Uv4gnexfmhgstehf7hh4

ニュース

CATEGORY | ニュース

吉野家で紅ショウガを撒き散らす動画投稿!「ひで」の大学や本名は?

2019.06.21

吉野家に訪れた男が紅ショウガを撒き散らし、動画が投稿されて大炎上!本名や大学は?今回は吉野家で問題を起こした紅ショウガ男と言われている男性について紹介します。問題となった動画や本名、大学など現段階でわかっている情報をまとめました!

  1. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】紅ショウガ撒き散らしで炎上!
  2. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】問題の動画!
  3. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】本名は?
  4. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】大学は専修?
  5. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】損害賠償金は?
  6. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】ネット上の声
  7. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】吉野家の対応
  8. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】類似の事件も…
  9. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】過去の事例
  10. 【吉野家で紅ショウガを撒き散らす男の本名や大学は?】まとめ

事の発端は2019年5月にインスタグラムに投稿された動画が拡散されたことで問題になりました。その動画では帽子を被った若い男性が大手牛丼チェーン店の吉野家で紅ショウガをテーブルに撒き散らし、友人と思われる人物らと大爆笑する様子が動画に収められていました。この動画はインスタグラムに投稿され、すぐにtwitterで拡散されて大炎上となりました。

引用: https://www.instagram.com/p/By413Z0hmwJ/

動画で友人らに煽られて紅ショウガを撒き散らした男性はすぐに話題になり、本名や大学までも特定され損害賠償金も請求されるのではないかと言われています。そこで今回は「紅ショウガ撒き散らし問題」について徹底的にご紹介していきたいと思います。

引用: https://www.instagram.com/p/By414sVh13D/
引用: https://www.instagram.com/p/By416QehV7T/

吉野家で紅ショウガを撒き散らしたことによってtwitterで大炎上した動画ですが、最初にインスタグラムで投稿されました。しかし、インスグラムに投稿された動画はすぐに削除されています。この動画を見たネット民はすぐに動画を保存して、twitterに投稿したことで問題が公になりました。その動画がこちらになります。

紅ショウガを牛丼の上にのせますが、その後牛丼の上の紅ショウガを箸で撒き散らしている様子が動画に収められています。この迷惑行為が現在問題となっています。また、顔も公開されており、ネット民はこの男性と特定して現在は更に問題は大きくなっています。

引用: https://www.instagram.com/p/By417ftB7YK/

紅ショウガ男とネットで言われているこの男性ですが、名前は現在特定されていませんでした。動画はインスタグラムに投稿されてそのアカウントが「hide__888」となっていました。その事から「ひで」という名前なのではと言われていました。また、このアカウントを知る人物からは「ひでとし」という名前という情報もありました。しかし、この動画を投稿したのは撮影者で実際に問題を起こした男性の名前ではないようです。つまり、動画を投稿した男性の名前が「ひでとし」という事でした。

引用: https://www.instagram.com/p/By42DlPhQp4/

問題を起こした紅ショウガ男の名前は今の所不明でしたが、本名が判明するのは時間の問題なのではないでしょうか。

引用: https://www.instagram.com/p/By42OaohGT5/

紅ショウガ男の大学ですが、専修大学なのではないかと言われています。その理由はインスグラムに投稿した人物のプロフィールに専修大学と記載されていたからです。必ずしも同じ大学とは限りませんが、紅ショウガ男とは大学の友人ではないかと言われており、専修大学に通っているという情報が最も有力な情報です。

引用: https://www.instagram.com/p/By42Pmohlzn/

専修大学は東京都千代田区と神奈川県川崎市にキャンパスがあります。どちらに通っているのかも不明でした。また、この吉野家がどこの店舗かもわかっていませんでした。

引用: https://www.instagram.com/p/By42YJ3BRRT/

ネット上では「吉野家は損害賠償金を請求すべきだ!」という声が多く寄せられていました。紅ショウガを理由もなくお店に撒き散らし、動画では収められていませんが、店員さんにも大きな迷惑を掛けたと考えられます。また、吉野家はもちろんですが、紅ショウガを作っている農家、製造企業を侮辱する行為にも値します。

