Gierhqm8omiryppzkkje

芸能人

CATEGORY | 芸能人

絵本作家・のぶみがまたまた炎上中?度重なる炎上歴をまとめてみた

2019.06.11

絵本作家・のぶみさんをご存知でしょうか?今回は炎上絵本作家と言われているのぶみさんの絵本がなぜ炎上してしまっているのか?その炎上内容について詳しくご紹介致します。絵本以外に作詞でも炎上してしまっているのでそちらも一緒に紹介致します。

  1. 【絵本作家・のぶみが炎上!】プロフィール
  2. 【絵本作家・のぶみが炎上!】炎上絵本①「ママがおばけになっちゃった!」
  3. 【絵本作家・のぶみが炎上!】炎上絵本②「ハローキティのえほん まけずぎらいキティ」
  4. 【絵本作家・のぶみが炎上!】炎上絵本③「このママにきーめた!」
  5. 【絵本作家・のぶみが炎上!】炎上絵本④「はたらきママとほいくえんちゃん」
  6. 【絵本作家・のぶみが炎上!】のぶみの母子手帳で炎上!
  7. 【絵本作家・のぶみが炎上!】作詞でも炎上!
  8. 【絵本作家・のぶみが炎上!】SNSや他の絵本も!
  9. 【絵本作家・のぶみが炎上!】なぜ炎上してしまうのか?
  10. 【絵本作家・のぶみが炎上!】まとめ
のぶみさんは1978年4月4日生まれの41歳で、東京都出身の絵本作家です。本名は斎藤信美さんと言います。これまで170冊以上の絵本を手がけています。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrN9Nhzto/
のぶみさんは少年時代いじめられていたそうで、不登校も経験していました。その後高校に進学するとチーマーとして不良グループのリーダーだったそうです。更生後は日本児童教育専門学校に進学し、その時の気になる女性が絵本好きということもあり、絵本を書き始め絵本作家になったそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrPZ3B-0R/
そんなのぶみさんは絵本作家として多くの作品を発表していますが、ネット上ではその絵本の内容で炎上することがしばしあります。そこで今回はのぶみさんがこれまで炎上した絵本について紹介致します。
のぶみさんが発表した「ママがおばけになっちゃった!」という絵本は母親が交通事故で亡くなり、心配になった母親が幽霊になり子供を見守ったり、ちょっかいを出したりするという内容でした。まず、絵本で母親の死を扱うということはダブーということで、その設定に対して多くの批判が上がりました。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrVHnBnsK/
のぶみさんは母親を大切にしなければならないということを伝えたくこの絵本を作ったそうですが、実際に親を亡くした子供にはつらい内容ということこともあり、子供のトラウマになりかねないと批判の声が上がりました。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrYYchIsp/
ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)
価格 ¥ 1,296
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrce4hIam/
「ハローキティのえほん まけずぎらいキティ」は人気キャラクターのキティちゃんとのコラボした作品です。この絵本でキティちゃんがママのことを「鬼」と言ったり、今までイメージされていたキティちゃんとは少し違ったアプローチをのぶみさんがしたことで炎上してしまいました。コラボとはいえ、キャラクターをないがしろにしているという批判が相次いでいるようです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrduOhDfO/
ハローキティのえほん まけずぎらいキティ (講談社の創作絵本)
価格 ¥ 1,296
特に炎上しているのが、「このママにきーめた!」という絵本です。この絵本は胎児にいる赤ちゃんが空からママを選ぶという設定の物語です。この作品はママを喜ばせるために子供が生まれてきたというメッセージが込められているそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrk1cBCZB/
絵本に出てくるママは掃除をしない、料理も出来ない、ダイエットも途中でやめてしまう。と何をしても中途半端という設定のママで、空ではダメママと呼ばれどの赤ちゃんもお腹に入らないという設定でしたが、主人公の赤ちゃんはそれでも「このママにきーめた!」と絵本に出てくるママを選びました。これを読んだ読者からは「悪意しか感じない。」「女性蔑視だ。」と読んだ母親からは母親批判されているように捉えられて炎上をしました。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrjfnBrmW/
このママにきーめた!
価格 ¥ 1,296
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MFrXctHnL._SX408_BO1,204,203,200_.jpg
「はたらきママとほいくえんちゃん」という絵本はファミレスで働くママと保育園に通う子供の物語です。働くママと子供を応援する絵本と紹介されましたが、働く母親にリアリティがない、子供の仕事を天秤にかける二択に納得がいかない。と言った声があり、「また、父親のいないストーリー」とのぶみさんの作品は母子家庭である作品が多いことからその面でも批判されることになりました。
はたらきママとほいくえんちゃん
価格 ¥ 1,512
のぶみさんがイラストを務めている母子手帳が採用されて再び炎上しました。多くの絵本で炎上してしまっているのぶみさんは母子手帳のイラストを担当しましたが、「そんな母子手帳はいらない」と炎上しました。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrrM9BbFs/
過去には絵本の内容で「流産は感謝の心が足りないから」という表現を使用したこともあり、妊娠している女性に対して脅すような表現とも取れる表現をしたことで非難されました。そんな表現を使用したのぶみさんが妊娠してから女性が持つことになる母子手帳のイラストを担当したということであまり良い気がしない方もいるそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHrspjB82V/
引用: https://www.instagram.com/p/ByHr24QhWgW/
のぶみさんは教育番組「おかあさんといっしょ」の中で横山だいすけお兄さんが披露した「あたし おかあさんだから」という曲の作詞を担当しました。この作詞が母親に自己犠牲を強いる歌詞として子育てをする母から批判の声が上がりました。のぶみさん自身は疲れているママのための応援歌と語りましたが、これまでの度重なる騒動も相まってか、炎上騒ぎが続きました。この歌を歌った横山だいすけさんにも批判の声があがり、横山だいすけさんはブログを通して謝罪をする事態となってしまいました。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHr64ThQXJ/
現在は削除されているようですが、横山だいすけさんは「みなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました」とブログに綴りました。のぶみさんからの謝罪は特になかったため、「だいすけお兄さんは歌を歌っただけなのに…」と同情的な意見もちらほら見られました。これも炎上騒ぎに油を注ぐ一因となってしまったようです。
下のリンクは炎上騒ぎとなった「あたし おかあさんだから」の歌詞です。気になる方はぜひ、確認してみてください!
絵本作家ののぶみさんはインスタグラムを開設していました。下のリンクがのぶみさんのインスタグラムですのでぜひ、チェックしてみて下さい!
これまで170冊以上絵本を発表しています。その中の一部ではありますが特に人気の絵本を紹介致します。

