Ynbrdama0fc3xrfcjiyx

美容法

CATEGORY | 美容法

ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は腹痛や頭痛?死亡も?

2018.10.01

ビタミンに過剰摂取や欠乏症はあるのでしょうか。ビタミンに過剰摂取や欠乏症の治療や副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。ビタミンの過剰摂取や欠乏症の副作用には、下痢や腹痛、頭痛、むくみ、死亡することがあるというのは本当なのでしょうか。

目次

  1. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】ビタミンとは?
  2. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】特徴
  3. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】過剰摂取
  4. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】頭痛
  5. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】欠乏症と治療
  6. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】死亡
  7. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】下痢
  8. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】腹痛
  9. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】むくみ
  10. 【ビタミンに過剰摂取や欠乏症はある?副作用は下痢や腹痛、頭痛?死亡も?】まとめ

ビタミンの種類には、ビタミンB群、ビタミン C、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあります。

そして、大きくわけると、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの2種類にわかれます。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの特徴をみてみましょう。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、ビタミンB群、ビタミン Cです。

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく、血液や細胞内外の体液にあります。

水溶性ビタミンは、蓄えられないので毎日とらないといけません。過剰摂取になることはあまりないといえます。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。

脂溶性ビタミンは、油脂に溶けやすく、肝臓、細胞膜、リポタンパク中にあります。

脂溶性ビタミンは、多少取りだめをすることができ、過剰摂取になる可能性があるという特徴があります。

水溶性ビタミンは、大量に飲んでも、尿と一緒に排出されます。副作用はあまり心配しなくても良いビタミンです。

脂溶性ビタミンは過剰摂取になりやすい

脂溶性ビタミンは、大量に服用するとからだの中にある脂肪分に溶けて排出されずに、体内に蓄積されることがあります。

脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの中でも、一番過剰摂取になりやすいのはビタミンA です。ビタミンAの過剰摂取は、ビタミン剤に限らずレバーなどのビタミンAの多い食品の摂り過ぎでも起こります。

ビタミンAの過剰摂取による副作用の症状はどのようなものがあるのでしょうか。

副作用の症状としては、頭痛、吐き気、物が二重に見えるなどの副作用や手足が腫れて、むくみます。他の副作用としては、毛が抜けたり、皮膚が赤くなったり、発疹が出たりすることもあります。

ビタミンAの過剰摂取による急性副作用

この副作用の中の頭痛、吐き気といった症状は、一度にたくさんのビタミンAを過剰摂取した時に起こる急性の副作用です。

ビタミンAの過剰摂取による慢性副作用

それ以外の副作用は慢性的な症状で、1カ月間大量にビタミンAを取り続けたときなど見られる副作用です。
副作用が起きたときには、すぐにビタミンAの服用を止めれば、後遺症もなく副作用は治まります。

1 / 4