Guvdkaevzt9yqns8pbna

女優

CATEGORY | 女優

赤木春恵の死因は?葬儀・告別式情報から泉ピン子との不仲説まで!

2019.02.11

「渡る世間は鬼ばかり」など多くの作品に出演した女優・赤木春恵が死去!死因は何だったのでしょうか?また、渡鬼で嫁姑を演じた泉ピン子は不仲だった?今回は赤木春恵の死因、泉ピン子との不仲説の真相、葬儀・告別式などについて調べてみました。

目次

  1. 【赤木春恵の死因は?】プロフィール
  2. 【赤木春恵の死因は?】経歴
  3. 【赤木春恵の死因は?】出演作
  4. 【赤木春恵の死因は?】泉ピン子と不仲だった?
  5. 【赤木春恵の死因は?】泉ピン子のプロフィール
  6. 【赤木春恵の死因】乳がん
  7. 【赤木春恵の死因は?】転倒で大腿骨骨折
  8. 【赤木春恵の死因は?】死去
  9. 【赤木春恵の死因は?】心不全
  10. 【赤木春恵の死因は?】葬儀・告別式
  11. 【赤木春恵の死因は?】まとめ

赤木春恵と泉ピン子は「渡る世間は鬼ばかり」で嫁姑を演じていました。
嫁姑ということもあり、ドラマ内での関係はよくありませんでした。
こうしたことがきっかけで「不仲説」が上がったようです。

しかし、2人は実際には不仲ではなかったようです。
私生活でも交流があったという赤木春恵と泉ピン子。
赤木春恵が舞台に出演する際、自宅より近い泉ピン子の自宅から通っていたそうです。
舞台出演の2か月間、赤木春恵は泉ピン子の自宅で寝泊まりをしていたのだとか。

【本名】武本 小夜(たけもと さよ)
【生年月日】1947年9月11日
【出身地】東京都
【身長】154cm
【血液型】B月

泉ピン子の主な出演作

【テレビドラマ】
「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」「おんなは度胸」「女子刑務所東三号棟」
「マッサン」「ドクターX~外科医・大門未知子~」

Eff3naf8qimx3nb0tz0j

赤木春恵は2007年に乳がんが見つかりました。
同年、左乳房を全摘出。
完治後に「渡る世間は鬼ばかり」に復帰しました。

2013年ごろからは車椅子生活だった赤木春恵。
しかし、ナレーションや朗読劇などの仕事は問題なくこなしていました。
また、本人も女優復帰を目指していたようです。

しかし、2015年9月に自宅で転倒し左足大腿部を骨折。
すぐに入院し、翌月よりリハビリに専念するようになりました。
12月には一時帰宅できるまでに状態が回復したそうです。

赤木春恵は2018年11月29日に94歳で死去しました。
都内の病院で死去したそうです。

晩年は転倒による骨折のほか、パーキンソン病も患っていました。
要介護度4で、夫の死後は娘一家と同居していたそうです。

パーキンソン病や転倒によって車椅子生活だった赤木春恵。
死因は心不全でした。

通夜は12月3日に行われ、えなりかずき、大和田獏、沢田雅美、藤田朋子、武田鉄矢、名取裕子、杉田かおるなどが訪れました。

また、翌日の葬儀・告別式は杉並区の築地本願寺で行われました。
葬儀・告別式には中村玉緒、佐久間良子、長山藍子、角野卓造、太川陽介、川崎麻世、小林綾子、石黒賢など、約500人の芸能関係者が参列しました。

「不仲説」があがっていた泉ピン子は、葬儀告別式に出席しませんでした。
この出来事によって、2人の不仲説が再び上がることに。

しかし、実際には訃報を聞いた時、泉ピン子は海外にいたそうです。
そのため、すぐに帰国することができなかったようです。

2 / 3