Fhocmr0f2ydgymrslhmt

ニュース

CATEGORY | ニュース

ブロンコビリーで冷蔵庫に入った清水雄大の現在は?損害賠償で大変なことに…

2019.06.13

清水雄大をご存知でしょうか。一時期インターネットの検索ワードとして上位に食い込むなど、爆発的な注目を集めました。現在どうしているのでしょうか。清水雄大はブロンコビリーでアルバイトしている時に炎上騒ぎを起こしました。清水雄大の現在や過去の騒動を調べました。

  1. 【清水雄大の現在】何者?
  2. 【清水雄大の現在】ブロンコビリーでアルバイトをしていた?
  3. 【清水雄大の現在】冷蔵庫に入っていた?
  4. 【清水雄大の現在】個人情報が特定された?
  5. 【清水雄大の現在】世間の反応は?
  6. 【清水雄大の現在】店側の対応は?
  7. 【清水雄大の現在】その後は?
  8. 【清水雄大の現在】次のアルバイト先は?
  9. 【清水雄大の現在】店舗のその後は?
  10. 【清水雄大の現在】数千万の赤字?
  11. 【清水雄大の現在】損害賠償の請求?
  12. まとめ
一時期、人気の検索キーワードとして『清水雄大』の名前が上位にあがる事がありました。清水雄大とは何者なのでしょうか。芸能人やスポーツ選手、著名人、政治家など有名人の名前が検索キーワード上位になる場合はその言動が注目されての事が多いです。では清水雄大はどんな言動の人物なのでしょうか。
L9863ooocwrvtoxycu7q
引用: https://www.instagram.com/p/ByLhxU7geDD/
清水雄大という名前の芸能人やスポーツ選手などがいるのか確認したところ、検索キーワード上位に食い込むような人物は見当たりませんでした。清水雄大とは何者なのでしょうか。清水雄大の名前が検索キーワード上位に出ていたのは2013年頃の話です。この年に騒ぎとなった出来事を振り返ると出てくるかもしれませんね。
清水雄大について調べたところ、清水雄大は芸能人や有名人というわけではなかったようです。ただ騒ぎになったと言う意味では、清水雄大は有名人と言えるかもしれません。当時清水雄大のツイッターの投稿が大きな話題となり、世間を騒がせました。
清水雄大について調べていると、ブロンコビリーという言葉がよく出てきます。ブロンコビリーと言えば人気のチェーンレストランですよね。清水雄大とブロンコビリーはどんな関係なのでしょうか。清水雄大とブロンコビリーの関係を調べました。
清水雄大とブロンコビリーの関係を調べたところ、清水雄大の名前が話題になった2013年当時、清水雄大はブロンコビリーでアルバイトをしていたようでした。清水雄大の詳しいプロフィールなどは特に出ていませんが、当時は学生だったと言われています。
Igw0kmwgje5ltimuvcrh
引用: https://www.instagram.com/p/BySV4YPg5cR/
ブロンコビリーでアルバイトをしていた一般学生の清水雄大は一体何を起こした人物なのでしょうか。ただのアルバイト店員がそこまで話題になるとは思えませんよね。ブロンコビリーのアルバイト店員だった清水雄大の言動を調べました。
清水雄大はブロンコビリーで働いていましたが、その時の写真をツイッターに投稿し、それが話題となったようです。該当のツイートについては既に削除されていてもう見る事はできませんが、投稿された写真というのは驚くべきものでした。
それは、清水雄大がブロンコビリー厨房内の大型冷蔵庫に入っている写真でした。掃除などの業務で冷蔵庫に入っている写真ではありません。悪ふざけで冷蔵庫に入っている写真を撮影、それをツイッターに投稿していました。
冷蔵庫は本来、食品を保管しておく場所です。衛生管理のために、特殊な大型冷蔵庫なら入り込んで清掃作業をする事もあるでしょう。しかし投稿された写真はそういうものではなく、悪ふざけで「冷蔵庫に入ってみた」というものでした。
清水雄大は一般人ですから、ツイッターに詳細は個人情報は載せていませんでした。しかし個人情報をガードするという認識も薄かったのか、普段のツイートや友人同士との会話から、勤務している店舗などが特定される事となってしまいました。
清水雄大は元々は本名と思われる「清水雄大」名義でツイッターのアカウントを開設していました。インターネットの特徴として、一度流れた情報はほぼ永久に残ってしまうというものがあります。本人が消しても、誰かが投稿内容を保存していてどこかに掲載すれば、それを止める事はもうできません。
Gwtz4vtr4aump0boqrue
引用: https://www.instagram.com/p/ByNQSDdgldN/
そのため、清水雄大の名前は検索キーワードで上位に食い込むほどの騒ぎとなってしまいました。今では一般的に使われている炎上という言葉ですが、思い返してみればこの頃から使われ始めたかもしれません。不名誉な事ですが、清水雄大は炎上という言葉を広く世間に知らせる事となってしまいました。