ママのスマホになりたい

引用: https://www.instagram.com/p/ByHr_XvhZqS/
ママのスマホになりたい
価格 ¥ 1,512

えらんで!

引用: https://www.instagram.com/p/ByHsDrqhv41/
えらんで!
価格 ¥ 1,296

おこらせるくん

引用: https://www.instagram.com/p/ByHsHGeB725/
おこらせるくん
価格 ¥ 1,296
のぶみさんの絵本はなぜ、炎上してしまうのか?その理由は絵本の中の母親の設定にあると言われています。のぶみさんの絵本の母親は基本的にダメな母親が扱われることが非常に多いです。絵本は親が子供に読み聞かせることが多く、特に母親が子供に読み聞かせることが多いです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHsL9dBaee/
そのためそれをみた母親たちを不快にさせてしまうような内容になっていることが多いので子供を育てる母親から批判に声が上がってしまうと言われています。実際にのぶみさんが伝えたい内容とは別の解釈で伝わってしまっている結果度々絵本が炎上してしまうと考えられています。また、父親が出てくることがほとんどないことから、「育児は母親がするもの」という価値観を押し付けられているように感じてしまう人も多いようです。最近では共働きが当たり前になってきており、育児は両親二人でするもの、という考え方が少しずつ浸透していく中で、全時代的に捉えられてしまっているのかもしれませんね。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHsNdmBMJM/
今回は絵本作家ののぶみさんの炎上歴をご紹介しました。今回は炎上について紹介したので批判されていた内容について紹介しましたが、もちろん批判だけではなく、のぶみさんを支持する方もたくさんいらっしゃいます。実際に絵本も非常に売れていますし、ハローキティとコラボも多くのファンがいないと現実的に出来ないことです。
引用: https://www.instagram.com/p/ByHsRqwBwY6/
作品を非常に難しく、評価する人もいれば批判する人もいます。ここまで話題になる絵本作家ですので今後も取り上げられることが多いかと思います。のぶみさんは今後どのような絵本を発表するか注目ですね!
引用: https://www.instagram.com/p/ByHh-OVBpWC/