Dnbty7utb31ig4cyeo6q

俳優

CATEGORY | カテゴリー

緒方直人の現在総まとめ!嫁・仙道敦子との結婚・兄・大河ドラマの情報は?

2018.02.20

「優駿ORACION」「世界の中心で、愛を叫ぶ」で一躍有名になった緒方直人さんをご存知でしょうか。ここでは緒方直人さんの嫁・仙道敦子の結婚、兄・緒方幹太の現在を紹介するとともに、緒方直人さんの現在について紹介していきます。

目次

  1. 【緒方直人のプロフィール】
  2. 【仙道敦子との結婚】
  3. 【兄・緒方幹太の現在】
  4. 【緒方直人の現在の活動】
  5. 【緒方直人の現在:まとめ】
  6. この記事を見た人は以下もチェックしています

本名:緒方直人(おがた なおと)

出生年:1967年9月22日

出身地:神奈川県

職業:俳優

1987年に演劇学校「青年座研究所」に入所。翌年に映画「優駿ORACION」で映画デビューを果たしています。1989年には劇団「青年座」に入団して同年に「北の国から」「同・級・生」「さよなら李香蘭」などに出演しています。

1992年に放送された大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」では織田信長役を務めて大きな話題を呼びました。過去に放送された大河ドラマ「翔ぶが如く」にも出演していました。大河ドラマに2度も起用されていることからも、彼の俳優としのポテンシャルを感じます。

2004年には「世界の中心で、愛を叫ぶ」で主演を務め、大きく注目されています。

1993年に仙道敦子さんと結婚。彼女を嫁に迎えました。

2人の出会いは1991年に放送されたドラマ「西郷札」で共演したことから始まりました。このドラマで共演したことから2人の交際が始まったようです。この2年後に仙道敦子さんが嫁となります。

仙道敦子とは?

子役として小さいころから芸能活動を行っており、名子役としても世間の注目を集めていました。

1984年に公開された「白蛇抄」に出演し、当時15歳という若さで日本アカデミー賞新人俳優賞を得ています。同年には「青いSunset」で歌手としてもデビュー。1990年代には「クリスマス・イブ」「卒業」「あの日の僕をさがして」などのヒット作に出演していました。

1993年に緒方直人さんと結婚して嫁となった後は、家庭を優先にするために徐々に女優業を縮小していき、現在はほとんどメディアの露出はなくなりました。一時、干されたのではないかとも噂れましたが、家庭を優先にしました。

緒方直人は現在、家庭を優先的に

緒方直人さんは最近になってメディアの露出が減ったために干されたのではないかと噂されていますが、干されたという訳ではありません。

仕事の量は減ったものの芸能活動は継続しています。干されたのではなく、恐らく結婚して家庭を持ったために、仕事をセーブするようになったのではないかと考えられます。

1/3