清水雄大の投稿を受けて、世間ではどんな反応を見せたのでしょうか。清水雄大本人の心境については推測するしかありませんが、清水雄大としては炎上を狙ったわけではなく、悪ふざけを友人やフォロワー達と共有したかっただけかもしれません。
Wayqlktbfrnc2i4o8tw4
引用: https://www.instagram.com/p/BySHFFiAjK2/
しかし清水雄大の冷蔵庫に入った投稿は話題となってしまい、いつの間にか検索キーワードで名前が上位に食い込むほどとなってしまいました。もちろん世間の反応は清水雄大の悪ふざけを好意的にとらえるものではなく、清水雄大を非難するものでした。
冷蔵庫は食品を保管するための場所です。そこに人間が入るという事は衛生面でも問題ですし、そもそも冷蔵庫は人が入るための場所ではありません。このような不謹慎な行為は店側も非難される事となってしまいました。
インターネットのユーザーにより、清水雄大が勤務していたブロンコビリー店舗が特定されてしまいました。そのため店舗側への非難の声もあがり、更には店舗に直接苦情を入れる人や、ブロンコビリーの本社へ苦情を入れる人も出てしまいました。
Mwfjwdkpo5ahszmq9jmn
引用: https://www.instagram.com/p/ByTw7amF55C/
これを受けたブロンコビリー店舗はどう対応したのでしょうか。清水雄大だけではなく、ブロンコビリー店舗の行動も世間の注目を集めました。確かに、不謹慎な内容の投稿をした清水雄大をどう扱ったのか、その店舗の対応は気になりますよね。
P2qww9p0xypksa8wkr1c
引用: https://www.instagram.com/p/BySrKtEglSx/
ブロンコビリー店舗の清水雄大への対応ですが、当然と言えば当然ですが、ブロンコビリーは清水雄大を解雇しました。このような騒ぎを起こしてしまっては、それも当然と言えたかもしれません。しかし清水雄大は当時学生で、アルバイトとしてブロンコビリーに勤めていただけでした。正社員がクビになると言うのならかなりのダメージですが、学生がアルバイトをクビになる程度では甘いという声もありました。
店舗を解雇された清水雄大はその後どうなったのでしょうか。
Vxtvciqgnz3ickcyaqsg
引用: https://www.instagram.com/p/ByUBNunFDbo/
清水雄大がブロンコビリーを解雇になった後、その動向に注目していた人は多かったはずです。清水雄大の解雇後を調べました。
清水雄大の解雇後を調べましたが、清水雄大は元々芸能人や有名人ではなかった事もあり、解雇されたその後がどうなったのか詳しい状況は出ていませんでした。
清水雄大は写真を投稿した事から顔は知られていますし、当然本名も知られています。その後のアルバイト探しは簡単ではないでしょう。
Uo1e1rdkiqno3s5zjj4b
引用: https://www.instagram.com/p/BxpE3zUgvoz/
清水雄大が炎上したのは2013年で、当時は学生でした。専門学生だったようなので、2019年時点では既に学生ではなく社会人である可能性も高いです。
清水雄大は就職活動も大変だったかもしれません。
清水雄大を解雇した後、ブロンコビリーの店舗はどうなったのでしょうか。
Rujrv5hre50raiaatmiw
引用: https://www.instagram.com/p/BxCn2ZLgd19/
騒ぎは解雇では収まりませんでした。
ブロンコビリーの本部は、この店舗を閉店させています。
店舗の閉鎖によって、多くの損害が生まれました。
Cqmthlnvmst4srcztgcd
引用: https://www.instagram.com/p/BwnKesRlYnb/
純粋に店舗で見込んでいた売上だけではありません。
その店舗で働いていた何の罪もない従業員は不当に職を失いました。
清水雄大はその後、ブロンコビリーから損害賠償を請求される事となってしまいました。
Dwctpyy9skeyddexgkbe
引用: https://www.instagram.com/p/BxxBEuYDxlk/
ブロンコビリーが受けた損害は5000万以上と言われています。そしてブロンコビリーは清水雄大に対し、2000万円の損害賠償を請求しました。
たった1枚の写真で2000万円の賠償金とは恐ろしい話です。
2013年にブロンコビリーの冷蔵庫に入り炎上した清水雄大についてまとめました。「デジタルタトゥー」という言葉もあるように、インターネットに一度アップした情報は二度と消えません。不用意な行動で人生を棒に振らないためにも、発信する情報は気をつけていきたいですね。