Fiu6rl1vukhnyemfbegw

ハンドネイル

CATEGORY | カテゴリー

ネイルケアセットの使い方やおすすめブランドは?ニトリ?初心者?

2018.10.02

ネイルケアセットは種類や多くおすすめ商品や口コミ、使い方が気になりますよね。初心者でも使えるネイルケアセットやおすすめブランド、メンズにも最適なギフト、そして話題にニトリのネイルケアセットの使い方や使い心地などをご紹介します。

目次

  1. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド
  2. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【ネイルケアの手順】
  3. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【選び方】
  4. ネイルケアセットの使い方【ブランド別おすすめ電動ネイルケア】
  5. ネイルケアセットの使い方【ブランド別おすすめ手動ネイルケア】
  6. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【おすすめオイル】
  7. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【ニトリのネイルケア】
  8. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【ギフト向けのブランドは?】
  9. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【メンズおすすめネイルケア】
  10. ネイルケアセットの使い方・おすすめブランド【まとめ】
Ef98c209e2fcd008e49cc997e51bd0bd
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/98/c2/ef98c209e2fcd008e49cc997e51bd0bd.jpg

美しい爪を保つためにネイルケアは欠かせませんね。ネイルケアの手順や自分に合ったセットの選び方、そしておすすめブランドなどをご紹介します。

403ee4f1671e25dcc410170846bc5580
引用: https://i.pinimg.com/564x/40/3e/e4/403ee4f1671e25dcc410170846bc5580.jpg

「ネイルケア」は主に4つの手順があります。まずはネイルケアの手順をご紹介します。ネイルケア初心者は基本的な手順を踏まえておきましょう。

ネイルケアの手順①爪の長さ・形を整える

57425a47349474f29a2537588e6f3a1e
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/42/5a/57425a47349474f29a2537588e6f3a1e.jpg

まずは好みの爪の長さや形に整えていきます。この工程で必要なのが爪を整えるためのヤスリ「エメリーボード」です。爪切りで爪の長さを調整しようとすると、爪が割れる原因になるのでおすすめできません。エメリーボードには目の粗さが数種類あり、目の粗さはグリッド(G)で表します。

エメリーボードの粗さは80~220グリッド(G)あり、目が細かすぎると削るのに多少の時間を要します。しかし、目が粗いと爪に負担をかけやすいため爪が薄くて弱い人は目が細かいエメリーボードを選びましょう。初心者は100~180グリッド(G)のエメリーボードがおすすめです。

ネイルケアの手順②甘皮処理

09de8554c5fae39583f2f512be4000f6
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/de/85/09de8554c5fae39583f2f512be4000f6.jpg

次に「甘皮」を処理します。甘皮とは爪の根本にある薄い皮のことで、人によって厚さや大きさはさまざまです。甘皮は細菌や異物を体内部に侵入させない役割を果たしていますが、爪に必要な水分を甘皮が吸収し過ぎたり、ささくれの原因にもなるため、定期的に手入れが必要です。

甘皮処理に必要な道具が、甘皮を押し上げる「プッシャー」や「ウッドスティック」、そして甘皮カットに使う「ニッパー」、そしてコットン・ガーゼです。お風呂上りは甘皮も柔らかくなっているため処理しやすいので、初心者は柔らかい状態の甘皮から処理してみましょう。

ネイルケアの手順③表面を磨く

76ff2aaeb0f172f42e2088b5824fb955
引用: https://i.pinimg.com/564x/76/ff/2a/76ff2aaeb0f172f42e2088b5824fb955.jpg

爪の長さや形、甘皮処理をしたら今度は爪の表面を綺麗に磨いていきます。ここで使用するのが、スポンジ状の柔らかいヤスリ「バッファー」です。バッファーは爪表面の凸凹を平らにしてくれる効果があります。

バッファーにも目の粗さがあり、220~280グリッド(G)がおすすめの粗さです。バッファーのみでも表面を綺麗にしてくれますが、輝く爪を目指したい人はピカピカに磨いてくれる「シャイナー」というヤスリもあわせて使用しましょう。

爪を削りすぎると、爪を痛める原因に繋がるためあまり削りすぎには注意しましょう。爪の薄い人や初心者は爪の状態を確認しながら削りましょう。この工程は1~2週間に1度くらいのペースで行うのが最適です。爪を綺麗に磨きたいからといって毎日磨くと、爪の表面が薄くなってしまう可能性があります。

ネイルケアの手順④保湿

2f5ad8bb2bb2d1d9a99387c22c560005
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/5a/d8/2f5ad8bb2bb2d1d9a99387c22c560005.jpg

爪の表面を磨いて終了ではありません。最後に爪を保湿しなければ、爪が乾燥してしまい爪に縦線が入ったり、割れる原因に繋がります。爪の表面を磨いたことで、乾燥しやすい状態にあるため、保湿する必要があります。

爪の保湿は「ネイルオイル」や「ネイルエッセンス」などを使用して、1本ずつ丁寧にマッサージするように塗り込みましょう。爪の保湿は毎日行いましょう。特に乾燥する季節は爪のケアが欠かせません。寝る前に保湿する習慣を付けておきましょう。

1/5