Oflyb1ejas02hitafqwj

デート

CATEGORY | デート

彼氏とベッドで寝るときの甘え方15選!彼氏をムラムラさせるテクニックとは?

2018.03.05

彼氏とベッドにいると幸せな気分になりますよね。ベッドでの時間、どのような甘え方をすれば彼氏と一緒にもっと素晴らしい時間をすごすことができるのでしょうか。彼氏への甘え方を15つ厳選して載せてみました。この方法で彼氏をムラムラさせる甘え上手になってくださいね。

  1. 【彼氏に甘えろ!】彼氏とベッドにいるときの甘え方は?
  2. 【彼氏に甘えろ!】ベッドにいるときの彼氏への甘え方のポイントは密着!
  3. 【彼氏に甘えろ!】肌の露出を多めにする甘え方は、彼氏がベッドでドキドキする!
  4. 【彼氏に甘えろ!】ベッドの中で少し小さなリクエストをする甘え方
  5. 【彼氏に甘えろ!】ほんのり香る香水でベッドの中で甘える甘え方
  6. 【彼氏に甘えろ!】少し弱音を吐く甘え方は彼氏がベッドの中でされてうれしいこと!
  7. 【彼氏に甘えろ!】ベッドの中で彼氏を後ろからハグする甘え方!
  8. 【彼氏に甘えろ!】上目遣いで彼氏に甘える甘え方!
  9. 【彼氏に甘えろ!】彼氏とベッドにいるとき、こちょこちょ攻撃をする甘え方
  10. 【彼氏に甘えろ!】少し笑顔にしてみる
  11. 【彼氏に甘えろ!】ちょっとお話を切りだしてみる
  12. 【彼氏に甘えろ!】口調を子供っぽくしてみる
  13. 【彼氏に甘えろ!】素直な心で接してみる
  14. 【彼氏に甘えろ!】彼氏を褒めてみる
  15. 【彼氏に甘えろ!】感謝の気持ちを伝えてみる
  16. 【彼氏に甘えろ!】プライドを捨ててみる!
  17. 【彼氏に甘えろ!】あなたが使えそうな彼氏に甘える方法は見つかりましたか?
Hgywdf6zq0cawhwqdf4p
引用: https://www.pakutaso.com/20170754191post-12442.html
彼氏とベッドに入るとき一緒にいて何もしないのは味気ないですよね。やっぱり彼氏をムラムラさせてしまうほどな甘え方をしたいと思うのは当然のことだと思います。ハグやスキンシップなどのさまざまな甘え方を15つご紹介します。
Azggum3rb3bhogmnevho
引用: https://www.pakutaso.com/20170754191post-12443.html
彼氏とベッドに入るときに素敵な雰囲気を演出する匂いや、ハグの方法など彼氏とベッドに入るときに幸せになれる方法をたくさんご紹介しますので、15つの中からお気に入りを見つけてくださいね。
Hepsletlgqyug9os9r39
引用: https://www.pakutaso.com/20170806213post-12703.html
彼氏とベッドに入って、何もしないのはちょっと無愛想な感じがして印象が悪いかもしれません。しかし、何をしていいか分からなくなってしまう人も中にはいるでしょう。そういう場合は、彼氏にまずはくっついてみる、いわゆる「密着」という方法を試してみてください。
Yum4ufkfdwulkzruxnjl
引用: https://www.pakutaso.com/20170709212post-12690.html
何もしないより行動をして相手に思いを伝えることで何かほかの展開になることも期待できます。そのように密着することによって、相手を信頼しているという雰囲気を出すことができますし、そうすると、彼氏がハグをしてくれたりといった展開になることも期待できます。
そうすることで、幸せなベッドの時間を演出できますよね。
Hjkdynqpnylb7bsjq2pa
引用: https://www.pakutaso.com/20170708212post-12686.html
ちょっと肌の露出を多めにして一緒に寝ることや、パジャマを少し薄手のものに変えて彼氏とベッドに入るというのも、甘え方の1つとしておすすめできる方法です。
彼氏は普段、服からではなくて肌を触りたいと思っていることが多いと思います。しかし、彼女にそれを相談することはちょっと難しいなと感じていることもあると思います。そこで、ベッドに入って密着するときにそっとその期待に応えてあげるのです。
Egsfsznhkxpbdxdmmlgm
引用: https://www.pakutaso.com/20170822213post-12710.html
そうすることで、彼氏も肌に触れられて幸せな気分になるしベッドの時間も有意義なものになること間違いなしです。大胆な発想ですが、言いにくいことをこちらが察してそれで先に実践してあげるので、彼氏と幸せな時間を共有できますね。
Wcmn4vi4yry7jcxf5msr