引用: https://www.instagram.com/p/By42Z5lhLxH/

吉野家は高額な損害賠償金や慰謝料を請求することが可能かと思いますが、今の所請求をしたという情報もありませんでした。

ネット上では多くの非難の声が寄せられていました。そのネット上での声について紹介致します。

当たり前ではありますが、twitter上では非難の声が多く寄せられていました。本名や大学も完全には特定されていませんが、吉野家に対してしっかりとした対応をしてもらいたいという声も多くありました。今後どのように吉野家が対応するのかにも注目です。

引用: https://www.instagram.com/p/By42ikKhq53/

吉野家の広報担当はこの問題を受けて「マナーに欠ける行為で非常に残念です。」と取材に答えていました。そして、損害賠償金を求めたり、警察に刑事告訴する意思は今の所ないと吉野家は語っていました。示談が成立しているそうで、今後も高額な損害賠償金が請求されることはないのではないでしょうか。

引用: https://www.instagram.com/p/By42hWyhjuB/
引用: https://www.instagram.com/p/By42q39B4lj/

また、大学側も意見を述べています。問題を起こした紅ショウガ男が専修大学なのか現在事実関係を調査しているそうです。また、この事件をきっかけに専修大学の評判も落ちている状況です。この問題で専修大学も非常に困っていると大学の広報課が取材に答えていました。今後この男性はどのような処分が下るのか?大学に大きな迷惑を掛けているのも事実ですので退学の可能性もあるのではないでしょうか。

今回は紅ショウガを撒き散らした動画がインスグラムに投稿されたことで大炎上しましたが、過去にもこのような事例で炎上した人は多くいます。最近特に話題になった似たような事例についても紹介致します。

スーパーカスミの冷凍庫で寝る男

引用: https://www.instagram.com/p/By42wFKBM8Q/

茨城県つくば市にあるスーパーカスミで男性客がアイスクリームが入っている冷凍庫の中に入りその写真がネット上で公開されたことで炎上しました・店側は警察に被害届と提出し、損害賠償が請求されました。また、調理師専門学校の学生だったそうで、退学という処分になっています。

ブロンコビリーの冷凍庫に入る従業員

引用: https://www.instagram.com/p/By420owBByQ/

足立区にあるステーキハウスのブロンコビリーの従業員が冷凍庫に入りそのことが発覚して大炎上しました。また、お店もこのまま営業再開することは出来ないと判断し、閉店までしました。これによってブロンコビリーが負った被害は相当なもので、従業員に対して2000万円の損害賠償が請求されたそうです。

道とん堀で鼻にソース突っ込む

引用: https://www.instagram.com/p/By4259nB_V5/

千葉県にあるお好み焼き屋の「道とん堀市川鬼高店」で客が鼻にソースを突っ込み炎上しました。店側は営業終了し、ソースやマヨネーズの入った容器を全て廃棄しました。どのような対応をしたかまではわかりませんでしたが、お店は営業を自粛することになったので被害額は相当な金額だと考えられます。

ピザーラ店員が厨房で大暴れ

引用: https://www.instagram.com/p/By42_y7Bxvw/

アルバイトの男性らががピザーラの厨房で大暴れした問題が発生しました。これによって店側は店内の食器の撤去、商品の入れ替え、店内清掃を実施しました。また、損害賠償を請求する検討をしているそうです。

今回は吉野家の紅ショウガを撒き散らした男について紹介しました。動画がtwitterに書く際されたことで大炎上に発展しました。この紅ショウガ男の本名に関しては不明でしたが、大学は専修大学ではないかと言われています。顔も完全に公開されていますので、本名が特定されるのは時間の問題かと思います。

引用: https://www.instagram.com/p/By43FfRBtsd/

吉野家側が損害賠償や刑事告訴をしない考えを示していますが、ネット上では損害賠償を請求すべきだという声も多く上がっています。インスグラムやtwitterが流行していることこのような迷惑行為は相次いで発生しています。重い罰を与えこのような問題が起こらないことを祈るばかりですね。