Vhetkujnfudr5lqdwote

アスリート

CATEGORY | カテゴリー

三田英津子がかわいい!結婚・引退してる?ブログは?夫は誰?子供はいる?

2018.10.13

かわいいと言われていた元プロレスラーの三田英津子さん。結婚し旦那さんがいるようですし、引退後は介護士をしているという情報が!今回は三田英津子さんの結婚や引退、夫や子供情報、ブログなどと現在の活動について調べてみました。またかわいい画像とともに紹介!

目次

  1. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子のプロフィール
  2. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の経歴は?
  3. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の得意技は?
  4. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子は結婚して旦那がいる?
  5. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の結婚祝福ブログ!
  6. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の夫や子供は?
  7. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子のブログは?
  8. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の引退について!
  9. 【三田英津子がかわいい!結婚や引退は?】三田英津子の現在は介護士?
  10. まとめ
A0937084d4bcf015a535a80bf757ddcb
引用: https://i1.wp.com/blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/a4/a0937084d4bcf015a535a80bf757ddcb.jpg

三田英津子(みたえつこ)さんは、1969年5月28日生まれの現在49歳。東京都世田谷区出身、身長173㎝、NEO女子プロレスに所属していた元女子プロレスラーです。

001 101
引用: https://i1.wp.com/kaimonotrend.site/wp-content/uploads/2017/08/001-101.jpg?fit=797%2C1200

実は三田英津子さん、実家は資産家で、子供の頃は裕福な家庭に育ちました。根っからのお嬢様なんですね。そのため全日本女子プロレス入門後は、洗濯すら出来なかったため、練習生時代は相当苦労したらしいです。女子プロレスラー時代は数々の活躍を見せていて、可愛らしい雰囲気が人気でした!そして2009年11月1日に現役引退しています。

Hqdefault
引用: https://i.ytimg.com/vi/cfcTp16o5ck/hqdefault.jpg

三田英津子さんは、1987年7月31日にプロデビューしました。その後はプロレスではあまりぱっとしない戦歴でした。また1991年には、パートナーを同期の豊田真奈美に代え、“ミントシャワーズ”というユニットを結成。「TIME TO GO」でポニーキャニオンよりCDデビューもしています。

Img 0
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-92-7e/ll_463_no_wplay/folder/424062/02/3973502/img_0

プロレスラーとしてはあまり有名になれないのかと思った矢先の1992年、当時女子プロレスラーでは有名で活躍されていた北斗晶さんとメキシコへ遠征!メキシコでラス.カチョーラス.オリエンタレスを結成しブレイクしました!帰国後は、膝の怪我に苦しむこともありましたが、フリーに転身してさらに大活躍!全日本女子プロレスだけではなく、アルシオン、GAEA JAPAN、JWP女子プロレス、IWA・JAPANと様々な団体のリングにあがり活躍しました。

C x y uvwaaj3ah
引用: https://pbs.twimg.com/media/C_x_Y-UVwAAj3AH.jpg

三田英津子さんの得意技を紹介します!まず三田英津子さんの代表的な得意技と言えば「元祖デスバレーボム」!この技は、相手を肩に担ぎその体勢のまま首と足をロックしつつ横に落とす投げ技です。現在では男子にも使い手の多い技だが、開発したのは三田英津子さんなんですよ。この技は引退後、後輩である勇気彩さんに引き継がれたことでも有名です。

Dscf3070
引用: http://blog-imgs-31.fc2.com/r/i/o/riotrush/DSCF3070.jpg

他には、両手を頭上から振り下ろし相手の胸元を叩く技である「部レイジング・チョップ」や、相手を肩車した状態で後方に倒れこむ技である「山嵐式バックドロップ」。この技は相手をトップロープに座らせて、自らもサードロープに上った状態で決める雪崩式もあります。デスバレーボムを開発する前はフィニッシュ技として用いていましたが、現在は繋ぎ技として使用しています。この他にも様々な得意技があります。

1 / 3