Twe1tg6g564gwclo0jel

ニュース

CATEGORY | ニュース

松山ホステス殺人事件の犯人・福田和子の生涯とは?恐るべき悪女の息子の言葉も…

2019.05.23

松山ホステス殺人事件の犯人・福田和子。15年間にも及ぶ福田和子の逃走劇は現在でもドラマになっています。そんな福田和子の生涯とは?現在はどうされているのでしょうか?恐るべき悪女・福田和子の死因や息子の存在なども調べてみました。

  1. 【福田和子の現在】松山ホステス殺人事件とは?
  2. 【福田和子の現在】福田和子の生い立ち
  3. 【福田和子の現在】15年にも及ぶ逃亡劇
  4. 【福田和子の現在】7つの顔を持つ女
  5. 【福田和子の現在】殺害の動機は?
  6. 【福田和子の現在】ドラマにもなった?
  7. 【福田和子の現在】福田和子の現在は?
  8. 【福田和子の現在】息子の存在
  9. 【福田和子の現在】まとめ
1982年8月19日、愛媛県松山市のマンションにて飲食店に勤務する女性ホステス(当時31歳)が殺害をされます。
Ltdtos51hpl8vcu91qfc
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1130311331322535938
この殺人事件では、元同僚のホステスだった福田和子が犯人として浮上。 福田和子とその夫は、被害者女性のマンションから家財道具を運び去って逃亡。被害者女性の遺体は、松山市内の山中に遺棄されているところを発見されました。
ホステス殺害後、福田和子の夫は自首を勧めますが、福田和子はこれを拒みます。夫は死体遺棄の共犯で事件後すぐに逮捕をされました。 被害者宅の家財道具一式は、福田和子が松山市内に借りていたアパートに運び込まれており、この搬入の際に多くの目撃証言があったため、松山東警察署は強殺事件として捜査を開始。
その後、福田和子は15年間にも及び、整形や偽名を使って逃亡。当時の強盗殺人罪の公訴時効である15年の時効直前まで逮捕をされずに逃亡をし続けました。
福田和子はどういった人生を送ってきたのでしょうか?
Ozojmwg0iubtr9ppd5u8
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1130310617137442816
1948年3月10日、愛媛県松山市に生まれた福田和子。
幼くして両親が離婚。その後は、母親に引き取られ愛媛県川之江市(現:四国中央市)に移ります。
母親は生活のために、自宅で売春宿を経営していました。母は漁師と再婚して来島に移住しますが、島特有の閉鎖的な環境が合わず、その後は母子で今治市に引っ越しています。
高校時代には交際していた男性が事故死。自暴自棄になり、高校は3年生の時に退学しています。
Kazukihiro171227dscf8427 edit tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Kazukihiro171227DSCF8427-Edit_TP_V.jpg
18歳の時には、同棲していた男性と共に強盗を犯し、松山刑務所にて服役。しかし、刑務所は暴力団に買収された状況であり、女性受刑者を強姦するという事件が起きています。この時の被害者が福田和子でした。
この時に刑務所で受けた被害によって、福田和子は「絶対に刑務所には戻りたくない」と頑なに逃亡を繰り返します。
福田和子と言えば、15年にも及ぶ逃亡劇。
福田和子は、犯行4日後に松山駅から急行列車と宇高連絡船で本州に逃亡。これが長い長い逃亡劇の始まりでした。
Ysnth7509vtmtzc7n3ie
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1130310703716360193
福田和子は、石川県金沢市内に潜伏。スナックにて採用された福田和子は、採用二日後に整形手術を受けています。
そして、金沢市内の老舗和菓子屋の店主と知り合い、交際。内縁関係となります。3代続く老舗和菓子屋を切り盛りし、店の売り上げも相当伸び、店舗も改装するほど。福田和子の接客は非常に人気があり、近所でも評判の奥さんだったようです。
1 / 4