Tqoomjqqlmvs7lctzg8p

ニュース

CATEGORY | ニュース

【玄倉川水難事故】DQNの川流れはなぜ起きた?事件のその後や当事者の現在は?

2019.07.25

1999年8月神奈川県で発生した「玄倉川水難事故」。13名もの死者を出すという大事故となりました。生存していた受難者一行の証言からも、“DQNの川流れ”と言われているようです。今回は、この「玄倉川水難事故」についての詳細と生存者の現在についてまとめてみました。

  1. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】玄倉川水難事故とは?
  2. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】事故の時系列
  3. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】13名が死亡
  4. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】生存者は?
  5. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】DQNの川流れと呼ばれる理由
  6. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】被害者たちの暴言?
  7. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】世間の反応
  8. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】事件のその後
  9. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】事件からの教訓
  10. 【玄倉川水難事故(DQNの川流れ)と現在】まとめ
Vdy7mupmod9sp1modpwu
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405829657993217

『玄倉川水難事故』は、1999年8月14日、神奈川県足柄上郡山北町で起こった水難事故です。

この事故は、当時リアルタイムに報じられましたが、18名の受難者のうち、13名が命を落とすという非常に悲しい結末になりました。

それほどまでの受難者が命を落としてしまうとは、一体どんな事故だったのでしょうか?この水難事故の概要を順に追っていきましょう。

Rpimwwana6zoxxdabkxc
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405719393984512

では、『玄倉川水難事故』を時系列に見ていきます。

8月13日キャンプ開始

U9euytgfdmmrbuuk8ggv
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405775765381121

この事故が起こったのは、1999年8月14日、お盆の最中真っただ中でした。

1999年8月13日より、玄倉川の中洲で、横浜市内の廃棄処理会社に勤務する男性社員たち、子供6人を含むその家族、さらに社員の婚約者や彼女を含むグループ一行25名がキャンプを行っていました。

8月14日当日の天候は?

事故当日の天候は、『暴風雨』が予測されていました。前日である13日には、紀伊半島の沖合上に熱帯低気圧が発生していたのです。そのため、13日の夕方から神奈川県は雨となっており、神奈川県全域に大雨注意報が発令されていたのです。

そして、14日未明には、大雨警報が発令。14日朝8時には総雨量が114ミリを超えていたのです。

この中洲の上流には、発電用の玄倉ダムがありました。ダムに貯水機能はなく、緊急時はダムの崩壊防止のために放流を行うようになっていました。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/amehuruIMGL5887_TP_V.jpg

8月13日15時頃・ダムの水位上昇による警告

降水が始まるにつれ、ダムの水位上昇や増水による勧告が、ダム管理職員により行われます。

8月13日20時頃・管理職員による避難勧告

Fj55svzm1mjusbopytij
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405989616185344

雨足が強まってきたことで、上流にあった玄倉ダムの放流が行われるサイレンが鳴りました。

また、ダムの管理職員による避難勧告も発令されます。13日の20時頃には、管理職員がグループ一行に2度目の避難勧告を実施。このうち4名は元々日帰り予定だったため、帰宅。そしてあとの3名はこの勧告を受け入れてその場を離れています。

しかし、それでも避難しない一向の危険を考慮し、ダムの管理職員は警察に通報をしていたそうです。

8月13日21時頃・ダムの放水開始

現場の降水量が増し、ついにダムが放水を開始します。

8月14日朝8時頃・事故発生

Hd3ixtexzen8c3bpaxyq
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151406023652999173

ダムは14日の朝6時頃には本格的に放流を開始。前日に避難をしたメンバーが、残っていたメンバーに避難を呼びかけていました。警察官も一行に避難を呼びかけますが、一行は暴言を繰り返し、避難をすることはありませんでした。

そして、ついに当日の朝8時過ぎには、キャンプを行っていた中洲が取り残されてしまいます。テントは流されてしまい、自力での避難が困難に。レスキュー隊も駆けつけ、この救出劇はテレビでリアルタイムに放送をされました。

8月14日朝11時過ぎ・全員が流される

Pyt77odejz6nbzoy2dhn
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405922649985024

悪天候の中での救出劇でしたが、あまりの水流と降水量でスムーズに救出をすることが困難となっていました。そんな時、残っていた一行の全員18名が一気に水に流されてしまうのです。

ついに水流に飲まれてしまったグループ一行。18名いた一行のうち、この事故で13名が死亡しました。

Oeufhhveqym3d6au7lkl
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405953285152768

中洲に事故当日残っていた人数は、18名。そのうち、5名は助かっています。

Vcksin13qffbc6ma6aep
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151406074748006401

一気に川に流された18名でしたが、そのうち1歳の幼児は叔父の機転により、とっさに岸に投げ込まれ助かっています。また、この幼児の父親と姉を含む、大人3名と子供1名は対岸に流れ着き、助かりました。