引用: https://www.pakutaso.com/20170825213post-12713.html
普段お願いをしない人同士が、ベッドに一緒に入ったときは自分からお願いをしてみることもおすすめできます。ハグなどをしてほしいと積極的にお願いしてみましょう。とにかく、普段とは少し違う感じでお願いしてみましょう。
頼られてうれしくない人はいないです。ハグなどは彼氏は普段したいと思っいる人も多いはずですから、お願いをして甘えてしまいましょう。ハグをしたまま眠りについたら、彼氏との幸せな時間を共有できますね。
Ihyd5rddg8ftgzlra04d
引用: https://www.pakutaso.com/20180131018post-14849.html
何もしないよりも全然ましですし、とにかく行動をしてみてください。きっと何かいいことが起こるはずです。
Rfqltzc5fa5bzkafrhes
引用: https://www.pakutaso.com/20141045295post-4724.html
彼氏とベッドに入るときに、おすすめできるのが匂いを付ける、つまり香水を付けるということです。
彼女独特の匂いがするとそれはとてもベッドの時間のムードを高めてくれます。彼氏とベッドに入るときに付ける香水の匂いを決めておけば、その香水のときは雰囲気が高まって、いいムードになること間違いなしです。
Oilmsqiplbdispnui01r
引用: https://www.pakutaso.com/20141003295post-4734.html
彼氏のお気に入りの匂いを事前に調べておく、聞き出しておくというのも良いでしょう。彼氏との幸せな時間をすごしたくて質問をしているので、彼氏も答えてくれるでしょう。
Qsb4m0u8uhg6mode5dzv
引用: https://www.pakutaso.com/20170736188post-12406.html
彼氏とベッドにいるときに、何もしないよりもとにかく何か行動を起こしたほうが良いです。しかし、何も思い付かないときもあるでしょう。そんなときは弱音を吐いてみるというのも効果的です。
彼氏に悩みを相談することで、関係がよくなるということもあり得ます。そして、ハグなどの展開になるということも期待できます。そうすることで、何もしないよりも良い展開になるのです。
Pvbnxxut3kynw1tvajqp
引用: https://www.pakutaso.com/20121052290post-2040.html
彼氏と一緒にいると彼氏の匂いで安心できますし、その匂いの中で甘えてみると、悩みも自然と消えていくかもしれませんね。幸せな時間になること間違いなしです。普段、気丈な人ほどこの効果は期待できるでしょう。
R03t9uyeblvibsaiadnw
引用: https://www.pakutaso.com/20170704188post-12402.html
ベッドの中で後ろから彼氏をハグするという方法もおすすめできる甘え方です。ベッドの上で後ろからというのがポイントです。彼氏の後ろからハグをすることで、体が密着しますし、匂いなど普段気にしない要素を感じて彼氏を安心させましょう。
匂いなどの無言の要素というものが、かなり良い雰囲気にしてくれます。何もしないのは味気ないので、このような雰囲気が高まる素晴らしい方法を試してみてください。
Henli8cm6nkexhqn59ww
引用: https://www.pakutaso.com/20150400098post-5386.html
無言の要素で匂いといえば、アロマディフューザーもおすすめです。特にラベンダーはアロマとしては、安眠効果がありますので積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。もちろん、ほかのアロマもおすすめできますよ。
Sugagarfpaxeo1o3oznd
引用: https://www.pakutaso.com/20140355071post-3927.html
甘え方の鉄板といえば、やはり上目遣いでしょう。大切な彼氏に上目遣いできゅんきゅんさせてしまいましょう!何もしないよりも、とにかく行動です。行動といっても、ささいなことでOKなのがベッドの時間の良いところです。
ベッドの静かな時間のときに、ベッドで上目遣いをすることで何もしないよりも、とても雰囲気が高まりますよね。静かにこっそりと、上目遣いを試してみましょう。
Ydesfidjeppkqipdenyi
引用: https://www.pakutaso.com/20140343071post-3934.html
そうすることによって、彼氏との関係も深まることでしょう。何か行動を起こすことで、新しい展開になることもありますし、何ごとも行動が大切です。試してみてくださいね。
