2018年09月10日 UPDATE

洗濯板の正しい使い方は?おすすめ商品を紹介!メリット・デメリットも!

今、時代をこえて注目されている洗濯板。洗濯板と聞くと使い方がわらないと感じる人も多いようですが、今はおしゃれで機能的な、おすすめの洗濯板もたくさんあります。今回は、便利な洗濯板の使い方やおすすめの洗濯板をみていきましょう。洗濯が楽しいものになるといいですね。

目次

  1. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板が話題!
  2. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板を使うメリットは?
  3. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板のデメリットは?
  4. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板の使い方は?
  5. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板は部分洗いに最適
  6. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板はダイソーにある?
  7. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『無印良品』
  8. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『サンコー びっくりフレッシュ ラクラク洗濯板』
  9. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『サクラ洗濯板』
  10. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『フレディレックウォッシュサロン ウォッシュボード』
  11. 【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板にチャレンジ

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板が話題!

洗濯機を使って洗濯をすることが主流になっている現代ですが、昔に使われていた洗濯板が今、再び注目されています。洗濯板と聞くと面倒だと感じる人もいると思いますが、メリットもたくさんあるようです。

今、洗濯板が注目されている理由は何なのでしょう。時代を超えて注目されるにはきっと、使った人にしかわいらな便利さがあるのでしょうね。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板を使うメリットは?

洗濯板を使うメリットは、何といっても水道代を節約できるところです。今はドラム式の選択機を使う家庭も多く、少量の衣類やタオルなどを洗濯するときにもたくさんの水道水を消費してしまうときがありますね。また、洗濯機での洗濯はたくさんの電気を消費しますが、洗濯板を使った洗濯は電気を一切使用しないので電気代の節約にもなります。

さらに、嬉しいメリットは小さい汚れも見逃さないということです。洗濯機では残ってしまうような小さい濃い汚れなども、洗濯板で手洗いをすれば、目で確認しながら洗濯できるので綺麗に落としきることができるでしょう。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板のデメリットは?

洗濯板を使うデメリットは、やはり時間がかかること。洗濯機での洗濯は、衣類やタオルなどを洗濯機に入れてしまえば洗濯は終了しますが、洗濯板を使用しての洗濯は、終始洗濯物とにらめっこしながら洗濯するので時間がかかってしまいますね。

また、ゴム手袋などをしないと手が荒れてしまうこと。洗濯板での洗濯も水だけでは落ちないので、現代の強力な洗浄力を持っている洗剤を使用して洗うことになります。そのため、素手で洗濯を続けていると手あれや湿疹などの症状がでてしまう人もいるでしょう。さらに、デメリットは脱水が甘くなること。洗濯機で脱水機能を使用するよるも手で搾るのにはどうしても限界がありますね。

でも、これらのデメリットを解消すれば、洗濯板はとても便利で身近なものになります。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板の使い方は?

洗濯板を使った洗濯のやり方はまず、大きめのたらいや洗面台にぬるま湯をためて洗剤を溶かします。つぎに、その中に洗濯板をつけます。このとき、洗濯板の向きに注意します。洗濯板にはギザギザした形をしていて溝がありますが、この溝は摩擦で汚れを落とすためのものでありますが、洗剤をためておくために工夫された重要な溝でもあります。洗濯板の溝のカーブの丸みがある部分をしたにして準備しましょう。

そして、いよいよそこに洗濯物を入れて洗っていきます。まず、洗濯物の全体を洗濯板にこすりつけながら全体の汚れを落としていきます。酷い汚れが見つかった場合は、そこに洗剤や石鹸をすりこんでおきましょう。そして、利き手と反対の手で洗濯板の上部をしっかりと手で固定しながら洗濯物をのせて、利き手で洗濯物の下を持ち上げて洗濯板にこすりつけていきましょう。全体的に大まかな汚れが落ちたと感じたら、たらいや洗面台にためたぬるま湯をながしてきれいなものをためながら洗剤をながします。

汚れが落ちるまで、こすりつける→すすぐをすり返すだけです。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板は部分洗いに最適

洗濯板での洗濯は、もちろん、部分汚れだけ洗濯板を使って落としてから他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れてもOKです。日常から、大量の洗濯物の中で特に汚れの酷いものだけを洗濯板で洗濯するという工夫を行っている人もたくさんいるうよです。

特に、子供さんがいるご家庭では、ピンポイントで汚れを落としたい洗濯物がたくさんありますよね。そんなときは、ただ洗濯物の部分洗いをするのではなく、洗濯板を使う工夫をすることことで少ない力でしっかりと汚れを落とすことができるのでおすすめです。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板はダイソーにある?

工夫しだいで便利な洗濯板ですが、ダイソーなどの100均にも販売されています。100均で販売されている洗濯板でも、頑固な汚れがするする落ちると評判のようです。洗濯のギザギザに擦りつけて洗うと素手で洗うよりもすんなりと汚れが落ちてくれます。実は、洗濯機よりも綺麗になるのではないかという人もいるくらいです。

100均では、大きい洗濯板ではなく、小さい手のひらサイズの洗濯板もあるようです。これは、部分洗いや、ハンカチを1枚洗うのに重宝します。子供のおしぼりなどを洗い忘れたときも、一つ準備しておくと便利ですね。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『無印良品』

洗濯板でおすすめなのは、無印良品の洗濯板です。この商品は、「旅行などに出かけた時に使える洗濯板がほしい」という消費者の声のもと作られた洗濯板で簡単に折り曲げられるため携帯に便利な洗濯板です。素材はポリエチレンのため嵩張らずに便利です。また、壁にひっかけるための穴が工夫してあるのもおすすめポイントとなっています。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『サンコー びっくりフレッシュ ラクラク洗濯板』

サンコーから発売されている洗濯板は、値段も200円とリーズナブルです。素材はエステル繊維を何本も組み合わせたもので、特殊な断面形状によって洗剤の量が少なくても汚れを落としやすくしてくれます。また、この洗濯板は一般的な洗濯板と違って板自体が繊維でできているので、繊維同士でこすり合わせて細かな汚れを落とすことができるため、衣類などに対する負担がかなり軽減されます。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『サクラ洗濯板』

こちらの洗濯板は、1872円と値段が張りますが、職人さんが作った本格的な洗濯板です。長く使用することを考えると、けして高くはない値段ではないでしょうか。高知産のホンザクラを使用した洗濯板は安心の国産で、記事を傷めずに頑固な汚れもしっかり落としてくれると評判です。また、木製の洗濯板なので、「ザ・洗濯板」というものが欲しい人にピッタリです。形状は、土佐龍の職人さんが試行錯誤の末開発したという、まさに、工夫をこらした洗濯板のエリートです。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】おすすめの洗濯板『フレディレックウォッシュサロン ウォッシュボード』

この洗濯板は、ドイツ・ベルリンで製造されていて「世界一お洒落なコインランドリー」といわれるくらい見た目が工夫されていてオシャレだと評判です。洗濯機の側においておくだけで、かわいらしさを演出してくれます。木製のものほど重くなく、安定性があることで人気の洗濯板です。値段は492円と手を伸ばしやすい価格も嬉しいですね。

【洗濯板の使い方や効果は?おすすめは?ダイソー100均)にある?メリットやデメリットも!】洗濯板にチャレンジ

洗濯板は、なくても困りませんが家庭に1つあることで、工夫しだいで洗濯の機能を上げることがわかりました。これまで洗濯板を使ったことがない人も、この機会にぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm3MMBbBOsk/?hl=ja&tagged=%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%9D%BF