Kp9i1j2jsjmgnqxpcl8j

俳優

CATEGORY | 俳優

デンゼル・ワシントン出演映画のおすすめや最新作まとめ!かっこいい!

2018.07.27

正義の役が似合うといわれている俳優・デンゼル・ワシントン。そんなデンゼル・ワシントンの、おすすめの映画や最新の映画にはどんなものがあるのでしょう。今回は、デンゼル・ワシントンが出演するおすすめの映画や最新の映画、妻や息子についてみていきましょう。

目次

  1. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンのプロフィール
  2. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンは高身長
  3. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンのおすすめ映画『タイタンズを忘れない』
  4. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンのおすすめ映画『トレーニングデイ』
  5. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンのおすすめ映画『ザ・ハリケーン』
  6. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンは指が折れている?
  7. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンの妻は?
  8. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンに離婚の危機が?
  9. 【おすすめ映画や最新作は?】かっこいいデンゼル・ワシントンの息子は?
  10. かっこいいデンゼル・ワシントンの数々の名作に注目

【デンゼル・ワシントン】[アメリカの俳優・映画監督・映画プロデューサー][生年月日 1954年12月28日][出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州マウント・バーノン][身長 184㎝]

デンゼル・ワシントンの身長は、184㎝と高身長です。ただでさえ、高身長でスタイルが良く目立つのですが、映画の中ではそのスラッとした身長により、どんな役もサマになっているうよです。また、デンゼル・ワシントンは、正義感の強い役柄が多いようで、高身長も重なり、ファンの方の間では憧れの黒人男性となっているようです。

映画『ダイダンスを忘れない』は、2000年に公開されたアメリカ映画で、保守的な田舎町のフットボール・チームの実話を元に映画化した感動作です。舞台は、公民権法施行の後も人種差別が渦巻く1971年。教育改革によりヴァージニア州に生まれた白人黒人混合の高校フットボールチームの選手達が、「肌の色が違う」というだけでお互いいがみ合うことになりますが、フットボールチームというスポーツを通じて、だんだんと分かりあって、周囲の人と共に奇跡を巻き起こして行くというストーリーです。

デンゼル・ワシントンは、フットボールチームのコーチであるハーマン・ブーンを演じました。この映画の中では、当時にヒットした流行歌が効果的に使用されていることからも臨場感のある作品になっています。

デンゼル・ワシントンは、2001年の映画『トレーニングデイ』に出演しています。映画『トレーニングデイ』では刑事の役を演じたデンゼル・ワシントン。ロサンゼルス市警に勤務するベテラン麻薬捜査官アロンゾという刑事の役を演じています。そして、その刑事に憧れるのが、イーサン・ホークが演じる、正義感に燃える新人警察官ジェイク・ホイトでした。

『トレーニングデイ』でデンゼル・ワシントンが演じた刑事は、過激で無茶な先輩刑事で、刑事をとりまくストーリーの展開も予想を超える展開になり、面白かった!という感想を持った方が多かったようです。何より、デンゼル・ワシントン演じる刑事がかっこいいと話題で、先輩刑事としての貫禄やオーラも素晴らしいものであったようです。

1 / 3