Aocapqo2dr5iii0umleh

雑貨

CATEGORY | 雑貨

ダイソーのイラストマーカーとコッピクの違いは?売り切れ続出する人気商品!

2018.10.18

ダイソーのイラストマーカーがコピックと違いがないほど素晴らしいと話題です!あまりの優秀さに売り切れが続出!ダイソー各店舗で「売ってない」との声が挙がっています。そんな人気商品のイラストマーカー。塗り方は?コピックとの違いなどを検証していきます!

  1. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】ダイソーのイラストマーカーが凄い!
  2. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】売り切れ続出中!
  3. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】コピックとは?
  4. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】コピックとの違いは?
  5. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】カラーが豊富!
  6. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】使い心地は?
  7. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】塗り方を動画で紹介
  8. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】ダイソーイラストマーカーで描いたイラスト画像
  9. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】収納もダイソーアイテムでばっちり!
  10. 【ダイソーの人気商品イラストマーカー!売り切れ続出で店舗で売ってない!コピックとの違いや塗り方は?】まとめ
コスパ抜群の優秀アイテムが続出中のダイソー。
そんなダイソーでは大絶賛を受けている文房具があるんです!
それがダイソーで発売中のイラストマーカー!
登場当初からそのクオリティが素晴らしいと人気を呼んでいます。その気になるクオリティは、イラストマーカーとして大人気の「コピック」に激似しているとのこと。
そんなダイソーの大人気商品・イラストマーカーについてご紹介します!
話題のダイソー・イラストマーカーは、発売当初から大絶賛を受け、瞬く間に人気商品となりました。
そのあまりの人気ぶりに、売り切れが続出。SNSでは、「近くのダイソーに売っていない!」という投稿が頻繁に見られます。
入荷をしてもすぐに売り切れてしまうようで、長らくこのイラストマーカーの入荷を待ったという方も。
ダイソーで発見した場合は、幸運です。在庫があるうちにぜひとも入手しておきたいアイテムです。
ダイソーのイラストマーカーは、イラスト専用マーカー「コピック」と激似をしていると大きな話題を呼んでいます。
そもそも「コピック」とはどういったものなのでしょうか?

コピックとは?

1987年に発売が開始された「コピッククラシック」をはじめとするマーカーペンのシリーズ。アルコール性インクマーカーの代名詞的存在であり、アナログカラーイラストの大部分はこれを用いて塗られている。 無色インク(カラーレスブレンダー)を用いて、色の境目をなじませる水彩や油彩のような塗り方も可能。また、アルコールインクなので耐水性で乾燥も早く、匂いもあまり気にならない。 水張りの作業もいらない。 ただし1本380円前後と、色数をそろえようとするとけっこう値段が張る。(ヘタすれば諭吉さんコースというケースも珍しくない。) おまけにアルコールインクゆえ、ちょっとキャップを閉め忘れるとあっという間に使えなくなってしまうと言う諸刃の剣でもある。

コピックは、カラーバリエーションも豊富。イラストを描く人にとっては、王道のイラストマーカーなんです。
ダイソーのイラストマーカーはコピックと激似、と言われていますが、違いはあるのでしょうか?

低価格!

まず大きな違いはその値段でしょう。
コピックは、1本380円前後します。ですが、ダイソーのイラストマーカーは、2本で108円!つまり1本あたり、54円と言う低価格!
ですので、すべての色を集めようと思うと、コピックであればかなりの値段になってしまいますが、ダイソーであればリーズナブルにまとめ買いもできます。

使いきり商品

本家のコピックは、実はインクの補充ができるんです。ですが、ダイソーのイラストマーカーは使いきり商品で、インクの補充はできません。
しかし、商品自体が1本54円という低価格ですので、インクの補充が出来なくても大きなダメージはありません。むしろ、この価格で真新しいマーカーが買えるのですから、インク補充よりも良いのではないでしょうか?

ペン先が異なる

実際に、コピックとダイソーのイラストマーカーを使用した方々の声を聞くと、発色の良さ、にじみ具合、ボケ、塗りムラのなさなど、2つの間に大きな差がないそうです。これは素晴らしいクオリティと言えます。
ただ1つ異なるのは、ペン先の違い。コピックの場合は、柔らかな筆のようなペン先を持ちます。ですが、ダイソーのイラストマーカーは、サインペンのような硬さがあるようです。
ダイソーのイラストマーカーは、カラーバリエーションも豊富!
1商品に2種類のカラーが入り、108円。10種類あり、全部で20色が展開中。すべて揃えても、1,080円!コストパフォーマンスが抜群です!
・ペールオレンジ・レッド
・オレンジ・イエロー
・ライトグリーン・グリーン
・ウォーターブルー・ウルトラマリン
・ライトパープル・ピンク
・イエローオーカー・ダークブラウン
・ライトクールグレー・ライトウォームグレー
・ミディアムクールグレー・ミディアムウォームグレー
・ダーククールグレー・ダークウォームグレー
・ブラック・クリアブレンダー
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/4a66a91a96777127b325d9fdeb521b0e/5C402B43/t51.2885-15/e35/28155490_1629621013783514_1499573426078089216_n.jpg
ダイソーのイラストマーカーは、発色が良く、アルコールタイプなので乾きも速いようです。
形状は、黒くて四角いボディ。FLUENTLYというロゴが付いています。
ペン先は、7.0mmのブロードタイプと1.0mmのファインタイプの2タイプ。2種類の太さが上下に付いているので、太さを調整するのに役立ちそうです。
描き心地は、スルスルとサインペンのように描け、大変描きやすいようです。パッケージにも「ぼかしやグラデーションがラクに描ける」とあります。そのため、にじみやボケの調整もしやすく、このにじみを利用して描くことにも適しています。
では、ダイソーのイラストマーカーを使った塗り方動画をご紹介します。
では、実際にダイソーのイラストマーカーで描いたイラスト画像をご紹介!
1本54円の商品とは思えないほど、その色味の素晴らしさがわかります!
ダイソーのイラストマーカーは、全色集めると20本。売り切れ続出の人気アイテムですので、余分に購入しておくと良いでしょう。
そこで気になるのがイラストマーカーの収納方法。収納グッズが満載のダイソー商品ですので、ダイソーにある収納グッズを使って綺麗に保管したいものです。
大きなポーチをペンケースとして使うのも良いのですが、使う色を取り出すのに苦戦しそうです。また、ペンスタンドを使っても良いのですが、太いし本数もあるので、もっと良い方法があればと思います。

3段ケースに収納

そこで、おすすめなのが、ダイソーにあるアクリルケース。
特に、こちらの3段引き出しになったクリアケースはうまく活用できそうです。
こちらは200円の商品ですが、透明ですので外からに見てもどの色がどこにあるか一目瞭然です。引き出し式ですので、横置きにマーカーを入れて収納ができます。

仕切り付きボックス

自由自在に積み重ねができる、仕切り付きのケースも活用できます。
こちらの仕切りごとに、マーカーを縦に入れていけば、すっきりと収納できます。色も見やすいですし、ペン立てのように使えるのも良いですね⁉
ダイソーの人気商品、イラストマーカーについてご紹介しました。
イラストマーカーの人気商品・コピックと激似をしており、そのクオリティにも大差がないという優秀アイテム。しかも1本54円と言うリーズナブルな価格に、日本中のダイソーで品切れが続出しています。
運良く店舗で見つけた場合は、ぜひとも入手をお勧めします。コスパ抜群のイラストマーカーで、素晴らしいイラストタイムを楽しんでくださいね!