しかし、残りの13名はそのまま姿が見えなくなり、後に13名全員の遺体が下流の湖で発見されました。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MAR86_suisenn20140225_TP_V.jpg

この水難事故は、巷では『DQNの川流れ』とも言われています。

なぜそのように呼ばれているかと言いますと、受難者たちが事故前後に取ったあまりにも酷い態度や言動が影響しているからです。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZ19514002_TP_V.jpg

再三の注意を無視

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/maeda3gou1929024_TP_V.jpg

この事故の被害者たちは、再三に渡る周りからの避難勧告に、あまりにもひどい態度で対応をしていました。心配をして避難を勧告しているにも関わらず、その勧告をあざ笑うかのような態度をとっていたのです。

救助隊への暴言

M3cjbgz5lhizj5zukxjp
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151406120696631296

また、事故発生後にレスキュー隊が必死で救助を試みる中、この一行のリーダーともとれる男性があまりにもひどい暴言を放っています。その姿はテレビにもしっかりと映っており、命を懸けて必死で救助を試みるレスキュー隊員たちに対し、失礼極まりない暴言を連発していました。

差し入れを投げつける

Nv2xqowslhisjj6u5btw
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151406271016210432

退避を勧告していた地元住民は、差し入れとしておにぎりを一行に差し出しました。しかし、それに対して「田舎者は臆病すぎる」とあざ笑い、差し入れのおにぎりも「まずい!」と地面に投げつけたりしていたのです。

テントを返してほしいと訴える

生存者となった人々は、自分たちのテントを返してほしいと救助隊に訴えかけていました。しかし、この時まだ行方不明者が全員見つかっておらず、依然として捜索中でした。それにも関わらず、自分たちのテントを返してほしいとは一体どういう神経をしているのでしょうか?

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KM18923028_TP_V.jpg

この水難事故では、グループのリーダー格であった男性が生き残っています。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELLsyuumeigiku14091504_TP_V.jpg

事故前後からあまりにもひどい態度だったこの男性は、これだけ世間を騒がせて迷惑をかけたにも関わらず、謝罪は一切行っていません。

これに対して、世間はこの男性及び受難者に対し、厳しい目を向けました。

子供には同情するものの、やはり酷い態度や暴言を繰り返した大人へは大きな非難が殺到します。そしてネットの影響により、リーダー格であった生存者の男性の名前や家族の詳細、そしてグループ一行の勤務先などが明らかになったのです。

この事故の後、ネットにさらけ出された会社は会見を行うことはありませんでした。また、生存者であった大人3名も会見は開いていません。

しかし、事故当時5歳であったリーダー格の娘が、後にブログにてこの時の事故のことを書いていたようです。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/goriIMGL9697_TP_V.jpg
たまにね私、ふとあの時の事を思い出すんだ。幼稚園の頃の事故あれは一体なんだったの?どうして私の家族なの? 小さい頃私がママを殺したんだ。私さえ居なければママは生きていたんだ。 パパがね私を抱いててママがパパに助けを求めていたんだ。 手を伸ばしてね一生懸命流されないようにしてたんだ。けどねパパまで水に連れていかれそうで怖かったんだ。だからねパパやめて!って言ったんだ。 そしたらパパがママの手を離したの。 そしたらママ水と一緒にいなくなっちゃたの。これって私のせいだよね。 ごめんね本当に…。ママに逢いたいです。小さい頃もずっとママが欲しかった。皆にはママがいて私には居なくて悲しかった。 今でもママが戻ってきてほしいと思っている。あと優香にも戻ってきてほしいんだ。私には妹がいたんだよ。 ママがいなくなっても明るい朝香でいてねって色んな人に言われた。 そう簡単に言うなと思ったよ。けど私なりに頑張ってきた。毎日明るく生きてる…

このブログで水難事故の生存者だとバレてしまい、後に削除されています。しかし、本当に子供は気の毒で仕方ありません。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pakutaso-5068_TP_V.jpg

この事故により、再発に向けた防止策や救助体制の強化が見直されたのです。水難事故に特化したレスキュー隊も東京及び神奈川で設置されました。

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MIYA19224BDSC_6752_TP_V.jpg

また、天気予報での自然災害に伴う表現方法も改変されました。事故前に使われていた台風や熱帯低気圧の「弱い」「ごく小さい」などの表現は廃止され、最低でも「強い」を用いるようになっています。

玄倉川水難事故により、13名の命が亡くなりました。

Rzkhdu7zxd1equsubnbz
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1151405874444828672

再三の避難勧告を受け入れなかったグループ一行。自分の行いによっては助かっていた命も、頑固として避難を行わなかったことから悲しい結末となりました。落ち度のない子供も巻き込まれたことは非常に悔やまれます。

自然災害は怖いものです。事故が起こる前に十分に注意を受け入れて行動をすることが大切です。

被害に遭われた方のご冥福をお祈りいたします。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/KK08469771/status/1151408535361581057