E4ym9uuvrgkzdblhuxmy

俳優

CATEGORY | 俳優

渡辺篤史の今現在!妻や息子がいる?自宅や口癖が話題?ナレーション?

2018.11.08

俳優・ナレーションとして活躍中の渡辺篤史さんの今現在についてまとめてみました。妻や息子はいる?妻はどんな人なのでしょう。今出演中の建もの探訪とその口癖が人気に!一方で、渡辺篤史さんの現在の自宅の建築は失敗?ツイッターはしている?

目次

  1. 【渡辺篤史の今現在・妻】渡辺篤史
  2. 【渡辺篤史の今現在・妻】プロフィール
  3. 【渡辺篤史の今現在・妻】経歴
  4. 【渡辺篤史の今現在・妻】ナレーションとしての活動
  5. 【渡辺篤史の今現在・妻】渡辺篤史の建もの探訪
  6. 【渡辺篤史の今現在・妻】建もの探訪の魅力
  7. 【渡辺篤史の今現在・妻】建もの探訪における口癖
  8. 【渡辺篤史の今現在・妻】自宅は失敗?
  9. 【渡辺篤史の今現在・妻】妻はいる?
  10. 【渡辺篤史の今現在・妻】息子がいる?
  11. 【渡辺篤史の今現在・妻】ツイッター
  12. 【渡辺篤史の今現在・妻】まとめ
Ob8vc4yukqlg49jrir6h
引用: https://www.instagram.com/p/BdromTdjvrS/

俳優、ナレーターとして活躍している渡辺篤史さん。そんな渡辺篤史さんのプライベートや、ナレーションの仕事、人気番組についてまとめてみました。

X7r23lmokuqezpjt09be
引用: https://www.instagram.com/p/BaDz845jDUt/

名前:渡辺篤史

生年月日:1947年11月28日

出身地:茨城県下妻市

血液型:AB型

Tr78r7ouaguchnlgmznw
引用: https://www.instagram.com/p/BfiP9SBn-vO/

1958年に劇団若草に入団し、1960年にドラマ「あんちゃん」に出演し、俳優としてデビューしました。

1961年にはドラマ「三太物語」にて主演をつとめ、子役としての
人気も集めました。

その後、多くのドラマをはじめ、情報番組や旅番組へ出演しています。

Gxfyavzlpztikdhrytuu
引用: https://www.instagram.com/p/Bj8hASMAglu/
Kimky2pdkve9bs4uxpbc
引用: https://www.instagram.com/p/Bgi27LXAP6W/

俳優として活動している方が、名前と顔が一致しやすいので、渡辺篤史さんがなんのナレーションをしているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

渡辺篤史さんはものまねをされたり、言葉遣いが視聴者から人気を集めています。そのことからも、いかの声に魅力があるのかがわかりますよね。ナレーションとして多くの活動もしているので、声やイントネーションが素敵なのはもちろんですが、それにしても、魅力的だと思います。

Fjghr8nps0kr6vaxmtpi
引用: https://www.instagram.com/p/BkknSFUH9V_/

渡辺篤史さんの出演している番組で、特に人気を集めているのが「渡辺篤史の建もの探訪」でしょう。渡辺篤史さんが魅力的な一戸建て住宅を訪れるという内容です。

「生き物地球紀行」や、「奇跡の生還!九死に一生スペシャル」にナレーションとして出演しています。

この番組は1989年から続いている長寿番組で、俳優としての活動をしなくなった後も、渡辺篤史さんが続けていた番組です。視聴者の人気のみならず、本人の思い入れもあったのでしょうね。

Eizq1toh5ch6uebx9uxy
引用: https://www.instagram.com/p/Bg42pggDpvM/
Duzjh83c9ieevh6ivhkj
引用: https://www.instagram.com/p/BpvvFWhHqiP/

長寿番組になるほど、多くの視聴者から支持を受けているのには、もちろん理由があります。

建ものへの思い

A1zotmldfephf1b7nidb
引用: https://www.instagram.com/p/BiFqEAZHV-I/

魅力の一つは、渡辺篤史さんの建ものに対する想いが強いことでしょう。物件を巡る番組はいくつかありますが、細かい部分にふれたり、設計意図に触れるのは、この番組ならではでしょう。

専門知識もあり、詳しいからこそ、褒めた時の言葉に説得力があり、視聴者もみていて心地よいのだと思います。詳しい人に褒められたほうが、家主も嬉しいですよね。

マイペース

Daawesypnommx3nqgsbj
引用: https://www.instagram.com/p/Boqm2nuFfxJ/

建築面を深く掘り下げるということは、それだけ番組の専門性が高くなるということですよね。専門性の高さは魅力でもありますが、視聴者にとってとっつきにくくなる恐れもあるのです。

1 / 3