Hkq5h1sf7wwbyxcc4m3e

俳優

CATEGORY | 俳優

西郷輝彦の今現在!ねがい?時代劇に出演?星のフラメンコ?

2019.01.09

『星のフラメンコ』や時代劇の『ねがい』で人気を博した西郷輝彦さん。病気公表後の現在の体調は?顔のむくみは?また、現在の妻は?ジャニーズ出身なの?今回はそんな疑問と、時代劇や『ねがい』と共に西郷輝彦さんの現在の様子や話題のふなっしーについてご紹介します。

目次

  1. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?
  2. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《代表曲『星のフラメンコ』》
  3. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《『水戸黄門』に出演》
  4. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《代表作『江戸を斬る』》
  5. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《一度目の妻は?》
  6. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《二度目の妻は?》
  7. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《病気で顔が激変?》
  8. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?ジャニーズなの?《ふなっしーで話題》
  9. 【西郷輝彦の現在】時代劇の「ねがい」が話題!妻は?病気で顔が?《ジャニーズなの?》
  10. 西郷輝彦さんの今後は?
Ox9hfu0z7xihmunyw9ul
引用: https://www.instagram.com/p/BQ-AUdjjBbz/

今や大物歌手で俳優の西郷輝彦さん。病気を公表され世間に心配されていましたが今現在の体調はどうなのでしょうか?また、芸能活動はされているのでしょうか?まずは、プロフィールをご紹介します。

Kworqosedod8hd7adpya
引用: https://www.instagram.com/p/Bjr3s-RB3Rn/

【西郷輝彦】[本名 今川盛揮(いまがわ せいき)][生年月日 1947年2月5日(71歳)][出身地  鹿児島県鹿児島郡谷山町(現・鹿児島市)][身長 176cm][血液型 A型]

Xqlc7fkd9juzh4vqagbh
引用: https://www.instagram.com/p/BlKGmKZDHE9/

若い頃は、橋幸夫さん、舟木一夫さんと共に「御三家」といわれて人気を博した西郷輝彦さん。芸名は、明治維新の三傑の一人である西郷隆盛からきているそうです。

Av4e4wsrqkpvmkautwcr
引用: https://www.instagram.com/p/Bqb5rw8gi6y/

西郷輝彦さんは数々のヒット曲をお持ちですが、中でも代表曲となったのは1966年にリリースされた『星のフラメンコ』です。『星のフラメンコ』は、西郷輝彦さんが当時、ヨーロッパ旅行をされたとき、スペイン・マドリードで鑑賞したフラメンコに感動したことで作られた名曲で、「猛烈なリズムにシビレてしまった」という西郷輝彦さんが帰国後の熱が覚めやらないときに、作曲家の浜口庫之助さんに土産話をしたことで作成されたそうです。

こうして完成した『星のフラメンコ』は西郷輝彦さんの情熱も入り混じり、シングルレコードが発売されると、わずか2か月で50万枚を突破する大ヒットとなりました。『星のフラメンコ』は、西郷輝彦さんが懇願したシングルであったのですね。その『星のフラメンコ』がこちらです。

Agnaix7qvot0c7mgjvu0
引用: https://www.instagram.com/p/BgEB37OBIEx/

西郷輝彦さんは、歌手としてだけでなく俳優としても活躍されてきました。俳優としてデューしたのは1961年のテレビドラマ『若い季節』。その後、着々とドラマや映画への出演を重ね、1975年には人気時代劇『水戸黄門』へ多く出演するようになりました。『水戸黄門』では、レギュラー出演ではないものの、第6部の第1話の弟子丸左源太役を皮切りに、最終的には、第40部16話の黒鉄清兵衛役まで、10役もの役を演じきりました。

Jbarohd2yduhpc7gbajl
引用: https://www.instagram.com/p/BVdgq_dFEUf/

当時、人気歌手として人気を博していた西郷輝彦さんでしたが、この『水戸黄門』の出演をきっかけに演技の実力を磨き上げ、俳優としての地位も確率されたようです。また、目鼻立ちのはっきりした美男子であっただけに、時代劇のかつらや着物も似合っていたことで、西郷輝彦さんの時代劇需要が高まっていったと思われます。

1 / 4