Jommos8akyduyur28cjb

美容法

CATEGORY | 美容法

ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?

2018.09.14

ダメージケアもできて市販でも購入できるヘアカラートリートメントが今注目されています。ヘアカラートリートメントにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?今回はおすすめポイントや市販の人気商品をご紹介いたします!皆さんのおすすめもチェックしてみてください!

目次

  1. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】ヘアカラートリートメントとは?
  2. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】ヘアカラートリートメントのメリット!
  3. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】ヘアカラートリートメントのデメリット!
  4. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】ヘアカラートリートメントの使い方!
  5. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】使用時に覚えておきたいこと!
  6. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】ヘアカラートリートメントの選び方!
  7. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】①アンナドンナ/エブリカラートリートメント
  8. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】②クイスクイス/デビルズトリック
  9. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】③資生堂/プリオールカラーコンディショナー
  10. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】④ジョンマスターオーガニックカラー
  11. 【ヘアカラートリートメント市販のおすすめは?メリット・デメリットは?】まとめ

トリートメントとカラーリングが同時にできる

ヘアカラートリートメントは、その名の通りヘアカラーとトリートメントが同時にできるアイテムです。家で手軽にできるだけでなく、ダメージケアしながらヘアカラーができるので髪のダメージが気になるけどヘアカラーをしたいという人にも注目されています。

髪の表面に色を付ける

ヘアカラートリートメントは、通常のヘアカラーと異なり髪の表面に色を付けるものです。色素を抜いたり、髪の内部に色素を浸透させるものではありません。

ダメージケアできる

ヘアカラートリートメントのメリットはなんといってもダメージケアできるところにあるでしょう。トリートメントの役割を兼ねているので、通常のカラーよりも髪に優しいです。

継続的に使用できる

ヘアカラートリートメントは、日常的に繰り返し使用できます。通常のカラーは、ダメージが心配な点がありますから毎日のように繰り返すことはできません。白髪を日常的にカバーしたい人にとっても、継続的にカラーできるヘアカラートリートメントはおすすめです。

ヘアカラーの色持ちUP

ヘアカラートリートメントのメリットとして、色持ちキープアイテムとして使用できることも挙げられます。美容院でしっかりカラーしても、アッシュや赤みのあるカラーは時間とともに退色しやすいです。美容院でヘアカラーした髪の退色防止としてヘアカラートリートメントを家で使用する使い方もできます。

一度では色の変化がわからないことも

ヘアカラートリートメントのデメリットは、一度でしっかり髪に色付かない可能性があることです。紙の表面に色を付けるものなので、暗い髪の場合は色の変化がわからないこともあります。

継続しないと色落ちしやすい

ヘアカラートリートメントは、使用を中止するとすぐに色落ちしてしまいやすいです。使用をやめるとすぐに色落ちすることは使い方次第でメリットにもなりますが、白髪染めなど髪をしっかり染めてキープしておきたい人にはデメリットにもなるでしょう。

理想の髪色にならないことも

髪の内部まで色素を浸透させるわけではないので、ヘアカラートリートメントで、自分が理想とする髪色にならないこともあります。髪色にこだわりがある方にとっては、実際に使用してみないとどんな色の変化になるのかわからないデメリットがあります。

1 / 5