T979uuzbvpgbmrqfsp0e

ヘアカラー

CATEGORY | カテゴリー

ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?

2018.09.13

ヘアカラーは美容院でするものだと思っていませんか?実は今、自宅でセルフカラーをする人が増えています!そこで今回は市販のおすすめヘアカラー剤、市販でも上手にセルフカラーを仕上げるコツをまとめました。なかなか忙しくて美容院に行けない方にもおすすめの内容です!

目次

  1. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】市販のヘアカラーが今アツい?
  2. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】セルフヘアカラーのメリット!
  3. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】セルフヘアカラーのデメリット!
  4. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】ヘアカラー剤の種類!自分にぴったりなタイプは?
  5. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】人気の市販ヘアカラー①アンナドンナ/エブリヘアカラー
  6. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】人気の市販ヘアカラー②ルシードエル/ミルクジャム
  7. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】人気の市販ヘアカラー③サイオス/オレオクリーム白髪染め
  8. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】人気の市販ヘアカラー④ロレアル/フェリア3Dカラー
  9. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】人気の市販ヘアカラー⑤エチュードハウス/2トーントリートメントヘアカラー
  10. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】セルフカラーを上手に仕上げるコツは?
  11. 【ヘアカラー 市販おすすめは?セルフでもキレイに仕上がる使い方やコツは?】まとめ

市販のヘアカラーの人気が再燃?

多くの女性が美容院でカラーをしているかと思いきや、市販のヘアカラーで髪を染めている人が年々増えているようです。育児や家事に忙しい主婦だけではなく、10代や20代の若い年代の女性も「安い」「手軽」という理由で、セルフカラーリングを楽しむ人が増えています。

モデルもセルフカラー

自宅でセルフカラーをしていることをインスタで公開したのがモデル・ママタレの西山茉希さん。美容室に行きたくても行けないということが大きな理由のようですが、人気のモデルがセルフカラーをしていることも、市販のヘアカラーで髪を染めることに対する抵抗感をなくした要因のようです。

市販のヘアカラーでセルフで染めるメリットはどんなものでしょうか?ヘアカラーをする前にメリット・デメリットを把握しておきましょう!

メリット①コスパがいい

まず、市販のヘアカラーを使用するメリットはコスパがいいという点です。美容室のカラーリングは平均で5000~6000円程。トリートメントなどをプラスすると10000円以上になることも多いです。市販のヘアカラーはひと箱1000以下で購入することができますし、美容室に行くよりも大幅に安くヘアカラーすることができます。

メリット②都合のいい時間にヘアカラーできる

家事や育児、学業や仕事で忙しく美容院に行く時間がない!という人も多いと思います。セルフヘアカラーは、自分の好きな時間でできますし、美容室の予約をとる手間がいらないのも大きなメリットです。

メリット③美容院に行かなくて済む

美容院に行くことが楽しみという人もいれば、面倒くさい、美容師と会話することが苦手と感じている人もたくさんいます。セルフだと、わざわざ外出して美容院に行く必要もありませんし、他人に気を遣わずにヘアカラーすることができます。

デメリット①ムラになりやすい

ただ、セルフヘアカラーはメリットだけではありません。自分でヘアカラーすると、後頭部を直接見ることはできませんし慣れていないと塗り残ししやすく、ムラのある仕上がりになってしまうこともあります。

1 / 5