Fptpah6cgu0fijywtuhi

マンガ

CATEGORY | カテゴリー

平野耕太の今現在!猫と書籍が話題?ブログはある?Twitterはやってる?

2019.01.09

『HELLSING』などで人気の漫画家・平野 耕太さん。現在、書籍や猫で話題になり、さらに、ブログやTwitterの発言や名言、「けものフレンズ」との関係や画像にも注目されています。今回は平野 耕太さんの現在発売中の書籍や猫との関係などについてご紹介します。

目次

  1. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?
  2. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《バッシングの名人?》
  3. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《主な作品は?》
  4. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《長期連載を記録》
  5. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《猫との関係って?》
  6. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《ブログやTwitterは?》
  7. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《「けものフレンズ」からフォロー?》
  8. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《小学生の劇へのコメントが話題?》
  9. 【漫画家・平野 耕太の現在】猫や書籍が話題?ブログやTwitter・画像は?名言も?《画像は?》
  10. 漫画家・平野 耕太の作品が楽しみ!
Ilpcrjzzhcdraqppbwkd
引用: https://www.instagram.com/p/BjxNhd1hBxb/

平野 耕太さんは、主にアクションやギャグ作品を手がける漫画家です。まずは、簡単なプロフィールをご紹介します。

Syngjxfipovlfssfqbpy
引用: https://www.instagram.com/p/BjQBqtDhTaH/

【平野 耕太(ひらのこうた)】[生年月日 1973年7月14日(45歳)][出身地 東京都足立区]愛称が「ヒラコー」で知られる平野 耕太さんは、単行本のあとがきや、Twitter、ブログなどのSNSでは過激でひょうきんな発言が何かと話題になっています。

Khg9v8tooo9avb9ebaoe
引用: https://www.instagram.com/p/Bd5K0sjjMcs/

平野 耕太さんは、自身が嫌いな物や人に対してのバッシングが激しいことで有名で、容赦のない内容に注目が集まっています。まず一つめのエピソードは、平野 耕太さんの作品『HELLSING』がTVアニメ化されたときのこと。「野沢那智がもったいない。」「第一話見て期待してた俺が馬鹿だった。さっさとゲームWAVE見たら寝よう」などと発言し、後にこの意向を反映させたOVA版が作られることにまりました。

Ymuxfyovyvxtx94ziflo
引用: https://www.instagram.com/p/BZBc7-5gil7/

もう一つのエピソードは、同業者ではありますがあまり接点のない江川達也さんに対して苦言が多く、自身の職業を「江川達也をテレビで見るたびに舌打ちをする係」などと発言していて話題になっています。

Txetcueza2yxrg32esz7
引用: https://www.instagram.com/p/BqzROdMA_rD/

平野 耕太さんが手がけた作品には、『HELLSING』や『ドリフターズ』、『アサシネ』、『大同人物語』、『進め!!聖学電脳研究部』などがあります。

Cexb8o7vmfxda3twwpds
引用: https://www.instagram.com/p/BrKdtY1hb0l/
Bruepgtc4ljnzpjhc0fg
引用: https://www.instagram.com/p/Boc5AOEBvHF/

平野 耕太さんは、デビューしてからしばらくは成人向けの漫画を書いていたそうですが、当時から、ギャグの強い要素やストーリー展開に独特の雰囲気が存在していたようです。その後、一般誌に転向した際には『コミックガム』で、オタク達の野望と狂気を描いた『大同人物語』でカルト的な人気を博したものの、連載は休止に。その際にも、平野 耕太さんの毒舌が全開で、「ガム? 知らねえよ。電話ひとつねえ。理不尽には無視で返すべきなのだ。故に知らねー」という発言を残されています。

その後、1997年には『ファミ通PS』で『進め!!聖学電脳研究部』を連載した平野 耕太さんは、雑誌の方向性を逸脱したゲーム紹介やストーリーから外れた展開で話題になりましたが、出版関連の騒動によって、角川書店版発売まで単行本が余り出回らなかったそうです。

1 / 3