Ynbrdama0fc3xrfcjiyx

美容法

CATEGORY | カテゴリー

ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は腹痛や頭痛?死亡も?

2018.10.01

ビタミンに過剰摂取や欠乏症はあるのでしょうか。ビタミンに過剰摂取や欠乏症の治療や副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。ビタミンの過剰摂取や欠乏症の副作用には、下痢や腹痛、頭痛、むくみ、死亡することがあるというのは本当なのでしょうか。

目次

  1. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】ビタミンとは?
  2. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】特徴
  3. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】過剰摂取
  4. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】頭痛
  5. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】欠乏症と治療
  6. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】死亡
  7. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】下痢
  8. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】腹痛
  9. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】むくみ
  10. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】まとめ

ビタミンの種類には、ビタミンB群、ビタミン C、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあります。

そして、大きくわけると、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類にわかれます。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの特徴をみてみましょう。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、ビタミンB群、ビタミン Cです。

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく、血液や細胞内外の体液にあります。

水溶性ビタミンは、蓄えられないので毎日とらないといけません。過剰摂取になることはあまりないといえます。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。

脂溶性ビタミンは、油脂に溶けやすく、肝臓、細胞膜、リポタンパク中にあります。

脂溶性ビタミンは、多少取りだめをすることができ、過剰摂取になる可能性があるという特徴があります。

1/5