会のポスターですね。
こちらは出演舞台のポスターです。桂吉弥さんは落語以外の舞台にも出演されてご活躍されているのです。
こちらは関西地方で放送されている情報番組「ちちんぷいぷい」に出演されている桂吉弥さんです。現在は金曜日にレギュラー出演されています。
テレビ番組でもコメンテーターとして活躍されているのです。

桂吉弥さんの今後の活躍からも目が離せない!

上方落語会の会員で、もちろん落語家としても精力的に活動されている桂吉弥さん。
しかし、多才な桂吉弥さんの活躍は落語界だけにとどまらず、ラジオパーソナリティとして、俳優としてテレビドラマや舞台への出演、バラエティ番組への出演など、多方面に渡っています。
多才な桂吉弥さんは、これからもさまざまな分野でご活躍されることでしょう。また、落語界の人気も背負っていく存在になるのではないでしょうか。
まだ47歳という若い年齢ですから、これからの桂吉弥さんの活躍にも期待ですね。さまざまな役柄にも挑戦していってほしいです。これからがとても楽しみですね。