Jbgqj9dfcdgtjw5kmupc
引用: https://www.pakutaso.com/20141113331post-4875.html
彼氏と密着するベッドの時間でおすすめできるのが、こちょこちょ攻撃です。彼氏と体が近くなるので、こちょこちょをするのはとてもおすすめできる方法だといえます。
Evsgloorhr02iasvcsnp
引用: https://www.pakutaso.com/20140930273post-4632.html
こちょこちょをすることで、彼氏はあなたのことをかわいいなと思ってくれることでしょう。よくあるパターンで、食事したときに足でつっつく攻撃をするあれと似ていますよね。そのような行動をベッドの中で作ってしまいましょう。
Ebvx5oze75szfo3fgyol
引用: https://www.pakutaso.com/20180252033post-15077.html
少し笑顔にしてみるだけでも彼氏に安心感を与えられます。
Rjfgpsqv0chjxhdbogjx
引用: https://www.pakutaso.com/20160346062post-7124.html
ぜひ試してみてください。
X8koaetlonnkxdcqhos4
引用: https://www.pakutaso.com/20150314071post-5273.html
寝る前に少し話をしてみるというのも良いでしょう。
Tivtyzf3hzgh0vznptv3
引用: https://www.pakutaso.com/20151228359post-6515.html
ちょっとロマンチックでうれしくなってしまいますね。
Aut8rhgcqijz3uwrsmjc
引用: https://www.pakutaso.com/20180132011post-14740.html
口調が子供っぽくなるのも、なかなかよい甘え方です。
Hvqjlp39cxul5vhkmtag
引用: https://www.pakutaso.com/20130859234post-3194.html
彼氏の前では童心に帰ってしまいましょう。
Tbq0rwtdvxs3ucmtqnbb
引用: https://www.pakutaso.com/20171222352post-14537.html
素直な心で接してみてください。とりあえず、意地を張ってはだめです。
Fsehbhimgkdewiomoyao
引用: https://www.pakutaso.com/20110845242post-569.html
彼氏もきっと応えてくれるはずですよ。
Qnfnhpxgqusiqtu0jnqd
引用: https://www.pakutaso.com/20160247032post-6786.html
些細なことで良いので彼氏を褒めてあげてください。
Gtzmtibum4tcpuxcykpi
引用: https://www.pakutaso.com/20140344083post-3971.html
そういう甘え方をされると人は自信が付くものです。
Ri7uzdinhxtug8sd7vkp
引用: https://www.pakutaso.com/20170901265post-13333.html
彼氏と一緒にいられることについて感謝の気持ちを伝えてみてください。
Xnh95rrlrcdrciaosrgv
引用: https://www.pakutaso.com/20170438111post-11220.html
その甘え方で距離はぐっと縮まります。
Ajiqlenkctifxzcand2u
引用: https://www.pakutaso.com/20150502132post-5509.html
緊張し過ぎて何もできないときは、捨て身でプライドを捨ててみましょう。
Sdsll4mizwrzjpg0qpnt
引用: https://www.pakutaso.com/20150544133post-5513.html
そこから何かが始まるはずです。
Wgroimukjjx6zlc1hhx5
引用: https://www.pakutaso.com/20140836216post-4419.html
たくさんの方法をご紹介してきました。この中にあなたに役立つ甘え方がきっとあるはずです。
Xj5i5ftckny3gzuecxfv
引用: https://www.pakutaso.com/20170830222post-12840.html
彼氏とベッドにいるときは、楽しいときにしたいものですね。
1つでもお気に入りの方法が見つかったらうれしいです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170817224post-12857.html