Er8woux8n4uv1rusllzc

雑貨

CATEGORY | 雑貨

乙一のおすすめ小説・書籍一覧まとめ【ZOO・Gothなど】

2018.07.05

小説家・乙一さんをご存知でしょうか。これまでにライトノベルや推理小説など数多くの作品を発表してきました。乙一さんのプロフィールとともに、代表作やおすすめの書籍をご紹介します。おすすめ書籍の中には映画化作品も含まれており、一見の価値がありますよ!

目次

  1. 小説家 乙一のおすすめ小説「ZOO」「Goth」&書籍一覧!
  2. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧【プロフィール】
  3. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧①
  4. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧②
  5. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧③
  6. 小説家 乙一小説・書籍一覧【別名義おすすめ作品①】
  7. 小説家 乙一小説・書籍一覧【別名義おすすめ作品②】
  8. 小説家 乙一小説・書籍一覧【別名義おすすめ作品③】
  9. 小説家 乙一小説・書籍一覧【別名義おすすめ作品③】
  10. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧【ウルトラマンシリーズも執筆!?】
  11. 小説家 乙一のおすすめ小説・書籍一覧【ジョジョ作品も手掛ける!?】
  12. 小説家 乙一のおすすめ小説「ZOO」「Goth」&書籍一覧まとめ
Gi1dkutdg2lpvioc2cau
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1530702982/gi1dkutdg2lpvioc2cau.jpg

ライトノベル作家の印象が強い小説家・乙一さんですが、別名義で執筆した作品は映画化されるなど、多彩な活動をしています。代表作「ZOO」や「Goth」以外にもおすすめの作品、別名義で執筆した作品などをご紹介します。

211c1dc26ae98c04d55ead7cd96c9520
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/1c/1d/211c1dc26ae98c04d55ead7cd96c9520.jpg

乙一(おついち)さんは1978年10月21日、福岡県田主丸町(現:久留米市)に生まれた39歳です。本名は「安達寛高(あだちひろたか)」さんです。2歳年上の姉がおり、小学高学年では60キロを超える肥満児でした。体格のことを周りから揶揄されたことがコンプレックスとなり、ひきこもってゲームに没頭する生活を送ります。

ライトノベル「スレイヤーズ」を読み小説家を目指す

036945436b6fd2d063efc770c638407c
引用: https://i.pinimg.com/564x/03/69/45/036945436b6fd2d063efc770c638407c.jpg

高校生の時に友人から借りたライトノベル「スレイヤーズ」を読み、小説を読む楽しさを知った乙一さんは、ゲームや漫画以外に小説を多く読むようになりました。それからはライトノベルを中心に数多くの小説を読み、いつしか小説家を目指すようになります。

16歳の時「富士見ファンタジア小説大賞」に応募しようとしますが、ファンタジー長編を書ききることができず応募を断念します。18歳の時に書いた「夏と花火と私の死体」が「第6回ジャンプ小説大賞」を受賞、作家としてデビューしました。

妻は映画監督「押井守」の娘!

3f20f0a5d91ca14fc76dd5e0c438f9f7
引用: https://i.pinimg.com/564x/3f/20/f0/3f20f0a5d91ca14fc76dd5e0c438f9f7.jpg

乙一さんは28歳で結婚していますが、妻の押井友絵さんは、映画監督でありゲームクリエーターの押井守さんです。乙一さんは大学卒業後、武蔵中原駅(神奈川県川崎市)付近に住んでいました。ある時、編集者からアニメ映画「イノセンス(2004年公開)」の整音現場の見学に誘われ、現場に向かったところ押井監督の娘である友絵さんと出会いました。

友絵さんは父・押井守監督が手掛けていたアニメ映画「イノセンス」の編集・ライターを担当していました。その後、2人は交際に発展、2006年に結婚しました。乙一さんが32歳になった2010年、第一子が誕生しています。

別名義でも小説を執筆

乙一さんは他にも「山白朝子」や「中田永一」、「枕木憂士」などの別名義で執筆活動をしています。ライトノベルやミステリー小説は「乙一」名義が多いですが、別名義の「中田永一」は映画化された作品を数多く手掛けています。

夏と花火と私の死体

1efb5098ae372f61ac416aa7c21e7fff
引用: https://i.pinimg.com/564x/1e/fb/50/1efb5098ae372f61ac416aa7c21e7fff.jpg

2000年発売の「夏と花火と私の死体」は、乙一さんのデビュー作品です。9歳の少女が友達の弥生ちゃんに殺され、弥生ちゃんと兄は少女の死体を隠そうと画策します。殺された少女目線で描かれるホラー作品です。

1 / 4