Pe3jghj3lcdhvren2prq

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

上田早夕里のおすすめ書籍・新刊まとめ【破滅の王・トラットリアなど】

2018.07.07

SF小説を数多く手掛ける上田早夕里さんをご存知でしょうか。おすすめしたい書籍やイタリア料理店を舞台にした新刊まで、おすすめしたい作品が数多くあります。上田早夕里さんのプロフィールとともに、おすすめ書籍や最新刊情報をご紹介します。

目次

  1. SF作家 上田早夕里のおすすめ書籍・新刊情報まとめ
  2. 上田早夕里のおすすめ書籍・新刊情報【プロフィール】
  3. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍①】
  4. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍②】
  5. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍③】
  6. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍④】
  7. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍⑤】
  8. 上田早夕里の新刊情報【おすすめ書籍⑥】
  9. SF作家 上田早夕里のおすすめ書籍【新刊情報】
  10. SF作家 上田早夕里のおすすめ書籍・新刊情報まとめ
Photo 1446776858070 70c3d5ed6758?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1446776858070-70c3d5ed6758?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9b43c5c75516f6ad53f828bd14cbd354&auto=format&fit=crop&w=1352&q=80

ファンタジーやSF小説、さらにはイタリアン・洋菓子店を舞台にした小説を手掛けている上田早夕里さんは、多彩なジャンルを手掛けている小説家です。「華竜の宮」などのオーシャンクロニクルシリーズや破滅の王などの代表作やおすすめ書籍、新刊情報をご紹介します。

L54roenibwv9epsjrqwu
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1530892231/l54roenibwv9epsjrqwu.jpg

上田早夕里(うえださゆり)さんは1964年10月26日生まれの53歳、兵庫県神戸市生まれです。神戸海星女学院大学を卒業議しています。

30代で文学賞の応募

C7b81f755497e62655c987ba9d569453
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/b8/1f/c7b81f755497e62655c987ba9d569453.jpg

39歳になった1995年「第2回パスカル短篇文学新人賞」に応募、「桓崎由梨(かんざきゆり)」名義で応募した作品が最終候補作となります。同賞の審査員だったSF・同人作家の堀晃さんが主宰する同人誌「ソリトン」に参加します。2000年から2005年までWebマガジン「Anima Solaris」に作品を発表しました。

30代後半で作家デビュー

Eea4df8693b76e7bd59d7fa723fe8761
引用: https://i.pinimg.com/564x/ee/a4/df/eea4df8693b76e7bd59d7fa723fe8761.jpg

2002年、名義を「上田早夕里」に改め、「ゼリーフィッシュ・ガーデン」を書き上げます。同小説を「第3回小松左京賞」に応募、最終候補作に選ばれました。翌年にSF小説「火星ダーク・バラード」が「第4回小松左京賞」を受賞、念願の小説家としてデビューします。

SF作家としての地位を確立

Ce189fa9b84e82ec08e8af724257e61f
引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/18/9f/ce189fa9b84e82ec08e8af724257e61f.jpg

上田早夕里さんはSF小説を中心に執筆活動を続けています。2010年に発表した「華竜の宮」は、2010年に行われた「SFが読みたい!2011年版」において国内篇第1位を獲得します。さらに2011年「第10回センス・オブ・ジェンダー賞」大賞、「第32回日本SF大賞」を受賞しています。2016年に行われた「SFが読みたい!2017年版」では再び国内篇第1位を獲得しました。

2003年から2014年上期まで「日本SF作家クラブ」会員として、SF小説の普及に尽力していました。現在は任意団体「宇宙作家クラブ」や、「日本推理作家協会会員」として書籍普及に一役買っています。

火星ダーク・バラード

C7a6c663c2a50e7254a0835881a4ced3
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/a6/c6/c7a6c663c2a50e7254a0835881a4ced3.jpg

2003年発売「火星ダーク・バラード」は、上田早夕里さんが作家デビューした記念すべき作品です。テラフォーミング(人為的に惑星の環境を変化させること)された火星を舞台に、奇妙な事件に巻き込まれた治安管理担当官の活躍を描いたSF小説です。

火星ダーク・バラード (ハルキ文庫)
価格 ¥ 1,058
***** 第四回小松左京賞受賞作、「大幅改稿版」として、待望の文庫化!*****  火星治安管理局の水島は、バディの神月瑠奈とともに、凶悪犯ジョエル・タニを列車で護送中、奇妙な現象に巻き込まれ、意識を失った。その間にジョエルは逃亡、璃奈は射殺されていた。捜査当局にバディ殺害の疑いをかけられた水島は、個人捜査を開始するが、その矢先、アデリーンという名の少女と出会う。未来に生きる人間の愛と苦悩と切なさを描き切った、サスペンスフルな傑作長篇。

華竜の宮

7cb8c744cc29de844643667176de97f9
引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/b8/c7/7cb8c744cc29de844643667176de97f9.jpg
1 / 3