Tdkc1nhpujvn21fcyn1l

髪型

CATEGORY | 髪型

ヘアカラー ハイライト2018秋!失敗しないオーダー方法は?

2018.09.23

2018年秋のオシャレは、ハイライトを入れたヘアカラーはどうでしょうか。ハイライトが似合う髪形や失敗しないオーダー方法、入れ方が気になりますよね。2018年秋に人気のハイライトを入れたヘアカラーについての情報をいろいとを調べました。

目次

  1. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】ハイライトとは?
  2. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】ハイライトのメリット1:髪に立体感を出せる
  3. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】ハイライトのメリット2:リタッチの手間がかからない
  4. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】ハイライトのメリット3:髪が痛みにくい
  5. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】ハイライトのメリット4:色落ちが気にならない
  6. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】オーダー方法は?
  7. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】失敗しないためには?
  8. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】入れ方は?
  9. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】オシャレに見える?
  10. 【2018年秋冬はヘアカラーにハイライトを入れよう】似合う髪形は?

ヘアカラーにハイライトを入れるメリットはどこにあるのでしょうか。最近はヘアカラーも一般的になりましたよね。ヘアカラーに挑戦した事がない、という人の方が珍しいかもしれません。

Dnigg24ucaazmrk
引用: https://pbs.twimg.com/media/DnIgg24UcAAZmRk.jpg

今では一般的になったヘアカラーですが、ハイライトと聞くとまだ聞きなれない、経験した事がないという人もいるかもしれません。しかし最近はハイライトもブームのようです。ヘアカラーのハイライトについて調べました。

Dnigg2ruwaablzc
引用: https://pbs.twimg.com/media/DnIgg2rUwAAblZC.jpg

ハイライトとは、一部だけ明るくなっている事です。ヘアカラーにおいてのハイライトとは、髪の毛の中で一部分だけ明るくなっている箇所の事を言います。多くの場合ヘアカラーのハイライトは一か所だけではなく、数か所にわたってハイライトがあります。

ハイライトのメリットとして、髪に立体感を出せるという事があります。髪の量が少なくて悩んでいる人もいると思います。

Dnigg2vu4aix8oa
引用: https://pbs.twimg.com/media/DnIgg2vU4AIx8Oa.jpg

髪の量が少ないと貧相に見えてしまいますよね。ハイライトを入れる事でボリュームアップして見えるので、髪の量が少ない事をカバーできます。

Dnigg4juwaa1ojq
引用: https://pbs.twimg.com/media/DnIgg4JUwAA1oJQ.jpg

ただハイライトは髪の量が多い人にもおすすめです。ハイライトで髪の動きを出す事で軽く見せる事ができるので、量が多くて重く見えると悩んでいる人にもおすすめです。

S4bi4k2qwe82qwlwtx0e
引用: https://twitter.com/i/status/1042636729474138112

ヘアカラーで大変なのは、定期的に行うリタッチでしょう。明るい髪色にすればするほど、リタッチの手間は増えてしまいます。

Dngmnkhv4aaldos
引用: https://pbs.twimg.com/media/DngMnKHV4AAldOs.jpg

ハイライトの場合は髪の毛全体を染めるわけではないので、リタッチの手間があまりかからないというメリットがあります。

Dnegmszu0aawplx
引用: https://pbs.twimg.com/media/DneGMszU0AAWPlX.jpg

髪が伸びて多少色合いが違ってきても、それも一つの味として楽しめるのがハイライトのメリットです。

明るい髪色に挑戦したくても、髪の痛みが気になって挑戦できないという人は多いと思います。

Ovqabovijzagqkzven5t
引用: https://twitter.com/i/status/1042285293380890624

ハイライトは染める箇所が少ないため、髪の痛みを最小限に抑える事ができます。

Dnbmq9zuwaaloog
引用: https://pbs.twimg.com/media/DnbMq9zUwAAloOG.jpg

ハイライトを入れないところは痛みがないため、おすすめです。

ヘアカラーにつきものなのが、色落ちですよね。どんなに技術のある美容師に染めてもらっても、色落ちを完全に防ぐ事はできません。

1 / 3