Vu9efu3otdywinw049tj

映画

CATEGORY | 映画

柴田美保子は結婚して子供がいる?画像は?タンポポ?マルサの女?夫は?

2018.07.11

「タンポポ」や「マルサの女」などに出演した女優・柴田美保子さん。結婚した夫は誰なのでしょうか?子供はいるのでしょうか?画像も見たいですね!そんな柴田美保子さんの過去の写真や現在の画像、結婚や子供について迫っていきます。ダーツとの関連も調べていきますよ!

目次

  1. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】プロフィール
  2. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】経歴
  3. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】タンポポ
  4. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】マルサの女2
  5. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】結婚してる?
  6. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】夫は脚本家!
  7. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】子供はいる?
  8. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】ダーツとの関係は?
  9. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】現在は?
  10. 【柴田美保子の現在!結婚や夫・子供は?「タンポポ」「マルサの女」写真や現在の画像!ダーツとの関係は?】まとめ

【名前】             柴田 美保子(しばた みほこ)

【本名】             市川 美保子(いちかわ みほこ)

【別名義】            柴田 未保子、柴田 三保子

【肩書】             女優

【生年月日】           1948年5月31日

【出身地】            大阪府

【身長】             162㎝

【活動期間】           1955年~

【最終学歴】           金蘭短期大学

柴田美保子さんは、大阪府大阪市出身の女優。

小学校1年生の時に、『アカデミー児童劇団』に所属し、大阪にて舞台やラジオに出演していました。

その後はアクタープロに移籍し、女優活動を開始。1965年、大阪府立生野高等学校2年在学中にNHKの連続ドラマ『チコちゃん日記』の主演を務めます。

この頃は、学校の授業が終わるとすぐに撮影現場に直行をし、多忙ながらも学校は無欠席だったそうです。

以降も数々のドラマや映画作品に出演。1972年には『あなたのワイドショー』の司会も務めます。またその後も女優業を続けながら、情報番組の司会もこなし、マルチな才能を発揮します。

また、伊丹十三監督作品の映画にも数多く出演。

現在は、女優業以外にも脚本に関わる仕事もこなしています。

柴田美保子さんは、ワイドショー番組の共演をキッカケに、伊丹十三監督の映画作品に数多く出演しています。

1985年の映画『タンポポ』は、伊丹十三監督作品に初出演した作品。

長距離トラックの運転手、ゴローとガンがとあるさびれたラーメン屋に入ると、店主のタンポポが幼馴染の土建屋ビスケンにしつこく交際を迫られていたところだった。それを助けようしたゴローだが逆にやられてしまう。翌朝、タンポポに介抱されたゴローはラーメン屋の基本を手解きしタンポポに指導を求められる。そして次の日から「行列のできるラーメン屋」を目指し、厳しい修行を始める。

柴田さんは、少しセクシーな歯科助手の役柄を熱演しています。

伊丹十三監督の代表作の1つでもある映画『マルサの女』

大ヒットを記録した同作品の第2弾として制作されたのが1988年の『マルサの女2』

『マルサの女2』は、伊丹十三監督による1987年に公開して大ヒットした『マルサの女』の2作目。1作目の翌年に公開し、前作同様、大ヒットした。脚本も伊丹十三が手掛け、主演には伊丹の妻である女優宮本信子が務めた。丹波哲郎をはじめ、三國連太郎、津川雅彦などの豪華大物俳優陣が出演している。

柴田さんが演じたのは、三國連太郎さんが演じる地上げ屋の家の女中・受口繁子役。

鬼沢の家の女中で教祖・キヌの側近。鬼沢に心を寄せており、米田をハメるのに利用された見返りに鬼沢に同衾するよう求める。「繁子」の源氏名で銀座クリスティーンのホステスとしても働いている。査察が入ると鬼沢を庇って責任を負おうと取調べに対して頑なな態度を示す。

妖艶で美しい姿を利用していく、なかなか個性の強い役柄です。

1 / 3